運営者 Bitlet 姉妹サービス
135件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-11-05 岐阜市議会 平成30年第5回(11月)定例会(第5日目) 本文 また、路線バスの運賃などについてでありますが、路線バスの運賃は、利用する距離に応じて必要となる運行経費に対し適切な運賃を国が事業者ごとに認可をしており、市内のバス運賃もこうした基準により算定をされております。また、昨今、バス運転手不足が深刻化をしており、これを背景とした人件費の上昇や燃料費の高騰などにより、運行経費は年々上昇傾向が続いております。   もっと読む
2018-11-04 岐阜市議会 平成30年第5回(11月)定例会(第4日目) 本文 次に、コミュニティバスなど公共交通はあっても多くの利用者が見込めない、集落が点在している、目的施設が限られているような地区は、同じ岐阜市であっても運賃や運行本数に差があり、これに起因して、利用者が大変不便を感じる、利用しにくい状況があります。   もっと読む
2018-03-07 土岐市議会 平成30年第1回 定例会-03月07日−02号 政府は、今国会に提出する予定の働き方改革関連法案におきまして、現在36協定の締結によって上限なく時間外労働が可能となっている状況を見直し、その見直しを計画しているというふうに伺っております。これによりまして、医師についても時間外労働の上限が適用されると。施行期日の5年後をめどに上限規制が適用となるというふうに聞いております。   もっと読む
2017-12-05 可児市議会 平成29年第5回定例会(第2日) 本文 開催日:2017-12-05 1つは居住支援で、工事費用の3分の1以内で上限100万円を助成する制度。 もっと読む
2017-09-25 恵那市議会 平成29年第3回定例会(第2号 9月25日) ○商工観光部長(小川智明君) 課題1つ目は、現在、利用者が減少しておりまして、これに伴い運賃収入が減少しています。これにより、市の負担額が増加しておりますので、利用者を増やしていかなければならないと、こういう課題がございます。  2つ目は、全国的な傾向でありますが、現在の好景気なことにより、交通事業者へのバスの乗務員の確保が非常に難しい状況になっております。こういう状況が課題であります。   もっと読む
2017-09-25 恵那市議会 平成29年第3回定例会(第2号 9月25日) ○商工観光部長(小川智明君) 課題1つ目は、現在、利用者が減少しておりまして、これに伴い運賃収入が減少しています。これにより、市の負担額が増加しておりますので、利用者を増やしていかなければならないと、こういう課題がございます。  2つ目は、全国的な傾向でありますが、現在の好景気なことにより、交通事業者へのバスの乗務員の確保が非常に難しい状況になっております。こういう状況が課題であります。   もっと読む
2017-09-04 岐阜市議会 平成29年第4回(9月)定例会(第4日目) 本文 そこでですね、上乗せ金額はどれだけになるのか、また、建設費の上限額は幾らに設定しておられるのか、この点についても聞いておきたいと思います。  入札不調によってですね、安易に建設費を上げることは断じてしてはならないと思います。先ほど申し上げましたように、いろいろこの高層庁舎に問題があります。 もっと読む
2017-06-15 関市議会 平成29年第2回定例会会議録-06月15日−09号 その中で、地域内バスの運賃の有料化があります。地域内バスは、地域の住民の皆様の足として、特に高齢者の方に助かっていると思います。この運賃の無料の経緯と有料化についてはどうか、お尋ねをさせていただきます。 ○副議長(幅永典君)    桜田企画部長、どうぞ。 もっと読む
2017-03-13 瑞浪市議会 平成29年第1回定例会(第3号 3月13日) しかし、これまでの介護保険給付と大きく異なる点は、事業費の上限が設定されることにあります。   もっと読む
2017-02-23 大垣市議会 平成29年議会運営委員会 本文 2017-02-23 奨学金額は、月額1万円で、4年間を上限といたします。次に、老人医療費支給事業の2億4,200万円につきましては、医療機関等での窓口負担が1割となるよう、高齢者を対象として、支給するものでございます。平成29年度は、70歳から73歳までの4年齢を対象といたします。 もっと読む
2016-12-12 関市議会 平成28年第4回定例会会議録-12月12日−18号 長良川鉄道では、65歳以上の方が運転免許経歴証明書を提示すると、証明書発行から2年間、運賃が半額になる制度がございます。また、岐阜バスでは本年10月1日から、高速バスなど一部の営業路線を除き、岐阜バス営業路線全線で運転免許経歴証明書を運転手に提示すれば、現金払いの人のみ半額にする取り組みを始め、市内では岐阜関線、高美線、倉知線、岐阜美濃線のほか、岐阜板取線について利用することができます。    もっと読む
2016-09-12 大垣市議会 平成28年第3回定例会(第2日) 本文 2016-09-12 ローカル鉄道活性化には、何よりも乗客をふやし、運賃収入を上げることが基本です。しかし一方で、駅や沿線に人が集まるような撮影スポットを開拓するのも大切だと思います。 もっと読む
2016-09-07 高山市議会 平成28年  9月 定例会(第4回)-09月07日−02号 経営を継承、または経営に参画した45歳未満の農業後継者に対して100万円を支給いたします農業後継者就農支援給付金、農業経営者を目指す新規就農者に対して年額150万円を限度に最長5年間支給します青年就農給付金など、新規就農者等育成支援事業や、第2子の保育料を軽減し、第3子以降の保育料を無料といたします保育料軽減事業、また、子育て家庭が新たに多世代同居するため住宅を新築、取得、改築する場合に100万円を上限 もっと読む
2016-09-07 高山市議会 平成28年  9月 定例会(第4回)-09月07日−02号 経営を継承、または経営に参画した45歳未満の農業後継者に対して100万円を支給いたします農業後継者就農支援給付金、農業経営者を目指す新規就農者に対して年額150万円を限度に最長5年間支給します青年就農給付金など、新規就農者等育成支援事業や、第2子の保育料を軽減し、第3子以降の保育料を無料といたします保育料軽減事業、また、子育て家庭が新たに多世代同居するため住宅を新築、取得、改築する場合に100万円を上限 もっと読む
2016-06-16 瑞浪市議会 平成28年第3回定例会(第2号 6月16日) デマンド型交通の運行内容につきましては、平日運行で、各ルート1日3往復、運賃は1乗車につき500円、乗降は基本的な乗降場所を設定し、部分的にフリー乗降区間も設けます。利用者は登録制とし、利用は予約制といたします。  デマンド型交通の導入に関する周知につきましては、対象地域となる日吉町、大湫町、明世町の区長会で説明をさせていただきました。 もっと読む
2016-06-14 土岐市議会 平成28年第3回 定例会-06月14日−03号 平成22年3月でございますが、土岐市地域公共交通総合連携計画が策定されまして、民間路線バスとの路線の重複、あるいは運賃格差の是正と、民間路線バスと市民バスのネットワーク化が図られまして、その後、平成24年10月には特に利用が少なかった地区別線を廃止いたしまして、デマンド型運行の「のってこ」の運行を始めたところでございます。   もっと読む
2016-03-11 大垣市議会 平成28年子育て支援日本一対策委員会 本文 2016-03-11 その下でございますが、親子バス利用支援事業補助金60万円を新たに計上し、子育て世代の外出を支援するため、就学前の子を連れた保護者が市内のバスに乗車した場合、保護者の乗車運賃を無料とし、相当額をバス会社に助成してまいります。 もっと読む
2016-03-09 大垣市議会 平成28年第1回定例会(第2日) 本文 2016-03-09 高知県土佐清水市では、平成17年7月から運転経歴証明書、交通安全協会が経費を負担、を提示した高齢者に市内のスーパー2店舗の商品券合計2,000円、中央商店街18店舗の買い物1割引き、免許返納サポートバス定期の割引、タクシー運賃1割引きなどのサービスを提供したところ、返納者が急増しました。富山市では18年4月から、返納者には運転経歴証明書、もしくは住民基本台帳カードなど身分証明書を無料で発行します。 もっと読む
2016-03-04 関市議会 平成28年第1回定例会会議録-03月04日−04号 そこでお伺いをいたしますが、例えばリフトバスをタクシー会社等へ貸与することで、タクシーのワンメーター当たりの運賃は下げられるということも考えられますけれども、そのような検討はなされたことはあるのかお伺いをいたしたいと思います。 ○副議長(村山景一君)    服部福祉部長、どうぞ。 もっと読む
2016-03-01 岐阜市議会 平成28年第1回(3月)定例会(第1日目) 本文 【高齢者単身世帯(68歳) 合計10万4,900円】  生活扶助7万2,900円と住宅扶助3万2,000円(岐阜市1人世帯 上限額) 【高齢者夫婦世帯(68歳、65歳)合計15万0,950円】  生活扶助10万9,350円と住宅扶助4万1,600円(岐阜市2人世帯 上限額) 【夫婦子2人世帯(35歳、30歳、9歳、4歳) 合計23万6,330円】  生活扶助16万5,260円、児童養育加算2万0,000 もっと読む