177件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

各務原市議会 2020-03-11 令和 2年 3月11日建設水道常任委員会-03月11日-01号

また、いつ来るかではなく必ず来る大規模地震に備えるため、市営住宅耐震補強事業橋梁長寿命化事業では、耐震補強補修工事橋梁点検等計画的に行われるほか、最近の記録的な豪雨による内水氾濫に備えるため、排水路改良事業については雨水貯留機能を備えた桐野公園整備事業農業用ため池を活用したため池活用浸水対策事業など、降水時に集中的に流出することを少しでも防ぐための施策であります。  

大垣市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第2日) 本文 2019-12-09

現在は、人口の増加に伴う都市化の進展とともに、河川改修雨水雨水ポンプ場などの施設整備が進み、ある一定規模までの降雨に対する安全性は確保されてきました。しかしながら、農地や山林、緑地などが減少し、屋根や舗装された道路に覆われたことで雨水が地中に浸透しにくくなり、河川に流れ出る雨水増加、集中しやすい状況となりました。

各務原市議会 2019-09-20 令和 元年 9月20日建設水道常任委員会−09月20日-01号

水路管理費320万8000円は、都市下水路雨水幹線など雨水渠の維持管理に要した経費でございます。  次に、認定資料86ページをお願いいたします。  5目公園費でございます。公園管理費2億1524万4000円は、公園本来の機能、目的が達成できるよう樹木剪定、除草、施設修繕などの維持管理に努め、リバーサイド21などの管理指定管理者制度にて委託しております。

岐阜市議会 2019-06-03 令和元年第3回(6月)定例会(第3日目) 本文

岐阜市の下水道は、昭和9年7月に汚水雨水を分けて処理する分流式下水道を日本で最初に採用、着工し、昭和12年7月から供用を開始しました。今では分流式下水道下水道の主流となっています。合流式下水道が主流の中、分流式下水道で建設された岐阜市の先人の苦労、熱意に感謝するものであります。  岐阜中心部の柳ケ瀬を流れる水路は清流が流れ、小魚が泳ぎ、市外から来られた人が驚かれ感心されることもあります。

各務原市議会 2019-03-19 平成31年 3月19日建設水道常任委員会-03月19日-01号

このうち、369ページ、一番右の事業名欄網かけ1つ目になりますが、汚水渠布設費予算額12億7972万9000円は、汚水渠を布設することによりまして、整備区域の拡大を図る未普及解消事業、老朽化した渠の補修、更正をすることにより耐用年数を延ばしていく長寿命化事業、そして1次避難所設置するマンホールトイレ整備や、地震に強い幹線渠を構成するための地震対策事業を進めてまいります。  

関市議会 2019-02-27 02月27日-02号

    吉 田 康 雄 君    市 長 公 室 長    井 上 敬 一 君 財 務 部 長    下 村   等 君    協働推進部長     渡 辺 数 忠 君 健康福祉部長     浅 野 典 之 君    市民環境部長     大 桑 哲 生 君 産業経済部長     横 山 伸 治 君    基盤整備部長     三 尾 幸 治 君 基盤整備部参事    戸 田 健 吾 君    会 計

各務原市議会 2019-02-25 平成31年第 1回定例会−02月25日-01号

議第11号は、平成30年度下水道事業特別会計補正予算(第4号)を定めようとするもので、繰越明許費補正につきまして、国の補正予算に伴う事業追加、その他事業執行状況見込みにより、那加成清処理分区第1工区外7渠整備事業追加し、蘇原中学校貯留施設外雨水渠整備事業を変更するものであります。  次に、議第12号から議第27号までの16案件は、条例の制定・改廃に関するものであります。  

各務原市議会 2018-12-19 平成30年12月19日建設水道常任委員会−12月19日-01号

款下水道費、1項公共下水道費蘇原中学校貯留施設ほか1雨水渠整備事業2億4763万円のうち蘇原中学校校庭貯留施設整備事業は、下流域での浸水被害のより一層の軽減を図るため計画貯留量を増加したことによりまして、また伊吹第2雨水幹線整備事業は、本工事に支障となるNTT路の移転工事がおくれたことにより、それぞれ年度内の完了が見込めなくなったため、翌年度へ繰り越して実施しようとするものでございます。  

各務原市議会 2018-11-26 平成30年11月26日議会運営委員会-11月26日-01号

また、渠布設給与費を889万7000円減額しております。こちらは、職員の新陳代謝、異動等に伴い、給料、職員手当共済費について補正するものでございます。  箱の下となりますが、(2)繰越明許費につきましては、蘇原中学校貯留施設外雨水渠整備事業を翌年度に繰り越しするものでございます。  以上が補正予算に関するものでございます。  それでは、恐れ入りますが1ページにお戻りください。  

各務原市議会 2018-09-21 平成30年 9月21日建設水道常任委員会−09月21日-01号

排水設備管理費9193万9000円は、公共汚水ますや取りつけの適切な管理設置に要する費用でございまして、下水道を流れる汚水の定期的な水質検査の実施や、宅内排水設備工事に伴う公共汚水ますや取りつけ設置工事を行っております。  2目下水道建設費は、汚水渠、雨水渠の整備に係る経費でございます。

羽島市議会 2018-06-19 06月19日-03号

以前からこの市役所周辺は土地も低く、たくさん雨が降ると増水、冠水する地域でありますが、新庁舎建設の折には、保水、貯水などできるような貯留施設はつくるのか、お尋ねいたします。 続きまして、3標題目学習指導要領の改訂と小中学校のAEDについて質問いたします。 平成29年3月に新しい学習指導要領が公示されて1年少々が経過しました。

大垣市議会 2018-06-11 平成30年第2回定例会(第2日) 本文 2018-06-11

これまで流域対策としては、本市は中川小、北小、北中を、そして岐阜県では大垣北高のグラウンドを校庭貯留として改修しておりますが、抜本的解決には至っておりません。流量分担計画の具体的な施策の中には加納調整池加納放水路整備とありますが、お尋ねします。  今後の水門川の河川改修はどのような計画で進められていくのかお伺いします。

各務原市議会 2018-03-26 平成30年第 1回定例会−03月26日-05号

続いて、議第5号を議題として、提出者説明の後、質疑を許したところ、「下水道長寿命化事業であるが、渠の敷設後、何年をめどに行うのか」との質疑に、「一般的に下水道路施設に起因する道路陥没が30年を超えたころに急増するため、本市は、経過年数が30年以上の路を対象としている」との答弁。  

各務原市議会 2018-03-19 平成30年 3月19日建設水道常任委員会−03月19日-01号

長寿命化事業では、つつじが丘と尾崎西町の各一部で既設更生工事を行う予定でございます。また、新規事業として、「幸せを実感できるまち」の実現に向けて、市民皆様の暮らしを守る事業として、新たに下水道総合地震対策計画策定事業を実施いたします。  続きまして、雨水渠布設費予算額4億4742万6000円は、大雨による浸水被害を防止するため雨水幹線等整備するものでございます。

各務原市議会 2018-03-12 平成30年第 1回定例会-03月12日-02号

一部を改正する条例 日程第28.議第31号 各務原都市公園条例の一部を改正する条例 日程第29.議第32号 各務原手数料条例の一部を改正する条例 日程第30.議第33号 各務原地区計画区域内における建築物等の制限に関する条例の一部を改正する条例 日程第31.議第34号 各務原水道事業設置等に関する条例の一部を改正する条例 日程第32.議第35号 工事委託契約の変更(平成28年度木曽川小網樋改築工事

大垣市議会 2018-03-12 平成30年第1回定例会(第2日) 本文 2018-03-12

二つ目は、工場内の汚染土壌管理について、説明会では、汚染された土壌については、アスファルト舗装で地表を覆っているので、雨水が入らないようになっている、だから地下水にはまじらないというような説明でしたが、果たしてこれで安全が保たれるのか疑問を感じました。一般廃棄物最終処分管理型処分場と比べると、大変不十分さを感じるわけであります。  

各務原市議会 2018-02-21 平成30年 2月21日議会運営委員会−02月21日-01号

まず、雨水渠布設費を4億1390万円増額しております。こちらは、国の補正予算に伴う社会資本整備総合交付金追加配分に対応するため、北山雨水幹線及び稲羽中学校貯留施設整備等を行うものでございます。  また、流域下水道費を6153万9000円増額しております。こちらは、流域下水道流入量が当初の見込みを上回るため、維持管理負担金を増額するものでございます。  

多治見市議会 2017-09-27 09月27日-06号

次に、認第4号 平成28年度多治見下水道事業特別会計歳入歳出決算認定については、路の整備についての質疑があり、姫地区においては下水道区域のほぼ全域路を布設することができ、多治見全域を網羅した形となった。また、既設維持管理については、長寿命対策耐震対策の2本立てで進めているが、市単独では資金が足りないので、国の補助金が頼りになる。