1435件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

各務原市議会 2019-03-26 平成31年第 1回定例会−03月26日-05号

また、市道各378号線道路改良事業は、(仮称)各務山工業団地開発に伴うアクセス道路であり、同地区における南北交通の軸となる主要道路の設計である。そのほか主要道路の整備、改良など市内各所でも順調に工事が進み、交通利便性の向上が図られている。

可児市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 開催日:2019-03-22

次に、議案第2号 平成31年度可児市国民健康保険事業特別会計予算について、議案第5号 平成31年度可児市自家用工業用水道事業特別会計予算についてから議案第14号 平成31年度可児市下水道事業会計予算について及び議案第15号から議案第19号までの平成30年度の各会計補正予算の16議案について、採決の結果、適正と認め、全会一致で原案を可決すべきものと決定いたしました。  

恵那市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第4号 3月20日)

主要市道道路整備事業費が大きく増額されているが、内容と財源内訳はとの質疑には、33年3月完成予定の恵那西工業団地への進入路関係で増額している。社会資本整備交付金と合併特例債を財源としているとの答弁がありました。  

恵那市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第3号 3月13日)

公園が欲しいと言った、私の近くの60代の女性は、名古屋のほうに孫の面倒に行ったときには、どこの場所にも、団地ごとに公園があって、そして子どもたちがいつもそこで遊ぶ場面を見ていたと。しかし、なかなかそういう場面が、そこにはないと。ぜひ、検討してほしいということがありましたので、お聞きします。  子どもたちが遊べる、親子で楽しい時間が持てる公園について、何公園あるか、詳しく教えてください。

各務原市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会−03月12日-03号

その後、平成31年2月8日の新庁舎建設調査特別委員会において、一般財団法人岐阜県建築工業会から、岐阜県内本店業者と各務原市内本店業者による共同企業体にて発注することについての要望、各務原市建築工業組合からは、各務原市内に本店のある地元業者で2者もしくは3者が共同企業体に参加できることについての要望があり、本市として、これらの要望事項を踏まえ、入札方式の再検討を考えているとの説明がありましたが、ここで

各務原市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会−03月11日-02号

市道各378号線や工業団地が完成すると、通勤の車などと一緒に土砂運搬トラックが、この道路を利用することが考えられます。またスポーツ広場前の道路は通学路であり、交差点の信号機、横断歩道など安全対策は地元から要望されていますが、予測される交通量が基準より少ないと公安委員会は信号機の設置をしないと思われます。

可児市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第1日) 本文 開催日:2019-02-26

また、本市は、可児工業団地を初めとして、二野地区と柿田地区に工業団地を有しており、製造業を中心に発展してまいりました。さらなる将来への投資として、東海環状自動車道可児御嵩インターチェンジ隣接地に優良な企業を誘致し、積極的な産業振興を図り、今後の税収確保を目指して、まずは調査等から進めてまいります。  

瑞浪市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第2号 2月26日)

制定趣旨は、全て空き住棟となった浄円団地を用途廃止すること、あわせて、入居可能な戸数と条例上の戸数が乖離しているため、市営住宅の一覧表を見直すものであります。  改正内容は、新旧対照表のとおり、市営住宅の一覧表中、浄円団地の項及び戸数の欄を削除するための所要の改正です。  議案集20ページをご覧ください。  附則において、本条例の施行日を公布の日からとしています。  

各務原市議会 2018-12-21 平成30年第 4回定例会−12月21日-04号

市は、各務山の大部分の約100ヘクタールに工業系土地開発計画を盛り込んだ広大な構想を発表し、その後、工場誘致のための土地開発について地権者や住民に説明をしたものの、文教地区であることや環境の変化等に疑問や不安が出され、合意を得るに至っていません。  

可児市議会 2018-12-20 平成30年第5回定例会(第4日) 本文 開催日:2018-12-20

市立保育園改修事業及び私立幼稚園改修事業は繰越明許とし、可児御嵩インターチェンジ隣接工業団地開発事業は債務負担行為としている。この違いは何かとの質疑に対して、複数年度にわたる契約行為をする手続には、債務負担行為、繰越明許費がある。最初から2カ年以上にわたる契約をする予定の場合は、債務負担行為を設定するのが通常であり、何らかの理由で当初年度内に終わる予定が翌年度までかかる場合を繰越明許費とする。

各務原市議会 2018-12-19 平成30年12月19日建設水道常任委員会−12月19日-01号

6月、各務山の大部分を工業系土地利用のための土地開発計画を盛り込んだ、広大な構想を発表しました。その後、市は工業系土地開発についての住民の合意を得られる説明も果たさず、各務山平地部分の土地取得については市土地開発公社の単独事業と位置づけ、本会議でも、あたかも市が関与していないかのような答弁をされています。  

各務原市議会 2018-12-13 平成30年第 4回定例会−12月13日-03号

工業団地に関しては少なくとも20メーターというのが必要ではないですかということで、この各務山工業団地に関しては13メーターなんで、20メーターまでに上げる必要はないですか。このとおりです。   (「議長、再反問」と呼ぶ者あり) ○議長(川瀬勝秀君) 都市建設部長 服部隆君。

各務原市議会 2018-12-12 平成30年第 4回定例会-12月12日-02号

本市の人口は、昭和40年代から50年代後半にかけて行われた住宅団地の造成などにより、急激に増加をいたしました。平成に入っても増加は続きましたが、その伸びは緩やかになり、平成27年、これ2015年になりますけれども、このときの国勢調査では14万4,690人と初めて減少に転じたところであります。  

瑞浪市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2号12月10日)

自分を初め皆さんは、三重県四日市市は石油化学コンビナートを初めとする工業都市であることと、昭和40年前半でこれに伴った公害の町で会ったことが記憶に残っておると私は思います。  皆さんは、この四日市市の観光資源となるものとなると、何が脳裏に浮かぶものがありますか。  観光資源は何かなと言うと、やはり公害としか出てこないんじゃないかなという気があるんですけど、なかなか思いつかないのが現状でございます。

可児市議会 2018-12-04 平成30年第5回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-12-04

なぜかというと、私が市長になったときに、企業が全く入っていない団地が2つ、そして可児工業団地も幾つか、空ではないんだけれども操業していないところもあったんで、せっかく非常にいいところに工業団地がありながら企業が来てないと。ここにいい企業が来れば、当然労働者も来て人口がふえると、これが可児市の場合は最も有効ということでやってまいりました。

恵那市議会 2018-11-29 平成30年第4回定例会(第2号11月29日)

契約の目的は、恵那西工業団地に隣接する普通河川北山川改修工事に係る工事請負契約でございます。  工事場所は、三郷町野井及び武並町竹折地内でございまして、工期は平成32年1月末までを予定しております。  契約の金額は1億5,530万4,000円でございます。  工事概要は、施行延長525メートルで、流路工及び床固め工が主なものでございます。  

岐阜市議会 2018-11-05 平成30年第5回(11月)定例会(第5日目) 本文

さらに、芥見の棚橋工業、藪田のアルミック、あるいは、加納富士町にありました秋田屋の本店、これは本巣市に移っています。新日本金属が矢倉町にあったのが本巣市、岐阜セラツク製造所が大野町、ギフ加藤製作所が大野町、先ほど言いました今回発表されました岐阜多田精機が山県市、ちょっと見てみても、こういった会社が既に工場を市外へ移した。いわゆる市外へ流出したわけであります。  

恵那市議会 2018-09-28 平成30年第3回定例会(第4号 9月28日)

森林保全促進事業費の市有林の間伐について、3,847万円が支出されているが、費用の内訳はとの質疑には、搬出間伐は4団地で57.86ヘクタールを伐採・集材し、その経費が2,168万5,000円で、それに伴う運搬する経費が1,256立方メートルで743万9,000円となった。