運営者 Bitlet 姉妹サービス
1260件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-18 関市議会 平成30年第3回定例会会議録-09月18日−15号 平成24年度以降は、間伐材を林外に運搬し、ほかで利用する利用間伐を推進するような補助制度に見直されまして、それからまた、バイオマス発電への利用などの需要も高いことから、林道や作業道があるところでは、枝葉を含めた全てを搬出する利用間伐が多く行われるようになっております。    もっと読む
2018-09-14 関市議会 平成30年第3回定例会会議録-09月14日−14号 また、経営基盤の強化という面での補助は、既存の農業法人や集落営農組合に対し、市が定める推奨作物を新たに栽培する際に必要となる農業用機械設備の導入を支援するものと農地の適正な維持管理のために必要な農業用機械設備の導入を支援するもので、水田の維持による多面的機能の維持、転作作物への誘導による需要調整への対応、年間を通じた農作物生産力の向上と耕作放棄地の解消を図っていくというものでございます。    もっと読む
2018-09-13 関市議会 平成30年第3回定例会会議録-09月13日−13号 県内では今現在4か所ありますが、さらに3か所設置予定があるという状況で、全国的にはその需要が多い状況でございます。   スマートインターチェンジの設置については、新規の工業団地や商業施設等の計画により、利用者の純増が見込まれる場合などが必要条件とされておりますが、全国的な需要の高まりの中、準備段階での調査への助成などが制度化されるなど、若干緩和がされてきているようでございます。 もっと読む
2018-09-11 瑞浪市議会 平成30年第3回定例会(第3号 9月11日) 消防署が忙しいだけやなしに、市民にとっては消防署に助けてほしいということで、救急車の搬送業務がかなりあったのではないかと思っています。  その体制や充足率などについて、大丈夫であったかをお聞きしたいと思います。消防長にお聞きします。  要旨イ、熱中症等による救急搬送の状況はどのようか。 ○議長(熊澤清和君)  消防長 小倉秀亀君。 ○消防長(小倉秀亀君)  おはようございます。 もっと読む
2018-09-10 土岐市議会 平成30年第4回 定例会-09月10日−03号 説明では、2017年度末に土岐市立総合病院の医師が大量離職したことにより、同病院の内科の外来医療及び救急医療が縮小されたことにより、特に救急面においてその影響が東濃厚生病院に波及することで、医療スタッフの疲弊等を招く可能性が大きく、医療スタッフの流出及びこの地域での救急医療を維持するためには早急な対応が必要と考えられると、そのことから将来の一病院化に向けたつなぎ措置として、土岐市の総合病院を、JA岐阜厚生連 もっと読む
2018-09-07 土岐市議会 平成30年第4回 定例会-09月07日−02号 ◆14番(渡邉隆君) 今、申し上げました、そこの一番末のことについて、やっぱり一番の取り組まないかんことという中で、救急医療を維持するために早急な対応が必要やと。それはそうやねえ。 もっと読む
2018-06-14 土岐市議会 平成30年第3回 定例会-06月14日−03号 昔は葬儀場もなくて、お寺さんが中心でしたけど、需要があったということで公設でつくったわけでございますが、現在、民間の施設が充実してきたということは、行政としてはある一定の役割が終わったかなというような感じがあります。   もっと読む
2018-06-13 土岐市議会 平成30年第3回 定例会-06月13日−02号 また、需要があれば考えていただきたいなと思っております。  省エネと言えば我慢というストイックな印象を持たれる方が多いようですが、行政においても、恐らく市民に我慢を強いてはいけないとのお考えがあるのではないか、それで二の足を踏んでおられるのかなあともお察しするわけでございますが、省エネのイメージを変える必要があると思います。 もっと読む
2018-06-13 関市議会 平成30年第2回定例会会議録-06月13日−08号 消防救急無線は、平成15年10月、電波法関係審査基準の一部改正により、平成28年5月31日までに従来のアナログ方式からデジタル方式に移行することが定められ、全国の自治体において、デジタル無線の整備が進められてまいりました。   中濃消防組合では、平成25年度に沖電気工業株式会社製のデジタル無線機器を整備し、運用しているところでございます。    もっと読む
2018-06-13 中津川市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月13日−02号 内容といたしましては、マニュアルでありますとか、避難所内に設置する標識類一式、それから細かいものでは軍手でありますとか、電源のタップでありますとか、筆記用具、それからメガホン、懐中電灯、救急用の救急資材、あるいはシート、そういったものがセットになっているものでございます。 ○議長(大堀寿延君) 11番・田口文数君。 ◆11番(田口文数君) わかりました。 もっと読む
2018-06-07 可児市議会 平成30年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-06-07 非常に寂しい限りなんですが、そういう現実を踏まえて、さて一歩を踏み出そうとしたら、たまたま運よくこういう集団ができたということで、ありがたいことだと思いますが、ただ、今、その持ち主にいろんな予定しているサービスを案内するということですが、私が一番お願いしたいのは、今度、学生の需要が出てくるよと、これが最前面に欲しいんですよ。チラシを見ると、全然そういう部分がうたっていないんです。 もっと読む
2018-03-28 土岐市議会 平成30年第1回 定例会-03月28日−04号 外来患者数は、非常勤職員での対応にめどがつき、支障がない体制が整いつつあり、前年度比1.8%増を見込んでいる旨の答弁があり、続いて、二次救急当番日が減り、入院患者も減る見込みであるが、時間外勤務手当が増加する理由はとの質疑がなされ、執行部から、二次救急当番に支給していた宿日直手当を労働基準監督署の是正勧告により、時間外勤務手当として支給することとした旨の答弁があり、続いて、一般会計からの繰入金が減額 もっと読む
2018-03-26 各務原市議会 平成30年第 1回定例会−03月26日-05号 市債については、前年度比4億9100万円の増加となっていますが、将来の行政需要に応えるべく起債するものです。将来世代まで相応の負担を求めることでもあり、世代間負担の公平性に寄与します。加えて、市債を活用し、レバレッジ効果を働かせ、適切な時期にインフラ整備を行うことにより、利用者である市民の効用が高まり、経済活動の活性化につなげるものである」との賛成討論がありました。   もっと読む
2018-03-15 各務原市議会 平成30年 3月15日民生消防常任委員会−03月15日-01号 救急業務高度化推進事業として、救急救命処置の円滑な遂行のため救急救命士養成所への派遣や、各種研修、東海中央病院に負担金を支出する経費でございます。AED設置事業では、消防本部が予算計上する100台のAEDのレンタル契約を継続する経費でございます。  次に、常備消防施設管理費の1億703万円は、消防庁舎や消防施設などの備品を、災害に備え、万全な体制に整えるための維持管理に要する経費でございます。 もっと読む
2018-03-14 関市議会 平成30年  3月 新年度予算特別委員会-03月14日−03号 前年度より15.3%の増となっておりますのは、可燃の中袋、この需要が大変伸びてきておるということで、大、中合わせまして50万枚、約1,900万円ほどの収入増を見込んでおるということによるものでございます。  次に、14款国庫支出金でございます。  1項2目衛生費国庫負担金の1節保健衛生費負担金でございますが、先ほど分担金のところで御説明をしました未熟児の養育医療費に係る国庫分でございます。   もっと読む
2018-03-13 瑞浪市議会 平成30年第1回定例会(第4号 3月13日) しかしながら、市民アンケートによる市民満足度など、市民の評価においては目標に達していない項目もあることから、行政需要、社会情勢の変化、更には新たな課題を後期5カ年の基本計画に反映させ、市民と行政の協働により、「幸せ実感都市 みずなみ」の実現に向け、しっかりと取り組んでいく所存でございます。   もっと読む
2018-03-12 瑞浪市議会 平成30年第1回定例会(第3号 3月12日) 2回目の検討会では、二次病院として救急医療体制を継続するための課題や両病院の連携や統合におけるメリット、デメリットについて、様々な視点・観点から具体的に整理し、評価していく必要性があること。  3回目では、将来的な方向性について、市民の視点及び病院経営の2つの視点から、診療科確保、病床確保、救急医療の確保の面で検討・評価した結果、「一病院化することが最も評価が高くなった」ことを確認しました。   もっと読む
2018-03-12 各務原市議会 平成30年第 1回定例会-03月12日-02号 先ほど合併算定がえの減の要因、影響による要因について御答弁をさせていただきましたが、それ以外にも、地方財政対策の伸び率による勘案であったりとか、あるいは基準財政需要額と基準財政収入額の変動要因などの影響も考慮する必要がございますので、一概に公債費の視点だけで捉えるということはできないというふうに思います。   (「議長、再質疑」と呼ぶ者あり) ○議長(川瀬勝秀君) 7番 杉山元則君。 もっと読む
2018-03-08 土岐市議会 平成30年第1回 定例会-03月08日−03号 団塊の世代が75歳を迎え、医療介護需要が最大化する2025年に向け、病床機能の分化、連携を進めるために、医療機能ごとに2025年の医療需要と病床の必要量、いわゆる目指すべき医療供給体制を推計いたしまして、それを実現するための施策等を定めたものでございます。 ○議長(加藤辰亥君) 5番 和田悦子君。 ◆5番(和田悦子君) ありがとうございました。  私も調べてみました。ちょっと発表させてください。 もっと読む
2018-03-07 土岐市議会 平成30年第1回 定例会-03月07日−02号 東濃地方の中核的病院としての役割に鑑み、市民ニーズ、医療需要の動向を踏まえ、総合病院の医療提供体制を維持・発展させることは極めて今日的に重要な政治課題であると思い、一般質問をさせていただきます。  最初の総合病院の開設者の権限・責任と病院長の権限・責任の明確についてであります。  病院経営の人事、予算等の権限及び経営責任は誰にあるのか。また、その根拠法は何か。改めてご見解をお伺いいたします。 もっと読む