271件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

瑞浪市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4号 3月 8日)

少子化の影響で、若い世代を中心に適齢期の年代人口が減少していることもあり、消防員の確保は非常に難しい状況であります。  また、消防員数の減少だけでなく、消防員に占める被雇用者員、すなわちサラリーマン員の割合の増加や平均年齢の上昇など、様々な課題があります。  

瑞浪市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第2号 2月26日)

消防体制の充実としましては、多様化する災害への対応力強化のため、化学消防ポンプ自動車、消防小型動力ポンプ積載車の更新、消防第1分の拠点施設の整備など、計画的に設備と装備の充実を進めてまいります。  地域防災の要となる消防につきましては、女性・学生の入団促進を図るなど団員確保に努めてまいります。  

土岐市議会 2018-06-14 平成30年第3回 定例会-06月14日−03号

なお、学校には、不審者の侵入に対応するための装備として、全学校にさすまたが2本以上装備されて、職員室や校長室などに配置されております。  また、全ての学校に防犯カメラが設置され、各教室には緊急通報用のブザーやインターホンが設置されている学校が、小学校で4校、中学校で4校ございます。  さらに、各職員が非常時に備えて防犯ブザーやホイッスルを常時携帯している学校もございます。以上でございます。

高山市議会 2018-06-04 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月04日−01号

契約の目的といたしましては、消防が使用する既存の消防車両が老朽化していることから、安全かつ迅速な消防活動を確保するため、小型動力ポンプ付積載車を更新するもので、6台でございます。  今回更新しようとする消防車両につきましては、購入後24年から26年経過する車両でございます。  

中津川市議会 2018-05-18 平成30年  5月 臨時会(第2回)-05月18日−01号

まず最初に、消防本部の設置基本方針というもので、基本方針が述べられました。そして、その基本方針とあわせまして、消防本部の重点施策として、リニア等将来を見据えた消防本部体制の見直し、消防施設装備の整備、救急業務高度化体制の確立、消防員の確保及び装備の充実、防火安全対策の積極的な推進の5項目が重点施策として上げられております。  

各務原市議会 2018-03-15 平成30年 3月15日民生消防常任委員会−03月15日-01号

9節消防費雑入3913万7000円のうち、高速道路救急出動特別交付金248万3000円は高速道路上の救急出動に対しての交付金でございます。消防員退職報償金2150万1000円は、消防員を5年以上続けられ、その後、退団される方に対し共済基金から退職金が入金されるものでございます。消防員等損害補償金10万5000円は、公務中にけがをした方に対し補償金が入金されるものでございます。

各務原市議会 2018-03-12 平成30年第 1回定例会-03月12日-02号

続きまして、各務原市消防の活躍と、行政、消防本部の取り組みについての質問に移らせていただきます。  平成30年が穏やかに明けた1月7日早朝、市民公園では日ごろより市民の安全・安心を守ってくださる消防の皆様の堂々とした分列行進を拝見し、どれだけ力強く思ったか。日ごろの活躍に感謝を申し上げたいと思います。  

可児市議会 2018-03-02 平成30年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-03-02

今回は、消防員の確保と災害時の対策について、一括答弁方式にて質問させていただきます。  今定例会の開会日に市長が述べられた施政方針の中で、まちの安全づくりへの取り組みとして、南海トラフ地震を想定し、各種団体と連携した訓練や自治会が主となって行う避難所開設・運営の訓練の実施を目指すとのことでした。

瑞浪市議会 2018-02-26 平成30年第1回定例会(第2号 2月26日)

消防体制の充実としましては、多様化する災害への対応力強化と、常に救命率の向上が求められる消防職員の知識と技術の向上に努めてまいります。  また、地域防災の要となる消防につきまして、消防員の制服基準の改正に併せ活動服を更新するとともに、消防第1分の拠点施設の基本設計、小型動力ポンプ積載車の更新など、装備と設備の充実を計画的に進めてまいります。  

瑞浪市議会 2017-12-11 平成29年第5回定例会(第2号12月11日)

次に、要旨ウを消防長に伺います。緊急を要する消防拠点施設の建設をなぜ急がないかでございます。  6月議会において、財産の取得という議案が上程された際に、その委員会の質疑においての答弁は、「老朽化し、傷みの激しい第1分第4部の詰所は、早急に整備する必要に迫られている。そのためには、公園区の区民会館を早急に取得する必要がある」という、必要性を述べておみえになります。  

各務原市議会 2017-09-27 平成29年第 3回定例会-09月27日-04号

このような政府の判断は、日本を取り巻く安全保障に関する厳しい現実を踏まえ、国民の生命・財産・安全を保障しつつ、保有国と非保有国との橋渡しをしながら、核兵器の廃絶を目指す極めて現実的な対応だと考える」との反対討論、「日本は唯一の被爆国であり、核兵器廃絶は日本国民の悲願です。核兵器廃絶には日本の政府こそが核兵器禁止条約を批准すべき」との賛成討論。  

各務原市議会 2017-09-19 平成29年 9月19日民生消防常任委員会−09月19日-01号

これは、地域防災の中核として重要な役割を果たします消防員の教育と訓練、さらに災害活動や広報PR活動、また女性防火クラブ、少年防火クラブ及び幼年消防クラブの育成指導など、火災予防意識の高揚を図るために要した経費であります。  非常備消防費、決算額1億5414万9000円のうち、非常備消防運営費の9593万円は、消防員が岐阜県消防学校において基礎的、専門的な知識・技術の習得に努めたものであります。

関市議会 2017-09-14 平成29年第3回定例会会議録-09月14日−15号

このような状況下において、AEDの使用により社会復帰した事例も全国的には多く報告されておりまして、救命率の向上には欠かせない装備だと、このように考えておるということでございます。   次に、そのAEDの搭載状況でございますけれども、救急車は9台全てにAEDを搭載されておりますが、消防ポンプ車には、関消防署の4台のうち1台、美濃消防署の2台のうち1台の計2台に搭載されております。

関市議会 2017-09-13 平成29年第3回定例会会議録-09月13日−14号

関市消防委員会は、消防員の服務及び待遇並びに消防施設の改善、その他消防の活性化に関する事項を審議していただきます附属機関でございます。年に2回程度開催をしておりまして、近年は市町村合併後の組織再編、消防車庫、消防車両の適正配置について御審議をいただきまして、消防再編計画というものでまとめさせていただいております。   

岐阜市議会 2017-09-04 平成29年第4回(9月)定例会(第4日目) 本文

それから、消防の設置についても、前向きに捉えてよろしいんですね。やっぱりね、これはすごく大事なことで、消防長がどう思ってるのか、こういう災害の多いときにですね、やはり軸足をどこに置くのか、地元の方にわかるように説得していただいて、岐阜市がリーダーシップをとっていただいて、安心、安全な活動ができるようにぜひお願いしたいと思います。  

瑞浪市議会 2017-06-27 平成29年第3回定例会(第4号 6月27日)

議第38号 財産の取得について、主な質疑では、旧庁舎跡地再整備の目的はどのようかとの問いに対し、消防拠点施設の整備と老朽化した旧庁舎の取り壊しであるとの答弁がありました。  また、消防の詰所と旧庁舎は緊急に再整備する必要性はあるかとの問いに対し、消防の詰所は昭和60年の建築で、平成24年から改築を含めた建てかえ計画がある。

各務原市議会 2017-06-16 平成29年第 2回定例会−06月16日-03号

予告なしに襲いかかる災害には何より初動対応が重要であることは言うまでもありませんが、現実問題として、消防、警察が駆けつけるまでの間、いかに自助・共助の力で迅速な対応ができるかに人の命が左右されるような状況も想定され、まさに時間との勝負になります。

瑞浪市議会 2017-06-15 平成29年第3回定例会(第3号 6月15日)

昨年実施されました消防員に対するアンケートを熟読することにより、消防員の様々な意見を知ることができました。  特に、「問9、新時代へ向けて消防の改革等について」は、本音とも言える意見を伺うことができます。