733件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

各務原市議会 2019-03-26 平成31年第 1回定例会−03月26日-05号

空き家等対策事業費について、特定空き家に対しては、各務原市特定空家等審査会に意見聴取の上、法に基づいた行政措置を行うとあるが、具体的には何を実施するのか」との質疑に、「特定空き家になった場合、助言、指導から始まり勧告、命令、戒告、最終的には代執行という手順を追い進めていくことになる。財産に関する処分となるため、審査会で慎重に審議をいただきながら進めていく」との答弁。  

恵那市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第4号 3月20日)

空き家解消対策事業費の空き家解体支援事業3件の詳細はとの質疑には、解体費は1件につき60万円を上限に補助金を出し、そのうち3分の1が県の補助金となる。特定空き家等審査会で認定された特定空き家は、現在、市内に9件あるが、31年度は3件の解体を予定しているとの答弁がありました。  討論はなく、採決の結果、全会一致で議第29号は原案のとおり可決すべきものと決しました。  

恵那市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第3号 3月13日)

また、こうしたことは、今、増えている空き家、こういったものに対しても、特定空き家が増えていく、こういうような影響もあるかと思っております。  固定資産税においては、納付書が到達しなかったということで、公示送達という手続をとっておりますけども、平成30年度では、公示送達数が28件ございまして、年税額にしますと、63万100円が徴収ができないというような事態になっております。以上でございます。

各務原市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会−03月12日-03号

まず冒頭に、私は、「いつまでも住み続けたいまち かかみがはら」を念頭に、空き家対策、子育て支援、ことしから供用開始されます合葬式墓地、地域独自の移動交通手段の検討、フレイル予防など、平素から着目し、これまでたびたび質問をさせていただきました。  

瑞浪市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4号 3月 8日)

本市では、移住定住推進施策として、主に「瑞浪市移住定住促進奨励金交付事業」「瑞浪市若者世帯民間賃貸住宅入居奨励金交付事業」「空き家・空き地バンク事業」「瑞浪市空き家等改修補助事業」といった事業を実施されているものと承知しておりますが、それら施策の成果についてお尋ねしたいと思います。  要旨ア、各種移住施策による市内各地区の移住者の状況はどのようかについて、まちづくり推進部長にお尋ねいたします。  

瑞浪市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第2号 2月26日)

住環境施策における移住・定住の促進につきましては、空き家・空き地バンクの充実など、その活用を進めるとともに、移住定住促進奨励金などの制度を継続し、移住・定住人口の増加を図るべく、市の特徴や魅力を伝えるため、様々な媒体を活用して全国に向けPR活動を実施してまいります。

可児市議会 2018-12-20 平成30年第5回定例会(第4日) 本文 開催日:2018-12-20

地域ニーズに応えるため、本年10月より空き家管理サービス、12月より家族の見守りサービスを追加したこと。2点目は、寄附金の申し込み及び支払い方法の拡充のため、今年度よりポータルサイトを2つふやしたほか、コンビニ決済やマルチペイメントを追加したこと。3点目は、寄附金の活用状況がわかるニュースレターとともに、花フェスタ記念公園の優待券や可児グルメのチラシを送付したこと。

各務原市議会 2018-12-13 平成30年第 4回定例会−12月13日-03号

そのため、空き家リノベーション事業推進協議会に本年度から空き家物件活用分科会を設けました。この分科会では、市内でDIY型空き家リノベーション事業に活用できる空き家の掘り起こしを検討しているところですが、このほかにも、KOCを情報発信拠点として、家主の方に向けたDIY型空き家リノベーション事業の相談会なども検討しているところでございます。  

各務原市議会 2018-12-12 平成30年第 4回定例会-12月12日-02号

さて、我が市においても、少子高齢化の進展により、児童数の減少、団塊世代の高齢化による高齢者の増大、人口減少による空き家の増大、公共建築物の老朽化、市街地の空洞化、市街化調整区域の過疎化など、多くの課題を持つ中での予算の編成であると思います。  各部署からの予算要求を受け、財政課において編成作業が行われております。大変な作業であると推察いたします。

瑞浪市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2号12月10日)

そこで、このアンケートの結果から、3つの空き家と道路と河川が3割以上という話がありましたけれども、その中でも一番問題が多いというふうに出ましたのが、空き家でございます。私どももいろいろ見ておりますと、空き家が本当にふえてるなということも感じますし、おひとり暮らしの家庭もだんだんふえてきておりますので、今後、何年後は本当に不安だなというふうに感じております。  

恵那市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第4号12月 7日)

人口増加対策として、定住促進奨励金の支給や空き家改修補助などのさまざまな移住・定住施策が現在実施されておりますけれども、他の自治体も同じようなことをやっておられて、特別、恵那市の施策が飛び抜けているということではないかなと、こんなふうに思いまして、なかなか転入者増に結びついていないのが現状ではないかと思います。  

中津川市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月07日−02号

まず1点目でございますが、空き家バンクの活用についてお伺いをいたします。  当市の空き家バンクの登録件数は、当初から6年間で23件でございましたけれども、本年に入り、この原稿の作成時で30件と急増しております。  市は、市内の不動産業者との協力で対象物件を互いに登録し合う体制としたり、全国空き家バンクへの登録も可能としたということでございます。

可児市議会 2018-12-05 平成30年第5回定例会(第3日) 本文 開催日:2018-12-05

現在は、そういった必要がありましたら、政策的に今確保しております市営住宅の空き家のほうへ、そういったものは移動させるというところを考えておるわけではございますけれども、まず、私どもとしましては、身内の方々に連絡がすぐとれるような格好で、そういったことを考えておりまして、新規の入居者の方々に連帯保証人をつけていただくわけでございますけれども、そういった説明の中で身内の方がお見えになるかどうか確認をさせていただくようにさせていただいておりまして

可児市議会 2018-12-04 平成30年第5回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-12-04

また、平成29年の12月に空家等対策計画が策定されまして、空き家の実態と問題点が整理をされ、方針も明確にされております。この中で、特徴、問題点として、今後一層空き家が増加するだろう。また、放置された空き家等危険な空き家が増加することも間違いがない。所有者が高齢になって、管理の行き届いていない空き家が多々ある。空き家の多くは耐震基準を満たしておらず、活用するのは実は困難であるということ。

岐阜市議会 2018-11-04 平成30年第5回(11月)定例会(第4日目) 本文

今夏受け入れをいたしました議員インターンシップの大学生とともに、岐阜市中心市街地活性化基本計画155ヘクタールの隅から隅までを歩き尽くしまして、空き家、空き店舗、空き地、月決め駐車場とコインパーキングの立地実態、駐車場については台数も含めてその実態調査を行いました。  

瑞浪市議会 2018-10-01 平成30年第3回定例会(第4号10月 1日)

土木費の空家等適正管理事業について、特定空き家2棟の除却後の状況と除却費用の回収はどのようかとの問いに対し、陶町地内の特定空き家2棟の除却を行い、現在は更地になっている。除却に係る契約額は合計598万8,000円であり、市費で除却を行った。倒産により、所有者等について確実でなく、弁護士への相談も行ったが、費用回収の見込みは立っていないとの答弁がありました。  

恵那市議会 2018-09-28 平成30年第3回定例会(第4号 9月28日)

また、昨年8月に恵那くらしビジネスサポートセンターをオープンし、気軽に相談できる体制づくりに取り組んだところ、移住定住に関する新規の相談案件数が1.6倍、空き家バンクに関する新規の相談の案件も1.9倍となっている。

各務原市議会 2018-09-13 平成30年第 3回定例会−09月13日-03号

高齢化率も30%を超えて、最近は空き家もふえつつあります。前渡に生まれ育った私には、この地区の将来が非常に心配であります。  市では、このたび市街化調整区域における地域活性化施策を前渡地区に計画していただきました。この計画が成功、実施されることを心から願っております。  そこで、お尋ねをいたします。  1.農地法に縛られた市街化調整区域の過疎化を防ぐ方法はありますか。  

関市議会 2018-09-13 平成30年第3回定例会会議録-09月13日−13号

残り30軒につきましては、空き家等の不在住家屋が14軒、消毒の日程調整中の住宅が16軒となっております。   消毒後の対応についてですが、感染症対策としてはこれで完了となりますが、初期消毒には防カビ効果はありませんので、カビの発生を心配される方には床下点検を行っていただけるボランティア団体がありますので、社会福祉協議会を通じて相談していただくようチラシを配布いたしております。   

大垣市議会 2018-09-12 平成30年決算委員会 本文 2018-09-12

活動内容といたしましては、移住希望者や空き家提供希望者の相談を初め、移住促進の新聞の発行や移住体験ツアーの開催、名古屋・関西地区等で開催される移住・定住相談会への参加を通じて移住希望者向けに地域の魅力を情報発信するなど、活発に活動をしております。また、地域事務所とともに上石津地域各地区の移住推進団体の会合にも出向き、空き家物件の掘り起こしも行っております。