運営者 Bitlet 姉妹サービス
35件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2012-03-16 多治見市議会 平成24年  3月 定例会(第2回)-03月16日−04号 世界の動きは今、橋下大阪市長のブレーンである堺屋太一さんの持論でありました成熟化した社会への取り組みの必要性を求めていると考えます。世界の各国が、それぞれの文化や歴史を生かして、それぞれの国民の納得できる生活を成り立たせる。それぞれの国の内需を大切にし、そこに生まれる個性のある欲しいと思える商品により世界が交流する。そんな時代に向き合うことが、日本の生きる道であることが示され始めました。   もっと読む
2008-07-23 高山市議会 平成20年 文教経済委員会-07月23日−05号 それから、堺屋太一さんが2020年の日本を予測した本の中でも言ってみえますけど、やっぱり過疎地でも、どこを残して、どこは終末を迎えさせてやるんだというような意識もないと、すべての過疎地でも中心市街地でも同時並行的に人口は減少してしまうんだから、そういう政策の目をこれから持つべきやということが書いておみえになりましたけど、そういうことがこれから必要なのかなというふうに感じております。   もっと読む
2007-06-22 各務原市議会 平成19年第 3回定例会−06月22日-03号 「団塊の世代」を命名した作家で元経済企画庁長官の堺屋太一氏は、団塊の世代イコール黄金の10年が始まるとし、団塊社会を取り巻く社会の構造や定年退職を迎えた後の生活を充実させるコツなど、また、今後の社会経済についても、団塊世代など高齢の新しい労働者を上手に活用していく会社が2010年代の勝ち組になるとも述べております。   もっと読む
2006-06-14 可児市議会 平成18年第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2006.06.14 堺屋太一さんなんかも、この「団塊の世代」の名付け親なんですけれども、その方が、今までお勤めの方が、例えば名古屋に行ってお勤めだったら、名古屋で職場の同僚と一杯飲んでくる。これが退職すると、地元でそういう機会がつくれるかとなると、なかなかそういう今までの勤め人の交わりというのがなくなるもんですから、できないけれども、3分の1となったとしても、地元でそういう消費が行われる。 もっと読む
2006-06-14 可児市議会 平成18年第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2006-06-14 堺屋太一さんなんかも、この「団塊の世代」の名付け親なんですけれども、その方が、今までお勤めの方が、例えば名古屋に行ってお勤めだったら、名古屋で職場の同僚と一杯飲んでくる。これが退職すると、地元でそういう機会がつくれるかとなると、なかなかそういう今までの勤め人の交わりというのがなくなるもんですから、できないけれども、3分の1となったとしても、地元でそういう消費が行われる。 もっと読む
2006-02-28 各務原市議会 平成18年第 1回定例会-02月28日-01号 かつてダニエル・ベルは「脱工業化社会」と言い、堺屋太一氏は「知価社会」へと予測し、最近では一般的に「知識社会」と表現されていますが、私の言葉を使えば、「文化・芸術化時代」であります。つまり、文化力、文化創造力が、よりよき人生と経済、そして都市を成長させる原動力になると言えましょう。   もっと読む
2006-02-28 各務原市議会 平成18年第 1回定例会-02月28日-01号 かつてダニエル・ベルは「脱工業化社会」と言い、堺屋太一氏は「知価社会」へと予測し、最近では一般的に「知識社会」と表現されていますが、私の言葉を使えば、「文化・芸術化時代」であります。つまり、文化力、文化創造力が、よりよき人生と経済、そして都市を成長させる原動力になると言えましょう。   もっと読む
2005-05-16 各務原市議会 平成17年第 3回臨時会−05月16日-01号 その時代潮流をずっと、未来を透かして見ますと、明らかに「知価社会」、これは堺屋太一の言葉でございますが、ほかの学者は「知識社会」の到来と呼んでおります。私もそのとおりだと思いますね。それをまた別の言葉で言いますと「文化」ということだと思います。 もっと読む
2005-05-16 各務原市議会 平成17年第 3回臨時会−05月16日-01号 その時代潮流をずっと、未来を透かして見ますと、明らかに「知価社会」、これは堺屋太一の言葉でございますが、ほかの学者は「知識社会」の到来と呼んでおります。私もそのとおりだと思いますね。それをまた別の言葉で言いますと「文化」ということだと思います。 もっと読む
2005-03-16 各務原市議会 平成17年第 2回定例会−03月16日-02号 堺屋太一さんは、それは知価社会とおっしゃいました。私の言葉を使うと、文化・芸術化情報社会に突入しています。もう20年前から突入している。人々の気風、人々の需要はそうです。生産活動は、それに日本はついていかない、ここに現在の平成不況と呼ばれる一番の原因があると私は思っている次第でございます。したがって、そういうことでございますから、都市各務原市は国を待っておってはおくれます。 もっと読む
2005-03-16 各務原市議会 平成17年第 2回定例会−03月16日-02号 堺屋太一さんは、それは知価社会とおっしゃいました。私の言葉を使うと、文化・芸術化情報社会に突入しています。もう20年前から突入している。人々の気風、人々の需要はそうです。生産活動は、それに日本はついていかない、ここに現在の平成不況と呼ばれる一番の原因があると私は思っている次第でございます。したがって、そういうことでございますから、都市各務原市は国を待っておってはおくれます。 もっと読む
2005-03-07 各務原市議会 平成17年第 2回定例会-03月07日-01号 これを、約30年前、あのダニエル・ベルは「脱工業化社会」の到来と見抜き、堺屋太一氏は「知価社会」と言いました。  文明史は明らかに農業化社会から工業化社会へ、そして既に脱工業化社会、あるいは知価社会、あるいは文化・芸術化情報社会へ移行しています。  世界一の工業化社会日本、その産業構造の変遷を就業構造で見てみますと一目瞭然であります。 もっと読む
2005-03-07 各務原市議会 平成17年第 2回定例会-03月07日-01号 これを、約30年前、あのダニエル・ベルは「脱工業化社会」の到来と見抜き、堺屋太一氏は「知価社会」と言いました。  文明史は明らかに農業化社会から工業化社会へ、そして既に脱工業化社会、あるいは知価社会、あるいは文化・芸術化情報社会へ移行しています。  世界一の工業化社会日本、その産業構造の変遷を就業構造で見てみますと一目瞭然であります。 もっと読む
2004-12-06 各務原市議会 平成16年第 4回定例会-12月06日-02号 前大臣の堺屋太一さんは、今から20数年前に「知価社会」ということをおっしゃった。世界でこの書は、今ベストセラーになっています。あるいは、1970年前後にダニエル・ベルという有名なアメリカの社会学者は「脱工業化社会」ということを申しました。そのいずれも正確な、人々にわかりやすい説明が私の頭では感じられません。 もっと読む
2004-12-06 各務原市議会 平成16年第 4回定例会-12月06日-02号 前大臣の堺屋太一さんは、今から20数年前に「知価社会」ということをおっしゃった。世界でこの書は、今ベストセラーになっています。あるいは、1970年前後にダニエル・ベルという有名なアメリカの社会学者は「脱工業化社会」ということを申しました。そのいずれも正確な、人々にわかりやすい説明が私の頭では感じられません。 もっと読む
2004-09-21 各務原市議会 平成16年第 3回定例会-09月21日-02号 そういう新しい時代、新しい社会を、仮に、かつてダニエル・ベルがおっしゃったように脱工業化社会、あるいは堺屋太一さんがおっしゃったような知価社会と呼びますならば、工業化社会から脱工業化社会、あるいは知価社会へ大きくぐっと面かじが切りかわっているのが、私はバブルがはじけてから今日までの15年前後の社会状況であると思います。  新しい時代は新しい統治形態を必要といたします。 もっと読む
2004-09-21 各務原市議会 平成16年第 3回定例会-09月21日-02号 そういう新しい時代、新しい社会を、仮に、かつてダニエル・ベルがおっしゃったように脱工業化社会、あるいは堺屋太一さんがおっしゃったような知価社会と呼びますならば、工業化社会から脱工業化社会、あるいは知価社会へ大きくぐっと面かじが切りかわっているのが、私はバブルがはじけてから今日までの15年前後の社会状況であると思います。  新しい時代は新しい統治形態を必要といたします。 もっと読む
2003-12-08 各務原市議会 平成15年第 5回定例会−12月08日-02号 元経済企画庁長官の堺屋太一さんの最近の著書の中で、「20世紀を生きてきた我々が想像もしなかった別の時代がやってきた。国家や企業・地域・家族が、これまでつくり上げてきた組織や価値観が崩壊し始めた」と述べておられます。そして、「日本は今、何をなすべきか」と4点ほど挙げておられます。  1番目に「時代が変わった。 もっと読む
2003-12-08 各務原市議会 平成15年第 5回定例会−12月08日-02号 元経済企画庁長官の堺屋太一さんの最近の著書の中で、「20世紀を生きてきた我々が想像もしなかった別の時代がやってきた。国家や企業・地域・家族が、これまでつくり上げてきた組織や価値観が崩壊し始めた」と述べておられます。そして、「日本は今、何をなすべきか」と4点ほど挙げておられます。  1番目に「時代が変わった。 もっと読む
2003-06-13 可児市議会 平成15年第3回定例会(第4日) 本文 開催日:2003-06-13 講演会は、作家で元経済企画庁長官の堺屋太一氏を講師に迎えて行われました。  その中で堺屋氏は、日本の現状について、日本は今や経済、治安、教育などすべて悪くなってきている。日本が世界で生き残るにはこれまでと違う体制と考え方の改革こそが急務と分析し、改革のポイントは、東京一極集中に伴う官僚主義、規格文明、対面情報社会を変えることであると強調されました。 もっと読む
  • 1
  • 2