運営者 Bitlet 姉妹サービス
156件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-12-07 土岐市議会 平成29年第5回 定例会-12月07日−02号 それから、焼却の際に出る排ガスに含まれる硫黄酸化物ですとか、塩化水素を除去するために消石灰を使用しておるところでございます。主なものとしてはこういったものでございます。 ○議長(加藤辰亥君) 5番 和田悦子君。 ◆5番(和田悦子君) ありがとうございます。  大気汚染などの対策でキレート剤、それから消石灰を使っておられるということでございます。   もっと読む
2017-09-28 瑞浪市議会 平成29年第4回定例会(第4号 9月28日) また、大陸間弾道ミサイル搭載用の水素爆弾の実験に成功したと発表した。  9月15日には、8月29日に引き続き、北朝鮮西岸より発射された弾道ミサイルが、北海道上空を通過し、襟裳岬沖の太平洋上に落下したとの報に接した。   もっと読む
2017-09-22 各務原市議会 平成29年 9月22日総務常任委員会−09月22日-01号 新聞報道によりますと、爆発規模は160キロトンに達し、米国が広島に投下した原爆の16キロトン、長崎の21キロトンをはるかに超える大きな破壊力を持つ水素爆弾級と分析されています。   もっと読む
2017-09-22 各務原市議会 平成29年 9月22日総務常任委員会−09月22日-01号 新聞報道によりますと、爆発規模は160キロトンに達し、米国が広島に投下した原爆の16キロトン、長崎の21キロトンをはるかに超える大きな破壊力を持つ水素爆弾級と分析されています。   もっと読む
2017-09-06 土岐市議会 平成29年第4回 定例会-09月06日−02号 そして、今月の3日、つい最近、日本時間で午後0時半には、大陸間弾道ミサイル(ICBM)に装着することのできる水素爆弾の実験を強行いたしました。今回の北朝鮮の核実験は6回目であり、全世界が震撼いたしております。  防衛副大臣は5日、きのうの参院の外交防衛委員会で北朝鮮による3日の核実験の爆発規模について、広島原爆の8倍に相当する120キロトンに達する可能性があるという見解を示しております。 もっと読む
2017-03-15 大垣市議会 平成29年市民病院に関する委員会 本文 2017-03-15 第8条の重要な資産の取得及び処分でございますが、平成29年度に取得する資産の器械備品としまして、磁気共鳴断層撮影装置1台、内視鏡情報管理システム一式、ガンマカメラ撮影装置1台、手術用顕微鏡システム一式、電子内視鏡装置1台、超音波診断装置1台、人工呼吸器6台、過酸化水素低音プラズマ滅菌装置1台を予定しております。 もっと読む
2017-03-10 可児市議会 平成29年第1回定例会(第3日) 本文 開催日:2017.03.10 この研究所は原子力発電所ではありませんが、平成29年3月7日から始まった重水素実験では、微量とは言っていますが、中性子や放射性物質のトリチウム ── 三重水素と言いますけれども ── が発生します。  この核融合科学研究所は、1989年に名古屋大学プラズマ研究所を前身として設立されました。 もっと読む
2017-03-10 可児市議会 平成29年第1回定例会(第3日) 本文 開催日:2017-03-10 この研究所は原子力発電所ではありませんが、平成29年3月7日から始まった重水素実験では、微量とは言っていますが、中性子や放射性物質のトリチウム ── 三重水素と言いますけれども ── が発生します。  この核融合科学研究所は、1989年に名古屋大学プラズマ研究所を前身として設立されました。 もっと読む
2016-06-28 恵那市議会 平成28年第3回定例会(第3号 6月28日) ○市民福祉部長(光岡伸康君) ただいま市内の河川の水質検査の状況についてのお尋ねでございますが、市内の河川につきましては、河川の水質検査を各月1回、木曽川、土岐川、矢作川の3つの水系の52カ所で生活環境の保全に関する項目としてpH、(水素イオン濃度)、BOD(生物化学的酸素要求量)、SS(浮遊物質量)、それからDO(溶存酸素量)、大腸菌群数の検査をしております。   もっと読む
2016-06-28 恵那市議会 平成28年第3回定例会(第3号 6月28日) ○市民福祉部長(光岡伸康君) ただいま市内の河川の水質検査の状況についてのお尋ねでございますが、市内の河川につきましては、河川の水質検査を各月1回、木曽川、土岐川、矢作川の3つの水系の52カ所で生活環境の保全に関する項目としてpH、(水素イオン濃度)、BOD(生物化学的酸素要求量)、SS(浮遊物質量)、それからDO(溶存酸素量)、大腸菌群数の検査をしております。   もっと読む
2016-03-03 岐阜市議会 平成28年第1回(3月)定例会(第3日目) 本文 また、運用面での飛行時間が短いという点については、今後、水素燃料電池やマグネシウム燃料電池の開発により飛行時間が延長されようとしております。  今後、さまざまな課題を克服し、安全に運用できる環境が整っていけば、必ず人命救助などに大いに役立つと考えますが、導入に向けての消防長のお考えをお尋ねいたします。  最後に、有害鳥獣対策の強化についてお尋ねします。   もっと読む
2016-03-01 岐阜市議会 平成28年第1回(3月)定例会(第1日目) 本文 このため新年度は、水素社会やゼロエネルギーハウスの推進など、新たな視点による地球温暖化対策実行計画を策定してまいります。さらに、本市は長い日照時間や豊富な地下水を有することから、太陽光や地中熱などの再生可能エネルギーを最大限に活用する上で大きな強みを持っております。   もっと読む
2015-12-14 大垣市議会 平成27年第4回定例会(第2日) 本文 2015-12-14 って、郵便局が行って、宅急便が行ってといこうことを、もっと総合的にできるような高頻度速達バスというのをつくれば、これは実際に提案されているんですが、小さなバスに後ろに荷物も積んで、あるいは昼間のあいている時間はデイサービスに移送する、そしてまた夕方になったら中学生を迎えに行く、それから、宅急便なんかも運ぶというようなのを特区で申請すれば可能であるというふうに聞いておりますし、また、これからの時代は水素 もっと読む
2015-11-20 高山市議会 平成27年 基盤環境委員会-11月20日−14号 ◎浦谷環境政策部長 国による新しいエネルギーの施策については、例えば水素エネルギーであるとかということ、国も進めようとしておるようなことも承知しております。   もっと読む
2015-10-13 関市議会 平成27年 10月 建設委員会-10月13日−01号 そのオーバーホール修繕と、関の田原処理区にありますマンホール1か所が硫化水素によりまして腐食をしておりまして、陥没のおそれが生じておりますので、緊急にライニング処理にて修繕させていただくための補正でございます。  同じく2目下水処理費の11節でございます。武芸川、洞戸、上之保の3処理場の機械設備が故障しております。ポンプの分解整備や取り替えなど、8設備の修繕に伴う補正でございます。   もっと読む
2015-06-19 各務原市議会 平成27年第 3回定例会−06月19日-03号 二酸化炭素などの温室効果ガスは、自然界のサイクルによって、ある程度の期間で酸素と水素に分解されますが、このサイクルに欠かせない森林やサンゴが農地の開拓や環境破壊によって減少してしまいました。また、産業の発展に伴い大量の温室効果ガスを排出しているため、自然界のサイクルでは処理し切れなくなり、気温が上昇してきております。   もっと読む
2015-06-19 各務原市議会 平成27年第 3回定例会−06月19日-03号 二酸化炭素などの温室効果ガスは、自然界のサイクルによって、ある程度の期間で酸素と水素に分解されますが、このサイクルに欠かせない森林やサンゴが農地の開拓や環境破壊によって減少してしまいました。また、産業の発展に伴い大量の温室効果ガスを排出しているため、自然界のサイクルでは処理し切れなくなり、気温が上昇してきております。   もっと読む
2014-12-05 可児市議会 平成26年第6回定例会(第3日) 本文 開催日:2014-12-05 124 ◯企画経済部長(高木伸二君) モニタリングの内容につきましては、水質の中で浮遊物質、水温、水素イオン濃度、それから重金属類、それから土壌汚染につきましても重金属等につきましても工事期間中にモニタリングをやるというような資料も出ております。やるということです。                   もっと読む
2014-06-19 関市議会 平成26年  6月 文教経済委員会-06月19日−01号 ◎商工課長(山下清司君)   まず、こちらの奥長良川名水そのものとしては、今はやりの水素水とかいう機能水につきましては、全て外注で製造していらっしゃる。要は、洞戸でくんだ水を静岡まで運んで、そして水素を充填して売るということになりますので、これを自社内、洞戸で内製化、自分のところでつくれるということで、コスト、あるいは雇用ということに期待ができるということです。   もっと読む
2014-06-13 羽島市議会 平成26年  6月 定例会(第3回)-06月13日−04号 市といたしましては、先般、トヨタ自動車が新たに水素を燃料源とする燃料電池車の量産を始めるとの新聞報道がされたところでもあり、今後、自動車メーカーの技術開発の動向や国、県の施策などを踏まえながら、必要に応じて次世代自動車の普及対策について検討をしてまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○議長(加藤英輔君) 4番 川柳雅裕君。 もっと読む