594件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

中津川市議会 2022-09-10 09月10日-03号

そこでお聞きいたしますが、安倍内閣消費増税への批判をそらすために、少子化対策と称して幼児教育無償化を打ち出してきました。幼児教育無償化の前にやるべきことは、保育園待機児童対策保育の質の確保だと思います。 中津川市においても、ことし、苗木保育園に入れなかった子どもが10人を超えました。保育士確保ができないためと聞いております。

関市議会 2020-12-13 12月13日-22号

また、世帯別では、1世帯当たり人口減少しており、家族化が進展しております。仕事を持つ主婦にとり、子どもを出産後子育てをされるのは、身体的にも資金面でも大変な負担となります。子ども保育園に預け、急いで勤務先へ通勤される方もあると思います。  そこで、1、子育て支援についてお聞きしますが、今回の保育料無償化は歓迎されることと思います。

土岐市議会 2020-12-09 12月09日-02号

それでは、発言事項の1.消費引き上げ後の対応についてから一般質問させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。 消費が10月1日から、それまでの8%から10%に引き上げられ、そして2カ月余りがたちました。前回、平成26年4月に8%に引き上げられた後は、個人消費は大きく冷え込みましたが、今回の消費増税後の消費の落ち込みは限定的と見られることが広まっているようでございます。 

高山市議会 2020-12-09 12月09日-02号

まず初めに、消費増税について、市の考えを伺います。 10月から消費が10%に増税をされました。この増税によりまして、物価が上昇し、国民の消費生活が冷え込んで、日本経済を低迷させてきている、このように報道されてきています。 例えば内閣府がこの6日に発表した10月の景気動向指数速報値によりますと、景気の現状を示す一致指数前月比5.6ポイントの低下で94.8になったと発表されました。

高山市議会 2020-03-05 03月05日-03号

FCV燃料水素とする燃料電池など、そのメリットは、脱炭素社会観点であれば、FCV燃料電池使用はCO2 排出がゼロであり、究極のエコエネルギーともされております。 災害に強いまち観点でいえば、災害時、FCVから電源確保水素を直接燃料とする純水素燃料電池であれば、発電と同時に熱も発生するため、給湯や暖房にも生かせ、コージェネレーション設備として利用ができます。 

岐阜市議会 2020-03-03 令和2年第1回(3月)定例会(第3日目) 本文

生産緑地制度は、農地所有者営農義務が課せられる一方、固定資産や相続などの優遇措置を受けることができる制度です。岐阜市では、なぜ生産緑地制度がないのかという強いお声、あるいは疑問のお声があります。  平成28年に、農業団体によってアンケートされた、市街化区域内農地等に関するヒアリング調査結果を御紹介したいと思います。

瑞浪市議会 2020-02-27 令和 2年第1回定例会(第2号 2月27日)

瑞浪周辺まちづくり基本構想」においては「公共施設等総合管理計画とも連携し、集客のとなる公共公益施設を誘致する」としており、計画との整合性を取りながら具体的な誘致施設の検討に入ります。  このように、地方創生となる重要な事業JR瑞浪周辺の再開発」について、その具体像が描けつつあり、事業実施「決断」の時が近づいております。  

各務原市議会 2020-02-18 令和 2年第 1回定例会−02月18日-01号

この合葬式墓地は、少子高齢化家族化の進展によりお墓を承継していくことに不安を抱く方が増えてくるなど、お墓を巡る社会情勢の変化を見据えて整備したものであります。昨年10月の受付開始以降、予想を上回る申込みがあり、安心して住み続けられるまちへ向け、目の前にあった課題の1つを解消できたところであります。  

可児市議会 2019-09-30 令和元年第4回定例会(第4日) 本文 開催日:2019-09-30

ウランを燃やし再稼働を進めれば、そして原発による電力供給に依存をすればするほど、廃棄物、高濃度廃棄物の問題がたまりたまってまいります。  国は、原発で燃やした使用済み燃料を再利用して、このたまりたまってきたのごみを再生処理する、いわゆる再利用するプルサーマル計画を提起し、これを行ってきたところでありますが、この点でも随所で破綻が広がっております。