4634件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

中津川市議会 2028-08-29 08月29日-01号

3点目のリニア関連整備事業については、東濃東部都市間連絡道路は、2-1工区の工事に着手したいこと、2-3工区については、9月20日に地元説明会を開催すること、坂本川より西側の4-1工区については、リニア工事期間中の工事用道路として使用していくこと、あわせて道路設計がほぼ完了したので、8月29日に道路計画地元説明会を開催する予定であること、市道坂本58号線及び市道坂本264号線については、それぞれ

中津川市議会 2023-06-14 06月14日-03号

坂本保育園幼稚園老朽化、未耐震などの問題がこれによって解消されます。 しかし、忘れてはならないのは、この移転新築の事の始まりです。 それは、今から10年以上前に坂本小学校教室不足問題となり、子どもたち教育環境の改善を坂本まちづくり協議会文教部会主要課題として取り上げてきました。2008年の一般質問でも、この問題を取り上げさせていただいたことがあります。

中津川市議会 2020-12-23 12月23日-04号

趣旨は、県営中山間地総合整備事業整備された道路のうち、岐阜県から譲与された部分を落合42号線への接続道路として、起点落合40号線に変更し、一貫した道路管理を行います。 路線番号、4042、路線名落合42号線。起点終点等は記載のとおりです。 以上のような説明を受け、質疑に入りましたが、質疑はなく、冒頭申し上げたとおり全会一致原案可決となりました。 次に、議第121号を報告いたします。 

関市議会 2020-12-12 12月12日-21号

現在の稲河交差点は、南北方向通称文化通り東西方向の旧県道坂祝関線が交差する交差点であり、双方向とも市街地や住宅団地を結ぶ市の幹線道路交通量も多い道路でございます。また、近隣には学校施設や店舗などがあり、歩行者の往来も多い状況となっております。  課題といたしましては、旧県道坂祝関線右折レーンがなく、朝夕のピーク時には右折車両が滞留し、渋滞が発生しております。

土岐市議会 2020-12-09 12月09日-02号

土岐市生活学校皆様は、身近な暮らしの中の問題地域問題日常生活とかかわりの深い女性の立場から限りある資源を大切にというテーマで廃食油回収、牛乳パックの回収、それから水質調査環境を学ぶ研修などの活動、その他いろいろな活動をされておられるビデオを見せていただきました。また、当日は食品ロス削減に関する小冊子をいただきまして、食品ロス削減についてのご教授もいただきました。 

中津川市議会 2020-12-09 12月09日-02号

ほかの市ですと道路改修に使ってしまいましたとかということがあったそうでありますので、しっかりこれは教育の分の予算として使っていただきたいと思います。 9番目の質問です。 デジタル教科書を導入していく中で、国はICT支援員を4校に1人配置を目標にしております。ICT支援員配置を考えておりますか、お伺いいたします。 ○議長勝彰君) 教育委員会事務局長小関智幸君。

中津川市議会 2020-11-28 11月28日-01号

まず1ページ、1点目の市有財産施設・土地)運用管理マスタープラン見直しについてですが、このマスタープランは合併により目的が重複する施設を複数所有することになり、その維持管理経費平成23年度において31億円となっていることと、施設の半数以上が昭和41年度から平成年度までに建設されたもので老朽化という問題に直面していることから、施設の統廃合・再編を行い、効率的・効果的な資産運営を目指すとともに、

瑞浪市議会 2020-10-01 令和 2年第3回定例会(第5号10月 1日)

しかし、初めの12月10日には支払われて、その2回目が年末になったり、あるいは、金銭的な問題であったときには3月支給というようなことがありました。  そういうことがあったわけですけども、こういう低賃金で働く非正規の方々を遅らせるというようなことが、何ら理由がないと思っています。  私がこの問題について9月8日の本会議で質問しましたけども、依然として6月の支給のときに事務的に混乱したと。

瑞浪市議会 2020-09-28 令和 2年第3回定例会(第3号 9月28日)

その水が道路を伝って渡って、田んぼに入る。田んぼの中は、その土砂でいっぱいになる。道路に残った土砂土木課の担当で、道路をきれいにしてくれる。  ところが、田んぼにこぼれたものは農林課の管轄で、災害であっても受益者負担ということになる。農地の持ち主がその面倒を見なければいけない。応分の負担をしなきゃいけない。  農業は今やそれほどに受益のある産業であるかと。