175件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

各務原市議会 2019-09-20 令和 元年 9月20日建設水道常任委員会−09月20日-01号

次長道路課長中村俊夫君) 特別な理由ってそれぞれあるんですけれども、やはり全体的に総合的に判断するということで緊急性があったりとか、あと重要性、危険度、そういったところを見て判断しておりますので、要望で直してほしい云々という要望をいただくんですけれども、その中で総合的に判断しているということです。以上です。 ◆副委員長(指宿真弓君) 認定資料の82ページです。  

瑞浪市議会 2019-09-19 令和元年第4回定例会(第3号 9月19日)

過去1,400年間を見ると、南海トラフでは、約100年から200年の間隔で、蓄積されたひずみを開放する大地震が発生しており、近年では、昭和東南海地震(1944年)、昭和南海地震(1946年)がこれに当たります。  昭和東南海地震及び昭和南海地震が起きてから70年近くが経過しており、南海トラフにおける大地震発生の可能性が高まってきています。  

大垣市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第2日) 本文 2019-09-09

そして、コンクリートブロック塀には、地震の発生時に倒壊するおそれのあるものが多いと言われております。通路に面したブロック塀等が倒壊すると、直接の被害だけでなく通路が塞がれ、災害時の避難を妨げることにもつながります。生け垣やフェンス等、耐震対策が必要となります。ふだんは倒壊の心配がなさそうなブロック塀耐震化されていなければ、大きな地震のときには重大な事故を引き起こす凶器になります。

可児市議会 2019-09-04 令和元年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2019-09-04

その後、東日本大震災の教訓をもとに、平成26年に国の災害廃棄物対策指針が改定され、それを受けて、平成28年3月に岐阜県南海トラフ巨大地震の被害想定を含めた岐阜県災害廃棄物処理計画を策定しました。それを踏まえて、市も平成29年度に可児市災害廃棄物処理計画の見直しに着手をしております。  

岐阜市議会 2019-09-01 令和元年第4回(9月)定例会(第1日目) 本文

│ ├─┼─────────────────────────────────────────────────┤ │ │ 岐阜市では、大阪府北部地震ブロック塀倒壊事故を受け、緊急対策として、ブロック塀等を中心    │ │ │とする学校施設の点検・修繕を行った。                              

恵那市議会 2019-08-28 令和元年第3回定例会(第1号 8月28日)

9月1日に、南海トラフ地震が発生したとの想定で、総合防災訓練を実施いたします。被害を最小限に食いとめるためには、日ごろからの備えが肝要であります。緊急地震速報により避難開始を促し、自治会ごとに避難・人員把握訓練を行うほか、地域ごとに計画した各種訓練が行われます。市民並びに議員の皆様には、積極的にご参加いただきますようにお願いいたします。  

各務原市議会 2019-06-19 令和 元年第 1回定例会-06月19日-03号

事件当日の朝、私が見まもり隊の活動を終えて帰宅したとき、ネットのニュースで児童が刃物を持った男に襲われ、多数が負傷しているという速報が入りました。事件の全容が明らかになってくるにつれて、今回の蛮行によって何の落ち度もない子どもたちと保護者が犠牲になったことに対し、怒りのやり場もないほどの感情を覚え、もし地域で同じことが起こったら、自分は子どもたちを守ることができるだろうかと恐怖すら感じました。  

岐阜市議会 2019-06-02 令和元年第3回(6月)定例会(第2日目) 本文

大規模な地震による建築物等倒壊に対する市民危機意識防災意識の啓発について質問します。  平成7年1月に発生した最大震度7の兵庫県南部地震では、多くの木造家屋が倒壊し、下敷きとなる圧死で多くのとうとい命が失われました。阪神・淡路大震災です。平成28年4月の熊本地震においては、震度7を超える地震が2回起き、木造家屋を初め、庁舎などの多くの建築物で倒壊の被害が出ています。

可児市議会 2018-12-04 平成30年第5回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-12-04

地球温暖化と気象変動、地震の活動期に突入するという意味を私は最近、強く受けとめることがありました。1995年の阪神・淡路大震災以降、北海道地震まで、本当に次から次へと地震がよく起きるし、内陸型の地震もあります。また、豪雨災害についても頻繁に起きております。南海トラフ地震防災対応では、政府中央防災会議が大地震が短時間に続発するおそれがあるとして、気象庁が素早く発表する具体策を検討中であります。

岐阜市議会 2018-09-02 平成30年第4回(9月)定例会(第2日目) 本文

項目に入ります前に、この夏の間に発生をした自然災害、6月の大阪府北部地震平成30年7月豪雨、災害ベルと言われた猛暑、25年ぶりに非常に強い勢力で日本に上陸をした台風21号、そして北海道胆振東部地震テレビの映像には、目を疑うような、手を合わせたくなるような、恐ろしい自然災害が続きました。

可児市議会 2018-08-30 平成30年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-08-30

農業受益者が管理しているため池についても、豪雨とともに東海・東南海地震や直下型地震が発生してため池の堤体が決壊した場合を危惧している地域住民は多いと思います。  ため池とは、降水量が少なく流域の大きな河川に恵まれない地域などで、農業用水を確保するため水を蓄え取水ができるよう人工的に造成された池のことですが、ため池の維持管理の多くは、農家、受益者が担っている状況であります。

各務原市議会 2018-06-20 平成30年第 2回定例会−06月20日-02号

なお、先ほどの緊急点検におきまして、川島小・中学校プールブロック塀がございます。こちらについては緊急工事の手配をしたところでございます。  これらも含めて、今後、緊急点検の必要があれば、予備費、あるいは専決等を念頭に対応させていただきたいというふうに考えておるところでございます。以上でございます。