運営者 Bitlet 姉妹サービス
1144件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-10 瑞浪市議会 平成30年第3回定例会(第2号 9月10日) 本市では、「必須メニュー」としまして、胃がん、大腸がん、乳がんや子宮がん等の検診、各保険者が実施する特定健康診査のほか、職場健診や人間ドック等を指定しており、この中から一つ以上を選んでいただくことになります。  また、それ以外のメニューとしては、健康まつりや健康講演会、介護予防教室、まちづくり推進協議会等が開催されるウォーキングなど、健康づくりに関するイベント等を指定しております。   もっと読む
2018-09-07 土岐市議会 平成30年第4回 定例会-09月07日−02号 また、今年度ポイントを付与する健康メニューとしましては、がん検診や特定健診など13の検診と健康に係る各課が行います26の講座やイベントを設定したところでございます。   もっと読む
2018-08-29 瑞浪市議会 平成30年第3回定例会(第1号 8月29日) 第2条は債務負担行為の補正で、21ページの第2表のとおり、予防接種委託料など7つの事項について、期間、限度額を定めるものと、がん検診等委託料の限度額の変更にかかるものでございます。  第3条は地方債の補正で、22ページの第3表とおり、小学校施設空調整備事業など3つの事業に係る起債を追加し、市道等整備交付金事業など5つの事業につきまして、限度額の変更を行うものでございます。   もっと読む
2018-06-19 羽島市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月19日−03号 特定健診やがん検診等を受けたり、健幸づくりイベント、教室等に参加したりしてポイントをため、25ポイントたまったら抽選ですてきな景品がもらえます。楽しみながら健幸づくりに取り組み、健康寿命を延ばすことを目的としたものであります。  そこでお尋ねをいたします。  羽島市の平均寿命をお願いをいたします。   もっと読む
2018-06-14 関市議会 平成30年第2回定例会会議録-06月14日−09号 いわゆるがんでございます。年齢階級別がん罹患率について、関市としてのデータがございませんので、厚生労働省及び岐阜県のデータを見てみますと、種類によりますが、おおむね20歳から40歳より増加傾向にございます。ただし、悪性リンパ腫、白血病については、生後間もなくより罹患を示し、白血病については、14歳未満での罹患率が非常に高いということを示しております。    もっと読む
2018-06-14 土岐市議会 平成30年第3回 定例会-06月14日−03号 ことしも157個配付して、美濃焼のほうでもPR活動をされておるということですが、がんの患者が日本中では101万人の患者が見えるそうです。これからも2人に1人はかかると言われております。ほかの病気も含めれば大変多くの方が必要かと思います。ヘルプマークの配付は必要な方の絶対数と比べてまだまだ少ないかと思いますので、早急な対策をよろしくお願いいたします。  次、ウに移ります。 もっと読む
2018-06-08 可児市議会 平成30年第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2018-06-08 岐阜市では、健康診査及びがん検診で各1ポイント、健康づくりイベント等への参加で各1ポイント、メニューから自身が選択した日常の健康づくり活動の実施に1ポイントを付与し、5ポイントをためたら指定の応募用紙に岐阜市に郵送し、抽せんで景品が当たる仕組みです。   もっと読む
2018-03-15 各務原市議会 平成30年 3月15日民生消防常任委員会−03月15日-01号 3目衛生費国庫補助金、1節保健衛生費補助金221万4000円は乳がん検診、子宮頸がん検診の総合支援事業、71ページ、子ども・子育て支援交付金は、平成30年4月に予定しております母子健康包括支援センターの設置に関する国庫補助金でございます。 ◎次長兼総務課長(横山元彦君) 70、71ページをごらんください。   もっと読む
2018-03-14 関市議会 平成30年  3月 新年度予算特別委員会-03月14日−03号 賃金につきましては、がん検診、予防接種等の入力作業に係る臨時職員、子育て世代包括支援センターの臨時職員、そして30年度より保健センターといいますか、市民健康課に所属がえとなります家庭児童相談員、女性問題相談員等4名の賃金が新たに計上してございます。   もっと読む
2018-03-14 恵那市議会 平成30年第1回定例会(第4号 3月14日) がん検診事業費の減額の原因はとの質疑には、自己負担額を1,000円から500円に下げたが、個別受診率が伸びなかったためとの答弁がありました。  予防接種事業のマイナスの要因はとの質疑には、出生数が減っていることと、インフルエンザの予防接種で10月11月ごろのワクチン不足があったのではないかとの答弁がありました。   もっと読む
2018-03-08 土岐市議会 平成30年第1回 定例会-03月08日−03号 まず初めに、発言事項1のがん対策についてです。  働く世代ががんに罹患した場合、その影響は本人のみならず家族や会社の同僚など、周囲の人にも及びます。社会的なコストを考えた場合には、医療費だけではなく労働力の損失も大きいため、働く世代へのがん対策を充実させ、がんの早期発見に力を注ぐべきだと思っております。国民の2人に1人が生涯のうちにがんに罹患する時代です。改めてがん検診の重要性を感じます。   もっと読む
2018-03-05 可児市議会 平成30年第1回定例会(第3日) 本文 開催日:2018-03-05 また、がん対策基本法のもと、政府が策定したがん対策基本推進計画(平成24年6月)において、子供に対しては、健康と命の大切さについて学び、みずからの健康を適切に管理し、がんに対する正しい知識とがん患者に対する知識を持つよう教育することを目指し、5年以内に学校でのがん教育のあり方を含め、健康教育全体の中でがん教育をどのようにすべきかを検討し、検討結果に基づく教育活動の実施を目標とすると記されています。 もっと読む
2018-02-26 土岐市議会 平成30年第1回 定例会-02月26日−01号 3目衛生費県補助金は、大腸がん検診受診率向上事業費補助金の皆増などにより、8,215万1,000円、20.9%の増で計上しました。  41ページをお願いします。  5目商工費県補助金は、清流の国ぎふ森林・環境基金事業補助金の皆増などにより、1,952万6,000円、28.8%の増、6目土木費県補助金は、耐震対策緊急事業補助金の皆減などにより、307万9,000円、60.7%の減で計上しました。   もっと読む
2018-02-26 瑞浪市議会 平成30年第1回定例会(第2号 2月26日) 4目 健康増進費4,320万2,000円は、健康増進法に基づき実施する、がん検診などの健康診査経費のほか、みずなみ健康21推進事業、健康まつり開催などの経費でございます。  次に、少し飛びまして、64ページをお願いいたします。   もっと読む
2018-01-23 高山市議会 平成30年 福祉文教委員会-01月23日−01号 ○山腰恵一副委員長 今、がんで亡くなる方も多くございますけれども、治療すればがんは克服できるということで、がん教育というのが国でも言われておりますけれども、高山市におきまして、小中、主に中学校の生徒へのがん教育というのはどのように進められているのか、お伺いします。 ◎大森学校教育課長 がん教育につきましては、平成32年、33年、小中の学習指導要領、こちらの中にもしっかりと位置づけられております。 もっと読む
2017-12-22 中津川市議会 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月22日−04号 平成27年3月、愛知県の高度医療機関で局部を拡大切除し、がんの有無を調べた結果、リンパ節への転移も見られました。その後、各所に転移し治療を続けられましたが、平成28年11月に死亡されました。  再発防止策でございますが、臨床医の所見で悪性を疑う場合や、臨床医と病理医の診断に違いがある場合は、病理診断についてダブルチェックを徹底するということ。   もっと読む
2017-12-19 関市議会 平成29年 12月 総務厚生委員会-12月19日−01号 これはがん検診等の検診表を、今回増刷するための補正予算でございます。  次の13節委託料では、3,081万3,000円の増額補正をお願いするものです。摘要欄に書いてございますが、個別検診において、特に胃内視鏡の検査が予想以上に伸びております。また、これに伴いまして読影の件数も増えておりますので増額するものです。   もっと読む
2017-12-14 各務原市議会 平成29年第 5回定例会−12月14日-03号 2項目めとして、がん教育について質問をいたします。  がんは、生涯の中で国民の2人に1人がかかり、日本人の死亡原因の第1位で、約30%の人ががんで亡くなるほど身近な病気であります。しかし、私たち大人も含めて、子どもたちががんに対する正しい知識を知る機会が非常に少ないのが現状です。  現在では、がんは早期発見・早期治療により90%以上の人が治る病気と言われています。 もっと読む
2017-12-14 各務原市議会 平成29年第 5回定例会−12月14日-03号 2項目めとして、がん教育について質問をいたします。  がんは、生涯の中で国民の2人に1人がかかり、日本人の死亡原因の第1位で、約30%の人ががんで亡くなるほど身近な病気であります。しかし、私たち大人も含めて、子どもたちががんに対する正しい知識を知る機会が非常に少ないのが現状です。  現在では、がんは早期発見・早期治療により90%以上の人が治る病気と言われています。 もっと読む
2017-12-13 関市議会 平成29年第4回定例会会議録-12月13日−19号 それから、がん検診でございますが、これは、まず胃がん検診、これが7.4%、肺がん検診18.1%、大腸がん14.3%、乳がん17.1%、子宮がん11.6%となっております。    もっと読む