運営者 Bitlet 姉妹サービス
670件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-11-01 岐阜市議会 平成30年第5回(11月)定例会(第3日目) 本文 また、この件については、ことしに入って私のところにも市内の小学校に通う生徒の親御さんから、毎日の通学時のランドセルの重さが半端なく、猫背、肩の痛みを感じているお子さんが多数おりますとの声が何件か寄せられております。   もっと読む
2018-09-07 土岐市議会 平成30年第4回 定例会-09月07日−02号 また、31.2%の小学生がランドセルを背負って痛みを感じていることも明らかになった。先ほど私が言ったのはそこです。特に、その中で22.3%の子供さんが首から肩が痛いということを報告されております。  また、NHKのニュースウエブというサイトによりますと、小・中学校では教える量の増加で教科書が分厚くなってしまい、教材もふえている。 もっと読む
2018-06-14 土岐市議会 平成30年第3回 定例会-06月14日−03号 幸い前が公園になっていますので、父兄の方は公園に入って送ってみえると聞きましたんで、ちょっと心の痛んだ子とか、優しい子なんかの心の痛みのある子が来るところにしては、ちょっと僕はうんと胸がつかえたんですが、建てかえとか移転とか、そういう計画はありますでしょうか。 ○議長(加藤辰亥君) 教育長 山田恭正君。 もっと読む
2018-06-12 瑞浪市議会 平成30年第2回定例会(第3号 6月12日) ましてや、医療の問題も、薬は出ますけども飲んどるだけで、いつ、どれだけ飲んだら痛みがとまるとかいう話じゃないですから、全く見通しのない、そういう措置しか今現在はないということです。そういう点では、非常に難しい問題。  だから、あのようななたで殺人を起こすような事件にまで発展していくということであるわけですけども、あれは遠いところの問題ではなしに、市の中でもあったわけです。 もっと読む
2018-06-11 瑞浪市議会 平成30年第2回定例会(第2号 6月11日) 保護者の方に聞いてみますと、肩や背中に痛みを訴えるお子さんも見えるそうです。  例えば、自転車の通学であっても、かばんが重ければ前のかごに負担がかかりますから、ふらついてしまいます。全ての通学路が自転車で走行しやすいというわけでもありませんので、そういったところで事故が発生してしまうことも考えられます。   もっと読む
2018-06-01 岐阜市議会 平成30年第3回(6月)定例会(第3日目) 本文 また、がんとの共生におきましては、緩和ケアチームが中心となって身体的な痛みと心の不安の軽減を図るとともに、がんになっても働きたい患者さんへは、治療と仕事の両立支援などに取り組んできております。  一方、がん予防という点におきましては、近年、患者数が増加傾向にあり、症状があらわれたときには手おくれのことが多い膵臓がんについては、早期発見が特に重要となってきております。 もっと読む
2018-06-01 岐阜市議会 平成30年第3回(6月)定例会(第4日目) 本文 今でも生活保護家庭からは、生活が苦しい、自宅にいる場合には冷暖房は使わないようにしているなどの声が寄せられており、今でも生きていく上でぎりぎりの生活をしている市民にさらに痛みを与えるものでしかありません。   もっと読む
2018-03-07 土岐市議会 平成30年第1回 定例会-03月07日−02号 今後も、積極的な企業誘致等の推進による歳入の確保もさることながら、痛みを伴う行財政改革に勇気を持って取り組み、財政健全化を図っていただきたいと思います。それには当然、市長のリーダーシップが必要となりますが、市長みずから指揮をとり、行財政改革の推進に取り組む考えをお聞かせください。 ○議長(加藤辰亥君) 市長 加藤靖也君。 もっと読む
2018-03-02 可児市議会 平成30年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-03-02 私、まずShare the pain、Share the hope、Share the future、この痛みと、それから希望と、それから未来、これを共有できる、そういった行政サービスが、特に子供に対してはそういった気持ちで臨んでいただけることを切に願いまして、私の一般質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。 もっと読む
2017-12-08 恵那市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月 8日) 戦略的に縮んでいくためには、多くの痛みを伴う改革を迫られると思います。恵那市の未来を小坂市長に託しますので、お願いをして、2標題目に移らせていただきます。  地域のまちづくり活動補助金についてお聞きします。  地域自治区の発足に合わせ、地域の自主・自立運営を目指して地域のまちづくり活動補助金制度が始まりました。自主・自立的な活動につながっているのかお聞きします。 もっと読む
2017-12-07 土岐市議会 平成29年第5回 定例会-12月07日−02号 手術前の説明では五分五分で、半年から1年たってからでないと結果はわからないとのことでしたが、痛くて歩けない状態の足首が、痛みはあるものの我慢ができる状態で、手術をしてよかったと思っております。医学の進歩を感謝するとともに、土岐市においても、市民の大切な命を守っていただく総合病院を初めとした医療体制の充実について、今まで以上に取り組んでいきたいと思っております。   もっと読む
2017-11-01 岐阜市議会 平成29年第5回(11月)定例会(第1日目) 本文 「事前の一策は事後の百策に勝る」との理念に基づき、市営バスの民営化など、時には痛みを伴う課題であっても先送りすることなく、さまざまな分野で一つ一つ丁寧に結論を出してまいりました。  これら3つの視点は、日々の業務に当たる市職員の意識にも深く浸透し、現在に至るまで脈々と引き継がれてきていると信じております。   もっと読む
2017-09-27 羽島市議会 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月27日−06号 次に、認第7号について、委員の質疑に対し、理事者から、清算金の説明については、本年7月末から8月中旬にかけ地権者を対象とした個人説明会を開催し、説明を進めているなどの答弁があり、一委員から、土地区画整理事業という手法は、地権者に大きな痛みを伴い、保留地もまだ9筆、7,000万円分以上残っており、事業の資金計画どおりの資金確保も不透明であるとの反対討論があり、採決の結果、賛成多数で原案のとおり認定すべきものと もっと読む
2017-09-13 各務原市議会 平成29年第 3回定例会-09月13日-02号 南米原産のヒアリは、お尻の毒針で人を刺し、刺されるとやけどのようなひどい痛みがあり、毒性が強いことから、特定外来生物に指定されております。 もっと読む
2017-09-13 各務原市議会 平成29年第 3回定例会-09月13日-02号 南米原産のヒアリは、お尻の毒針で人を刺し、刺されるとやけどのようなひどい痛みがあり、毒性が強いことから、特定外来生物に指定されております。 もっと読む
2017-06-12 高山市議会 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月12日−03号 あと、関節の痛み。おかしいなと思っているうちに、それが1週間ほどで治ってしまったもんですから、それはそのときで終わったんですが、今から考えると、ひょっとしたらあればデング熱だったのかなと。  WHO(世界保健機関)によりますと、毎年1億人ほどの患者が出ているそうです。全人類の70人に1人がこのデング熱にかかっていることになります。 もっと読む
2017-06-12 土岐市議会 平成29年第3回 定例会-06月12日−02号 運動やけがの衝撃による影響から足首の軟骨がすり減ってなくなる変形性関節症と診断され、いろんな病院にかかりましたが、どこの病院でも答えは、痛みを我慢して、最後には足首の固定手術ですとの話でした。  昨年秋に友人の勧めで名古屋の病院で診てもらったところ、脛骨骨切り術で治療しますとの医師の診断でした。 もっと読む
2017-03-13 大垣市議会 平成29年第1回定例会(第2日) 本文 2017-03-13 今は風邪薬や痛みどめを扱う薬屋さんも身近なところから消えつつあります。全て車での来客を前提とした大きなスーパー化、あるいはもっと郊外ショップ化していく。歩いていけるようなところに、歩いて安全に行けるようなところにこうしたショップはなくなった。これはもともとの店舗数が少なかった中山間地だけではなくて、都心部で悲鳴が上がっている。 もっと読む
2016-12-22 中津川市議会 平成28年 12月 定例会(第6回)-12月22日−04号 2つ目、ごみの減量化対策について、家庭ごみの排出量について岐阜県下でトップクラスが4年連続しているにもかかわらず、目に見える対策を打たず、痛みを負わせることで減量化を図るというのは、いかにも市民のモラルが低いから、市民に痛みを与えないと減量化できないと言わんばかりです。有料化の前に、もっと取り組むべきことがあると思います。市民のところに足を運んで丁寧に説明をするべきです。   もっと読む
2016-12-22 恵那市議会 平成28年第5回定例会(第4号12月22日) 例えば、公共施設の再配置、そして職員の人件費削減など、市民の皆さんにある程度の痛みを伴う行財政改革関連については、ほとんど触れられておりませんでした。それはなぜでしょうか。市民の皆さんにこれから理解を求めていくには、市長がしっかりと表明し、そして市民理解を得ながら進めていけるようなリーダーシップをぜひ執っていただくことが必要ではないかと思います。お尋ねします。 もっと読む