運営者 Bitlet 姉妹サービス
792件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-11-04 岐阜市議会 平成30年第5回(11月)定例会(第4日目) 本文 しかし、日本を含めた世界各地のスポーツの現場で、子どもへの暴力や虐待、行き過ぎた指導が散見され、その実態が明らかになっています。こうした現状への危機感から、日本ユニセフ協会は11月20日、体罰や過度な練習など、スポーツと子どもをめぐる課題解決への初めての行動指針となる子どもの権利とスポーツの原則を発表しました。子どもの権利尊重や健康への配慮、そのための体制整備など、10の原則をまとめたものです。 もっと読む
2018-09-18 関市議会 平成30年第3回定例会会議録-09月18日−15号 この事業は、ふれあいセンターの児童室に児童指導員を週に1回派遣いたしまして、親子の集いの場づくりや育児相談などを行いまして、地域委員会とともに子育て支援を行うものでございます。    もっと読む
2018-09-10 瑞浪市議会 平成30年第3回定例会(第2号 9月10日) 例えば、児童館や公園などの遊び場の整備。自然豊かな子育ての環境。各家庭への経済支援。育児の悩みを相談できる場所があること。子どもを安心して預けることができること。急な病気や用事のときに預かってもらえることなど、多岐にわたってあります。  来年に迫る幼児教育の無償化や大企業の進出などにより、子どもの数の増加が考えられます。  まず、現状の確認からさせていただきたいと思います。   もっと読む
2018-06-13 関市議会 平成30年第2回定例会会議録-06月13日−08号 5年後、10年後の児童生徒の減少を考えますと、どの学校も、そのあり方について検討をする状況でございます。実際に学校の将来像につきまして、学校長と教育委員会が意見を重ねております。特に児童数が減少し、文部科学省の言います小学校の過小規模校の定義であります5学級以下の小学校につきましては、現在のところ、板取小、寺尾小、武儀西小、上之保小の4校でございます。 もっと読む
2018-03-15 各務原市議会 平成30年 3月15日民生消防常任委員会−03月15日-01号 3項委託金、2目民生費委託金2481万2000円のうち、1節児童福祉費委託金43万5000円は、特別児童扶養手当の支給事務に関する委託金でございます。  続きまして、74ページ、75ページをごらんください。   もっと読む
2018-03-08 岐阜市議会 平成30年第1回(3月)定例会(第8日目) 本文 あわせて、家庭児童相談支援では、児童虐待に対する医療機関との連携状況を確認されたところであります。   もっと読む
2018-03-08 関市議会 平成30年  3月 総務厚生委員会-03月08日−01号 それでは、議案第6号、関市留守家庭児童教室条例の一部改正について御説明申し上げます。  議案書の23ページをお願いいたします。  議案第6号、関市留守家庭児童教室条例の一部改正について。  関市留守家庭児童教室条例の一部を改正する条例を次のとおり制定するものとする。   もっと読む
2018-03-07 土岐市議会 平成30年第1回 定例会-03月07日−02号 また、電源立地対策交付金は、当初の予定では2019年度までとなっており、この辺がちょっと違っていたら訂正いただきたいんですけれども、今年度予算では児童福祉費、清掃費、消防費で合計3億4,168万円が計上されております。  予定どおりだと、平成31年度までやね、多分31年までやね。2019年度、その後はなくなります。ちょっと間違っておったら訂正をお願いいたします。   もっと読む
2018-03-02 可児市議会 平成30年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-03-02 配偶者からの暴力、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者の方は、申し出によって、住民票の写し等の交付等を制限することができます。 もっと読む
2018-02-28 関市議会 平成30年第1回定例会会議録-02月28日−02号 ウにつきまして、待機児童の状況についてお聞かせを願いたいと思います。   子育て支援では、所得関係なく、第2子は半額で、第3子は無料ということで、子どもを持たれる親さんにとっては、大変ありがたいことであります。   2月20日の新聞の報道によりますと、希望する許可保育所に入れずに、待機児童にも集計されない潜在的な待機児童が県内でも増加しておるということでございます。    もっと読む
2018-01-23 高山市議会 平成30年 福祉文教委員会-01月23日−01号 これは28年度におきます児童生徒の肥満度でございまして、括弧内の数字はパーセントでございます。  小学校では、男子、女子ともに、肥満度20%以上が県平均よりもやや高い状況にございます。中学校では、男子は肥満度20%以上が県平均よりも低く、女子は肥満度20%以上が県平均よりも高いといった状況にございます。  次、7ページの別紙5をごらんください。  これは小中学校の歯科検診の結果でございます。   もっと読む
2017-12-13 各務原市議会 平成29年第 5回定例会−12月13日-02号 本市では、3歳以上の児童は市内全体の受け入れ可能数に余裕があり、待機児童発生の懸念がないことから、入所の継続を認めております。  一方、3歳未満の児童は受け入れ可能人数に余裕がなく、受け入れた場合、保護者の就労等の理由による保育の必要性の高い児童が入所できないという可能性があることから、今のところ継続は認めておりません。  現在、国では待機児童解消のためさまざまな制度改正が行われています。 もっと読む
2017-12-13 各務原市議会 平成29年第 5回定例会−12月13日-02号 本市では、3歳以上の児童は市内全体の受け入れ可能数に余裕があり、待機児童発生の懸念がないことから、入所の継続を認めております。  一方、3歳未満の児童は受け入れ可能人数に余裕がなく、受け入れた場合、保護者の就労等の理由による保育の必要性の高い児童が入所できないという可能性があることから、今のところ継続は認めておりません。  現在、国では待機児童解消のためさまざまな制度改正が行われています。 もっと読む
2017-12-11 羽島市議会 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月11日−03号 今年度は、通学路上の危険箇所について、児童がみずから調べ上げ、地図上にまとめるというマップづくりを実施されたかと存じます。その取り組みの成果としては、児童や保護者、学校関係者が通学路上の危険個所を把握し、共有することができたのではないかと思います。  その一方で、ある保護者から通学路の変更を求める提案もいただきました。 もっと読む
2017-12-08 土岐市議会 平成29年第5回 定例会-12月08日−03号 ◎市民部長(酒井幸昌君) 先ほども言いましたけれども、今般の児童福祉法の改正につきましては、個人の権利を明確にするということをうたっております。そういった理念の明確化のほかに、例えば児童虐待の発生予防、発生時の迅速的かつ的確な対応、そういった被虐待児童への自立支援などが盛り込まれておりまして、子供本位の制度として見直しがされておりますので、よろしくお願いいたします。 もっと読む
2017-12-07 土岐市議会 平成29年第5回 定例会-12月07日−02号 1つ目に、病状の出ている児童を対象にした病児対応。2つ目に、病状がおさまっても完治していない児童を対象とした病後児対応。3つ目に、保育中に微熱などの体調不良になった場合、引き続きその保育所で対応をする体調不良児対応です。  現在、県内の病児・病後児保育施設は、25の市町村に36の施設があり、広域連携による対応が13市町、未実施が4市町村あります。 もっと読む
2017-12-06 可児市議会 平成29年第5回定例会(第3日) 本文 開催日:2017-12-06 3つ目に、学用品費、給食費などの一部を援助する要保護及び準要保護児童生徒就学援助のうち、ひとり親家庭であるということが明らかな児童・生徒数は平成28年度409人となっております。  4つ目に、専門的な資格取得を支援する高等職業訓練促進給付金、平成28年度はひとり親の方10人に支給しており、その子供の数は13人となっております。   もっと読む
2017-12-05 可児市議会 平成29年第5回定例会(第2日) 本文 開催日:2017-12-05 市区町村における児童虐待対応業務は、児童虐待に関する通告から始まります。通告を受け、虐待事実の調査、家族背景、児童の状況等の調査が行われることになります。調査は、子供と子供を取り巻くさまざまな環境、つまり保護者の状況、家族関係、家族力動、子供の状況等に関する課題分析が必要であります。 もっと読む
2017-09-27 各務原市議会 平成29年第 3回定例会-09月27日-04号 「27年度に比べて増額となっているが、どう分析しているのか」との質疑に、「利用児童数が非常に増加していることに伴い、補助員、支援員や消耗品等の運営費が増額したもの。ただし、利用者から徴収する利用料や国・県の交付金も増額となっているので、事業全体の歳出から歳入を引いた額は若干減ったという形になっている」との答弁。   もっと読む
2017-09-27 各務原市議会 平成29年第 3回定例会-09月27日-04号 「27年度に比べて増額となっているが、どう分析しているのか」との質疑に、「利用児童数が非常に増加していることに伴い、補助員、支援員や消耗品等の運営費が増額したもの。ただし、利用者から徴収する利用料や国・県の交付金も増額となっているので、事業全体の歳出から歳入を引いた額は若干減ったという形になっている」との答弁。   もっと読む