1769件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

可児市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 開催日:2019-03-22

安倍内閣が強行したことはもう一つ、外国労働者の受け入れ拡大の問題がございます。この外国労働者の受け入れ拡大は、新年度、2019年度4月から開始されるわけでありますが、労働条件の改善の課題や新設されるいわゆる特定技能枠で働く外国への就労条件の説明など、こうした点では、現状でさえ多くの課題を残しておるのが今のありようです。  

恵那市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第4号 3月20日)

市内の犯罪被害者が、今、どのような現状かとの質疑には、恵那市では、犯罪被害に係る相談は29年度以降のデータではない。県内では、岐阜犯罪被害者支援センターが行っている支援活動において、平成29年度の相談件数は333件、殺人、傷害致死、暴行、傷害等の被害報告件数が488件となっているとの答弁がありました。  討論はなく、採決の結果、全会一致で議第2号は原案のとおり可決すべきものと決しました。  

大垣市議会 2019-03-19 平成31年企画総務委員会 本文 2019-03-19

65ページの7賃金464万円は消費生活相談員賃金6分で、消費生活相談窓口を毎週月曜日から金曜日まで常時2体制で開設するものでございます。8報償費136万3,000円は、行政、法律などの専門知識を持つ相談員への謝礼等でございます。18備品購入費122万7,000円には、事務連絡用自動車1台の購入費120万円などを計上いたしております。

各務原市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会−03月12日-03号

外国児童生徒の支援について。  入管難民法改正を受け、今後、外国労働者の受け入れ拡大が進む中、製造業が盛んな本市においては外国市民がふえていくことが予想されます。当然御家族、子どもたちもふえていくことが予想されますので、今回は外国児童生徒の支援について考えてみたいと思います。  各務原市の外国市民の数は平成30年9月には3000を超え、全人口の2.1%となっています。

各務原市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会−03月11日-02号

まず1つは、後見制度の利用の判断や申し立て支援などを行う相談・利用支援、2つ目は、後見業務を開始した後、相談や助言を行う後見人等への活動支援、3つ目は、後見制度を市民の方や関係機関に広くお知らせをし、利用を促進する広報・啓発でございます。2の職員は、その業務を行うということでございます。   (「議長、再質疑」と呼ぶ者あり) ○議長(足立孝夫君) 17番 波多野こうめ君。

可児市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第1日) 本文 開催日:2019-02-26

国の推計によると、2015年(平成27年)国勢調査による日本の人口は、1億2,709万であったものが、2053年には1億を割り、2015年から50年後の2065年では、8,808万まで減少すると推計されています。また、65歳以上の老年人口割合、いわゆる高齢化率は、2015年では26.6%であったものが、2065年には38.4%に増加すると推計されております。

恵那市議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第1号 2月22日)

この条例は、既定の特殊勤務手当に新たに外国勤務手当を追加するため、この条例を定めるものです。  別冊の恵那市改正条例議案の概要22ページをお願いいたします。第2条第1項に新たに第5号として「外国勤務手当」を追加し、その内訳として、在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律に規定する在勤手当を参酌して、在勤基本手当、住居手当及び子女教育手当を定めるものです。  

各務原市議会 2018-12-13 平成30年第 4回定例会−12月13日-03号

特に濃尾バスのデータでは、高山、白川郷、金沢線では約9割が訪日外国旅行者、いわゆるインバウンドとなっています。外国団体貸し切りバスがイオンモール各務原にとまっているのを見かけます。格安航空で関西空港から入国し、高山、白川郷、金沢などを周遊するツアーです。高速道路のインターチェンジをおりて、すぐに大型商業施設がある各務原は便利なので、買い物のために立ち寄って利用しているとのことです。  

各務原市議会 2018-12-12 平成30年第 4回定例会-12月12日-02号

そのほかにも人事評価に伴う年2回の所属長による期首・期末面談などを実施しておりますが、こうした取り組みを通じて職員一の仕事に対する考えや満足度の把握に努め、必要に応じて個別面談や健康相談などを実施しながら、適正な職員配置や働きやすい職場環境づくりに生かしてきております。  

中津川市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月07日−02号

外国の方も異国の地に来て、わからないことばかりだと想像されます。外国からの問い合わせや相談はあるかお伺いします。 ○議長(大堀寿延君) 生活環境部長・坪井 透君。 ◎生活環境部長(坪井透君) 生活を始められてから、市役所の各担当部署にさまざまな問い合わせや相談がございます。多岐にわたる相談をいただいておりますので、その一部をご紹介させていただきます。  

恵那市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第3号12月 6日)

恵那市では、4本柱の社会性を育む挨拶、本に親しむ読み聞かせ、外国の文化や言語に触れ合う活動、自然環境に恵まれた園ごとの創造性のある特色ある活動、これを進めていきたいと考えております。以上です。 ○議長(後藤康司君) 水野功教君。

可児市議会 2018-12-05 平成30年第5回定例会(第3日) 本文 開催日:2018-12-05

まず第1問目ですけれども、外国籍市民に対する防災の取り組みです。  言うまでもありませんけれども、当市はフィリピン、ブラジル国籍を初めとしまして約7,000外国籍市民が存在いたします。全国でも有数の外国籍市民の集住都市であり、人口の約6.5%は外国籍市民ということになります。外国籍市民の中には、自治会などに加入していない世帯もあり、災害時の避難のあり方など周知されていない可能性があります。

可児市議会 2018-12-04 平成30年第5回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-12-04

日本は外国の受け入れにもともと厳しい国であったのに、日本政府は人手不足の解消のため、出入国管理法、いわゆる入管法を1990年に改正し、新たな在留資格をつくりました。可児市においても、出稼ぎ就労目的の日系ブラジルがふえ、家族、子供を呼び寄せてさらに在住外国の人口は増加をしました。東南アジア系の外国が今ふえております。フィリピンを初めとしまして。

中津川市議会 2018-11-28 平成30年 12月 定例会(第5回)-11月28日−01号

地歌舞伎のせりふは電光表示により同時通訳がなされ、外国の方たちに地歌舞伎の内容が伝わるよう工夫がされておりました。何より加子母歌舞伎保存会の皆さんの熱演と関係者の皆さんが稽古の成果を十分に発揮されたことにより、公演は26日、27日の両日とも大成功をおさめることができました。

岐阜市議会 2018-11-05 平成30年第5回(11月)定例会(第5日目) 本文

近年、高齢化により運転免許証を返上したり、自動車を手放すが年々増加をいたしております。これにより通院や買い物に困っているも多くあります。いわゆる買い物難民という言葉も聞かれる昨今でありますが、こうしたたちは、バスなどの公共交通を利用することになります。  

岐阜市議会 2018-11-04 平成30年第5回(11月)定例会(第4日目) 本文

国会での議論を見る限り課題や疑問が多くある中、法制定を急ぐ動きに大きな違和感を覚えるのは世論調査から見ても私1ではないというふうに思いますが、現実として国内では、ことし1月時点で249万を超す外国が生活をし、報道等で見る限り既に住民の半数以上が外国という団地もあるということであります。

土岐市議会 2018-09-28 平成30年第4回 定例会-09月28日−04号

陶芸体験アトリエときの利用者は440あり、昨年より増加している旨の答弁があり、続いて、給食センター費の蒸気設備整備工事について、今後また七、八年で故障する心配はないのかとの質疑がなされ、執行部から、地下ピット内の点検を業務委託するとともに、温度計を設置しチェックも行っており、対策を講じている旨の答弁があり、続いて、外国英語指導助手招致事業について、指導助手が3体制となったことによる効果はとの質疑

各務原市議会 2018-09-28 平成30年第 3回定例会−09月28日-04号

「エリア担当職員配置への相談が3倍ぐらいにふえているが、ふえた要因とその内容は」との質疑に、「自治会を初め、地域の中でエリア担当職員の存在が定着してきて気軽に相談いただける体制になってきた。相談内容は、道路の維持とか補修、あるいは公園の管理、近隣の空き地の草の問題とか、樹木の繁茂の問題とか、そういった相談が多い」との答弁。