2814件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

可児市議会 2019-09-30 令和元年第4回定例会(第4日) 名簿 開催日:2019-09-30

                        9月30日(月曜日)午後1時00分開議 議事日程(第4日)  日程第1 会議録署名議員の指名  日程第2 諸般の報告  日程第3 認定第1号 平成30年度可児市一般会計歳入歳出決算認定について       認定第2号 平成30年度可児市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定につ             いて       認定第3号 平成30年度可児市後期高齢医療特別会計歳入歳出決算認定

可児市議会 2019-09-30 令和元年第4回定例会(第4日) 本文 開催日:2019-09-30

次に、認定第3号 平成30年度可児市後期高齢医療特別会計歳入歳出決算認定について討論に付したところ、平成29年から毎年軽減税率の縮小が続いている。また、平成30年度には、後期高齢医療保険料の限度額が引き上げられ、後期高齢の負担がますます増加しているため反対との意見。  

恵那市議会 2019-09-30 令和元年第3回定例会(第4号 9月30日)

認第8号・平成30年度恵那市後期高齢医療特別会計歳入歳出決算の認定については、賛成・反対の討論がありました。  反対討論として、年金が減り、消費税が上がる中、せめて安心して医者にかかれるようにしてほしい。後期高齢制度という年齢で区切る制度そのものが問題である。以上のことから、この決算の認定に反対する。  

瑞浪市議会 2019-09-25 令和元年第4回定例会(第5号 9月25日)

令和元年度瑞浪市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号             )  日程第19 議第 69号 令和元年度瑞浪市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)  日程第20 議第 70号 令和元年度瑞浪市水道事業会計補正予算(第1号)  日程第21 議第 71号 令和元年度瑞浪市下水道事業会計補正予算(第1号)  日程第22 認第 1号 平成30年度瑞浪市一般会計決算の認定について  日程第23 認第 2号 平成30年度瑞浪市後期高齢医療事業特別会計決算

恵那市議会 2019-09-24 令和元年第3回定例会(第2号 9月24日)

では、次、標題2、高齢の移動手段について、お尋ねをいたします。  テレビやニュース、新聞高齢交通事故の話題があるたびに、家族から、そして友人からも心配されて、運転をいつやめようか、いつ免許返納しようか、そういった会話がもうあちこちで聞かれています。  また、アクセルとブレーキの踏み間違い防止装置をみずからつけて、自己防衛しながら乗っている方もおられます。  

各務原市議会 2019-09-24 令和 元年 9月24日総務常任委員会−09月24日-01号

1項県負担金、1目民生費県負担金、6節国民健康保険保険基盤安定負担金、収入済額3億8189万6908円、そして7節後期高齢保険基盤安定負担金、収入済額1億8829万9811円、そして8節低所得保険料軽減負担金、収入済額373万125円につきましては、国民健康保険事業、後期高齢医療事業及び介護保険事業が行う低所得者の保険料軽減分等についての県からの負担金でございます。  

瑞浪市議会 2019-09-19 令和元年第4回定例会(第3号 9月19日)

標題2、高齢の難聴対策について、要旨ア、補聴器使用しなければならない高齢が多い。この実態を調べて把握しているか。 ○議長(熊谷隆男君)  民生部次長 成瀬良美君。 ○民生部次長成瀬良美君)  それでは、標題2、高齢の難聴対策について、要旨ア、補聴器使用しなければならない高齢が多い。この実態を調べて把握しているかについてお答えいたします。  

各務原市議会 2019-09-18 令和 元年 9月18日民生常任委員会−09月18日-01号

1目高齢福祉費、決算額2億6242万2000円のうち、高齢福祉対策費3684万7000円は、シニア文化祭の開催や介護人材の確保、高齢健康増進を目的とした大学等との連携企画事業の実施、また1枚おめくりいただきまして、シニアクラブ、シルバー人材センターへの補助特別養護老人ホームへの健全経営維持のための補助に要した経費でございます。  

大垣市議会 2019-09-18 令和元年議会運営委員会 本文 2019-09-18

次に、さきに各会派に御検討をお願いしておりました意見書についてですが、高齢安全運転支援と移動手段の確保を求める意見書につきましては、各会派で御賛同が得られておりますので、委員会資料にございます意見書文案のとおり、議会運営委員会委員全員により意見書提出を願いたいと思います。  

大垣市議会 2019-09-18 令和元年第3回定例会〔資料〕 2019-09-18

                  │      │  │ ├─────┼───────────────────────┼──────┼──┤ │認第 2号│平成30年度大垣市公営企業会計決算の認定につい│ 9月18日│認定│ │     │て                      │      │  │ ├─────┼───────────────────────┼──────┼──┤ │市議第5号│高齢

大垣市議会 2019-09-18 令和元年第3回定例会(第3日) 本文 2019-09-18

議第73号 令和元年度大垣市一般会計補正予算(第2号)中、当委員会関係の民生費、老人福祉費620万円の補正は、国の補助採択に伴い、高齢施設等における非常用自家発電設備の整備とブロック塀の改修補助金120万円、後期高齢医療広域連合への療養給付費負担金の確定に伴う不足額500万円であり、児童福祉費2,820万円の補正は、幼児教育保育無償化に対応するため、システム改修等の事務費840万円、私立幼稚園

大垣市議会 2019-09-17 令和元年総務環境委員会 本文 2019-09-17

次に、高齢介護課を健康長寿課と介護保険課に改編し、健康長寿課では高齢介護予防や認知症施策などの業務を、介護保険課では介護認定や保険料などの業務を行ってまいります。また、戸籍、住民登録等の業務を行う窓口サービス課を市民活動部へ移管することに伴い、国保・年金福祉医療等の業務を行う国保医療課を新たに設置してまいります。

各務原市議会 2019-09-12 令和 元年第 3回定例会−09月12日-03号

地形地域事情もありますが、高齢の運転誤操作による事故を受け、運転免許返納への機運が高まる中、代替として、ふれあいバス地域公共交通ネットワークのかなめであると思料いたします。かかみがはら高齢総合プランによれば、本市の75歳以上、いわゆる後期高齢が2018年で約2万人、7年後の2025年には2万5000人と推計されております。