182件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

恵那市議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会(第2号 6月20日)

そうした中で、必要とする各種研修への参加助成や、それからビジネスサポートセンターでの起業相談など、そういった3年経過する中で、側面的な支援が重要だというふうに考えておりますし、そういったところも今後も支援していきたいと、そんなふうに考えております。以上です。 ○議長(後藤康司君) 町野道明君。

各務原市議会 2019-03-20 平成31年 3月20日総務常任委員会−03月20日-01号

行政の取り組みとして、夏フェス、OUR FAVORITE THINGSであるとか、マーケット日和、それからほしぞらキャンプとか、あと暮らしに関する事業であればDIY型空き家リノベーション事業、あと民間レベルであれば、かかみがはら暮らし委員会の設立からその後の展開、寄り合いとか部活動での活動、それから若い起業家の頑張っているところとか、そういったところを丁寧にお伝えしながら一緒に各務原市の魅力を探っていくような

大垣市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第1日) 本文 2019-03-04

産業活性化の推進では、昨年7月に開設された大垣ビジネスサポートセンター、Gaki─Bizの運営を引き続き支援し、創業希望者やベンチャー企業向けのセミナーなどを通じて、起業者の育成地域への定着を促進してまいります。中心市街地の活性化では、空き店舗への出店を促進するため、遊休物件をリノベーションする際の経費を助成するほか、出店希望者と空き店舗とのマッチングを支援してまいります。

各務原市議会 2018-09-20 平成30年 9月20日経済教育常任委員会−09月20日-01号

次長兼商工振興課長航空宇宙博物館運営推進室長事務取扱](前田直宏君) その後は、個人的に起業された方は1人いらっしゃるのはわかっていますけれども、そこまで把握はできていませんが、ことし、まちづくり推進課のほうでセミナーも始めていますので、そういったところの御案内は我々としては連動して御案内しようかと思っておりますけれども、結論からいうと追跡はできていないです。

関市議会 2018-09-18 平成30年第3回定例会会議録-09月18日−15号

みんなの就職サポートセンターによる就職支援やビジネスサポートセンターによる起業支援のほか、本年度からは新たに刃物関係事業所や農業法人への雇用奨励を実施しておりまして、若者が就労をきっかけとして本市へ移住定住につながるようサポートをしているところでございます。   

可児市議会 2018-08-30 平成30年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-08-30

そんな中、本市では地域経済の元気づくりを重点方針として、1番、観光交流人口の拡大による活気に満ちた楽しい地域づくり、2番、働く場の創出につながる活力ある地域経済づくり、3番、ふるさとへの誇りと愛着を高める元気な地域社会づくりを重点的な3つの取り組みとして、企業誘致、それから起業支援、会社を起こす支援、わくわくWorkプロジェクトの事業化、土地利用の再検討を行ってきました。  

羽島市議会 2018-06-19 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月19日−03号

東京圏への一極集中を是正するため、2019年度から6年間で、地方の就業者や起業家を計30万人ふやす数値目標が明記されるとともに、東京圏外への移住者の経済負担を軽減する支度金を創設するとの方針が示されました。  地方の就業者を30万人ふやす目標のうち、6万人は東京圏から地方へ転居するUターンやIターンなどの移住者で創出をされる。残る24万人は、地方の女性や高齢者などの新規就業で生み出すとされました。

各務原市議会 2018-03-26 平成30年第 1回定例会−03月26日-05号

ものづくり産業都市として本市が抱える喫緊の課題である雇用対策には、国や県、商工会議所と連携を密にした各種セミナーを展開し、新規の起業や就職につなげる事業予算を計上しています。市内企業の商談、PRの場を創出する各種出展事業では、市内企業に活力を与え、次世代人材育成事業では、次世代ロボット産業を担う人材育成するという一歩先を見据えた事業予算として評価します。

各務原市議会 2018-03-16 平成30年 3月16日経済教育常任委員会−03月16日-01号

また、川島ライフデザインセンターでは、引き続き寺子屋事業、子ども起業育成講座事業を行いまして、未来の起業家を育成する事業を展開していきます。 ◎総務課長(横山直樹君) 主な事業は37ページをごらんください。  8目少年自然の家費1億4025万7000円のうち、少年自然の家管理費5930万7000円は、キュービクル設備更新工事等、設備の維持管理に要する経費でございます。  

羽島市議会 2018-03-12 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月12日−03号

しかし、豪華な返礼品を用意して注目を集める自治体間の競争が熾烈となり、返礼品競争が加熱、一部の地方団体において、ふるさと納税の趣旨に反するような返礼品が送付されているとの指摘があり、総務省から、昨年4月に「ふるさと納税に係る返礼品の送付等について」、10月にはふるさと納税のさらなる活用に向けた「ふるさと納税を活用した地域における起業支援及び地域への移住・定住の推進について」通知が公表されました。  

関市議会 2018-03-02 平成30年第1回定例会会議録-03月02日−03号

託児も設け、クラフトマーケットに出店できるようなフェルト小物、そしてかごづくり、ここで始めた仕事をきっかけに、セキビズのアドバイスにもつなげて、最終的には起業することを目標にしていきたいと、このように考えております。   取組の周知については、担当部長のほうからお答えします。 ○議長(三輪正善君)    桜田企画部長、どうぞ。

各務原市議会 2017-12-15 平成29年第 5回定例会−12月15日-04号

また、御相談いただく仕事の形態では、一般的な就労が約5割、起業を検討されている方が約5割という半々といった状況でありました。  窓口設置における成果といたしましては、事業を通じ5世帯8名の方に移住をしていただきました。来訪された方からは、このような窓口が大型商業施設内に開設されており、利用しやすいなど御好評をいただいております。  3点目になります。

関市議会 2017-12-12 平成29年第4回定例会会議録-12月12日−18号

寄附金の使途につきましては、総務省から新たな支援策として、ふるさと起業家支援プロジェクトとふるさと移住交流促進プロジェクトを推進するよう通知がございました。ふるさと起業家支援プロジェクトは、自治体クラウドファンディング型ふるさと納税のシステムをつくり、応援したい起業家を選択し、資金提供の補助を行うというもので、起業家はその資金を初期費用として活用し、新たな事業を生み出すというものです。

関市議会 2017-09-21 平成29年  9月 文教経済委員会-09月21日−01号

このビジサポのほうに相談がこれからも集まってくる予測はあるんですけれども、この中小企業相談所のこれまでの取組はわかるんですけれども、この2つの相談所があって、事業者、これから起業したいという方が選ぶんですけれども、ビジサポのほうに相談が集まり過ぎないかなという部分が懸念はあるんです。  

大垣市議会 2017-09-19 平成29年文教厚生委員会 本文 2017-09-19

27 ◯委員(岡田まさあき君)  図書館の機能として、今、先ほどのレファレンスなんかで、やはり社会人か一般の市民で、小中高ではない人たちが起業したいとか、あるいは趣味のことをもっと深めたいとかいう点での、やっぱり新しい、新しいというか、より全国的にも、生涯教育という観点から、図書館の機能をリフレッシュあるいはリニューアルしているところが多いと思いますので、ぜひこの期間を利用しながら一生懸命研修

羽島市議会 2017-09-14 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月14日−04号

学生や若者の社会起業の礎としても、この事業は重要な政策であります。  また、コミュニティビジネスを導入している自治体では、本事業を活性化させるため、寄附金活用事業や1%支援制度補助金として活用しております。  本市において、このコミュニティビジネスについてどのようなお考えをお持ちなのか所見をお伺いいたします。