運営者 Bitlet 姉妹サービス
323件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-18 関市議会 平成30年第3回定例会会議録-09月18日−15号 いじめから一人でも多くの児童生徒を救うためには、児童生徒を取り巻く大人一人ひとりが、いじめは絶対許されない、いじめはひきょうな行為である、いじめは犯罪行為として取り扱われるべきと認められる事案もあるとの意識を持ち、いじめの兆候をいち早く把握し、迅速に対応することが必要である。いじめの問題は、心豊かで安全・安心な社会をいかにつくるかという、学校を含めた社会全体における課題でもあります。    もっと読む
2018-02-28 関市議会 平成30年第1回定例会会議録-02月28日−02号 学校現場では、学校事故、生徒指導、不登校、いじめ、保護者対応など、日常的にさまざまな問題が発生しております。その中には、学校と教育委員会の対応だけでは速やかな解決に至らない事案も少なくありません。   そうしたときには、今現在も教育委員会や各学校の校長など管理職が弁護士や警察等、専門家や専門機関に相談したりして対応をしております。    もっと読む
2017-12-14 関市議会 平成29年第4回定例会会議録-12月14日−20号 内容についてお聞きしましたところ、電話相談に比べて、いじめや不登校の悩みより、学業や恋愛、その他の悩みが大変多かったようです。また、時間帯や相談員の配置など課題はあると思いますが、思春期で多感な時期の中高生は悩みも大変多いと思います。 もっと読む
2017-12-07 土岐市議会 平成29年第5回 定例会-12月07日−02号 次に、発言事項2のいじめ対策について、いじめの相談をしやすい環境づくりの質問です。  2016年度に全国の小・中・高校生が認知したいじめが、前年度より約9万8,000件ふえ、32万3,808件となり、1985年の調査開始以来、最多となったことが文科省から報告をされております。 もっと読む
2017-12-06 可児市議会 平成29年第5回定例会(第3日) 本文 開催日:2017-12-06 それでは、第2点目につきましてですけれども、いじめ相談体制は万全かというテーマです。  当市は、平成24年10月3日に全国に先駆けて子供のいじめ防止に特化した可児市子どものいじめの防止に関する条例を施行しました。常設型のいじめ防止専門委員会の設置など、いじめ防止に関する施策では全国のモデルにもなってきました。あれから5年が過ぎました。   もっと読む
2017-09-13 各務原市議会 平成29年第 3回定例会-09月13日-02号 初めに、自殺総合対策大綱と改正自殺対策基本法に基づく取り組みについて。  2003年、WHOと国際自殺予防学会が共同で開催した世界自殺予防会議の初日、9月10日が世界自殺予防デーに制定されました。日本では、2007年6月に閣議決定した自殺予防対策大綱で、世界自殺予防デーにちなんで、毎年9月10日から9月16日は自殺予防週間に設定されました。今、まさにその自殺予防週間です。   もっと読む
2017-09-13 各務原市議会 平成29年第 3回定例会-09月13日-02号 初めに、自殺総合対策大綱と改正自殺対策基本法に基づく取り組みについて。  2003年、WHOと国際自殺予防学会が共同で開催した世界自殺予防会議の初日、9月10日が世界自殺予防デーに制定されました。日本では、2007年6月に閣議決定した自殺予防対策大綱で、世界自殺予防デーにちなんで、毎年9月10日から9月16日は自殺予防週間に設定されました。今、まさにその自殺予防週間です。   もっと読む
2017-09-04 岐阜市議会 平成29年第4回(9月)定例会(第4日目) 本文 過労死や過労自殺もたびたび起きています。多くの教職員が健康を害し、命を脅かされるほど働いている現状をこれ以上放置できません。  そして、教職員の長時間労働は、子どもたちの教育にも深刻な影響を及ぼしています。 もっと読む
2017-06-16 各務原市議会 平成29年第 2回定例会−06月16日-03号 トイレのイメージは苦手意識を感じさせるだけでなく、いじめやからかいなどの負のコミュニケーションを生み出し、健康を阻害する可能性も高くなります。また、トイレ清掃方法も、水をまく湿式清掃から、モップ、水拭きなどの乾式清掃が主流になってきております。   もっと読む
2017-06-16 各務原市議会 平成29年第 2回定例会−06月16日-03号 トイレのイメージは苦手意識を感じさせるだけでなく、いじめやからかいなどの負のコミュニケーションを生み出し、健康を阻害する可能性も高くなります。また、トイレ清掃方法も、水をまく湿式清掃から、モップ、水拭きなどの乾式清掃が主流になってきております。   もっと読む
2017-06-16 各務原市議会 平成29年第 2回定例会−06月16日-03号 トイレのイメージは苦手意識を感じさせるだけでなく、いじめやからかいなどの負のコミュニケーションを生み出し、健康を阻害する可能性も高くなります。また、トイレ清掃方法も、水をまく湿式清掃から、モップ、水拭きなどの乾式清掃が主流になってきております。   もっと読む
2017-06-09 高山市議会 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月09日−02号 内閣府がまとめた自殺対策白書によりますと、1997年からずっと3万人を超えていた我が国の自殺者数は、2012年、平成24年、15年ぶりに3万人を割ることができました。その後、減少傾向にありますが、それでも、平成28年の自殺者数は2万1,897人で、1日当たり60人、24分に1人が自殺をしているという計算になります。   もっと読む
2017-06-09 可児市議会 平成29年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2017-06-09 また、人権啓発センターには、いじめ等、人権問題で相談事を抱えた来訪者も大変多いということですので、そういう配慮も必要です。若者サポートステーションは、15歳から40歳未満のいわゆるニート状態の若者とその保護者の相談に応えて、進路や職業的自立をサポートする場所でもあります。 もっと読む
2017-03-22 各務原市議会 平成29年第 1回定例会−03月22日-03号 しかし、残念ながら日本は全般的に子どもの権利条約が周知されず、子どもの自殺いじめ、不登校などが年々ふえ、国連からは3回の勧告を受けているのが現状です。子どもの権利条約の中には、この条約を広く知らせることが記されています。各務原市としては、ぜひ子どもの権利条約にのっとり、子どもたちの声に耳を傾けていくべきだと考えます。  そこでお尋ねいたします。   もっと読む
2017-03-22 各務原市議会 平成29年第 1回定例会−03月22日-03号 しかし、残念ながら日本は全般的に子どもの権利条約が周知されず、子どもの自殺いじめ、不登校などが年々ふえ、国連からは3回の勧告を受けているのが現状です。子どもの権利条約の中には、この条約を広く知らせることが記されています。各務原市としては、ぜひ子どもの権利条約にのっとり、子どもたちの声に耳を傾けていくべきだと考えます。  そこでお尋ねいたします。   もっと読む
2017-03-21 大垣市議会 平成29年文教厚生委員会 本文 2017-03-21 財源内訳でございますが、国県支出金の15万3,000円は、自殺予防緊急対策と骨髄移植ドナー等助成事業に係る県支出金で、その他の2,251万8,000円のうち当委員会分は585万4,000円で、主なものといたしましては、救急医療事業における西濃圏域1市9町からの負担金などでございます。一般財源は、9,825万9,000円のうち当委員会分は9,101万7,000円でございます。 もっと読む
2017-03-13 大垣市議会 平成29年第1回定例会(第2日) 本文 2017-03-13 中でも90日以上と長期間学校を休んでいる子供が7万2,000人余りと全体の6割近くに上っており、その原因は、いじめなど学校でのトラブルや勉強の問題、頑張り過ぎて疲れてしまったなどとさまざまであります。 もっと読む
2017-03-09 可児市議会 平成29年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2017.03.09 このことは、以前、いじめが原因による非常に痛ましい自殺事件がありました。この事件は当時大きな社会問題となり、いじめ撲滅に取り組む契機となり、心の教育の重要性を改めて認識させられ、いじめをなくすため、全国的に自治体、教育関係者、関係団体を初めとして多くの方々がいじめ撲滅に向け取り組み、御尽力をされています。 もっと読む
2017-03-09 可児市議会 平成29年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2017-03-09 このことは、以前、いじめが原因による非常に痛ましい自殺事件がありました。この事件は当時大きな社会問題となり、いじめ撲滅に取り組む契機となり、心の教育の重要性を改めて認識させられ、いじめをなくすため、全国的に自治体、教育関係者、関係団体を初めとして多くの方々がいじめ撲滅に向け取り組み、御尽力をされています。 もっと読む
2017-02-20 高山市議会 平成29年 総務厚生委員会-02月20日−02号 また、少子化であるにもかかわらず、そのかけがえのない命が虐待やいじめによって損なわれている。  そこで、当委員会では子育て環境の現況と課題について調査研究をし、課題解決の方策を見つけようと考えた。以下は、その課題についての調査結果である。  ここで、1、2、3、4、5と課題ごとに、皆さんからいただいた情報などを書き出すようにしています。   もっと読む