1026件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

各務原市議会 2019-06-19 令和 元年第 1回定例会-06月19日-03号

震災直後の自身も被災しているであろう市職員が、指定避難所となる小学校体育館に一番に駆けつけられるとは限りません。そこで、避難所自動開錠ボックスを設置することで地域避難者みずから開錠して避難所に入ることができ、いち早く避難所運営に動き、自助・共助を発揮できるのではないかと考えます。  

岐阜市議会 2019-06-03 令和元年第3回(6月)定例会(第3日目) 本文

政府は2005年、各地方自治体震災リスク避難所の場所を示すハザードマップの公表を義務づけ、2015年の水防法改正に伴い、岐阜市洪水ハザードマップが改定されました。  このハザードマップをよくよく見ますと、長良川堤防が破堤、決壊したら大きな被害を受けると考えられる地域が幾つも見受けられ、災害の規模によっては財産どころか生命さえも危ぶまれるということも考えなくてはなりません。

大垣市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2日) 本文 2019-03-11

また、特に飛び地であります墨俣地域でございますが、地域事務所における災害対策マニュアルに基づいた参集体制の整備がされているとお聞きしておりますが、震災等で揖斐川にかかる橋が崩落等で本市大垣から孤立することも想定され、本当に万全な体制なのでしょうか。本市のお考えを教えてください。  

各務原市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会−03月11日-02号

この震災で犠牲となられた多くの方々に哀悼の意を表するため、これより黙祷をささげたいと思います。  御起立を願います。  黙祷始め。   (黙祷) ○議長(足立孝夫君) お直りください。  御着席を願います。         ───────────────────────── ○議長(足立孝夫君) 本日の日程は、お手元に配付したとおりと定めました。         

各務原市議会 2019-03-11 平成31年 3月11日議会運営委員会−03月11日-01号

各務原市議会として、震災で犠牲となられた方々に哀悼の意を表するため、議場の国旗、市旗を弔旗といたします。会議の冒頭に黙祷をささげたいと思いますので、皆様御協力よろしくお願いいたします。以上です。 ○委員長(岡部秀夫君) 以上で説明は終わりました。  委員の御意見はありませんか。   (「なし」との声あり) ○委員長(岡部秀夫君) 本件については、説明のとおり確認します。  

岐阜市議会 2019-03-04 平成31年第1回(3月)定例会(第4日目) 本文

そうしたことから、本市では、中核市市長会が行う平成32年度国の施策及び予算に関する提言に小中学校体育館は児童生徒等が学習、生活をする場であるのみならず、震災台風などの災害発生時には住民の命を守る避難所として重要な役割を担っているとして、文部科学省体育館の空調設備に係る十分な財源措置を講じることを盛り込むよう議案を提出したところです。  

岐阜市議会 2019-03-01 平成31年第1回(3月)定例会(第1日目) 本文

│ │ また、第二次整備計画(平成11年~20年)として、阪神淡路大│ │震災後の平成7年度から9年度に実施した「岐阜市防災アセスメント│ │調査」に基づき、木造建築物密集地域、液状化による建物倒壊率が高│ │い地域及び人口が集中する地域基本に10基の設置を計画し、市内│ │に第一次、第二次整備計画合わせて44基の整備を完了した。   

各務原市議会 2018-12-12 平成30年第 4回定例会-12月12日-02号

3つ目に、これまでの震災の経験も生かして安全避難する、あるいは機能的な避難誘導の具体化のために、単位自治会ごとに役員や住民と膝を交えてといいますか、突き合わせて、避難路マップづくりを丁寧に見直して、実効性のあるものをそれぞれつくっておくことが必要だと思います。  住民周知も増して、これは本当に必要だと思います。

岐阜市議会 2018-11-03 平成30年第5回(11月)定例会(第3日目) 本文

家庭用の太陽光発電設備を持つ人の約85%が自立運転モードを活用することで、冷蔵庫の食品が腐らなかった、スマホが充電できたとか、炊飯器が使えたとか、ポータブルテレビ震災情報をいち早く入手することができたなどのアンケート調査がありました。さらに、蓄電機能を併設されている方からは、約2日間問題なく生活できたという所見が入っております。

各務原市議会 2018-09-28 平成30年第 3回定例会−09月28日-04号

また、JR各務ヶ原駅南駐輪場の設置運営に係る所要額、排水路改良費は、集中豪雨台風による震災被害の軽減を図るため、総合的な治水対策を検討する費用、(仮称)城山公園ほか1整備事業については、用地取得に係る所要額を補正するもので、債務負担行為の補正は、(仮称)城山公園ほか1整備事業を追加するもので、土地開発公社に用地取得を委託するものです。  

関市議会 2018-09-14 平成30年第3回定例会会議録-09月14日−14号

また、先週には北海道胆振東部地方におきまして、震度7を記録する大変大きな震災も発生し、決して他人事ではない事態に私自身も恐ろしさを感じております。いつやってくるかわからない災害に対し、私たちができることは一体何があるのだろうか、また命を守るためにどうしたらいいのだろうか、いま一度しっかりと考えていかなければならないと改めて感じた次第であります。   

大垣市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2日) 本文 2018-09-10

災害瓦れきやごみの処理を初めとする復興事業計画推進につきましては、本市では、地域防災計画を補完するものとして、市が行う業務についての実施対応マニュアルとなる震災廃棄物処理マニュアルを定めております。今後も、国が定める災害廃棄物対策指針や岐阜県災害廃棄物処理計画に基づき、迅速かつ適正に災害廃棄物が処理できるよう処理体制の整備に努めてまいります。  

土岐市議会 2018-09-07 平成30年第4回 定例会-09月07日−02号

震災直後の被災地での男女別の物資の要望では、食料医薬品男女ともほぼ同じでしたが、生理用品や赤ちゃん粉ミルクやおむつ、離乳食などは当然ながら女性の要望が多くなっております。粉ミルクがあったとしても、哺乳瓶や消毒用品、お湯を沸かす道具がないなどの衛生面での不満が多くありました。  まずは、アの乳児用液体ミルクについて伺います。  赤ちゃんにとって被災生活時の食料は母乳であり、ミルクです。

各務原市議会 2018-06-21 平成30年第 2回定例会−06月21日-03号

釜石市防災教育については、震災後さまざまな機会を通じて片田教授の「生存率99.8%は奇跡ではなく、想定外を乗り越えさせた」というような講演など拝聴してきましたが、学校の先生たちの防災訓練に対する姿勢は、いかに生徒たちに真剣に取り組ませるか、過去3回も大津波に襲われた歴史から、いつ起きてもおかしくない現実に向けた真剣な防災訓練の実施など、生の現場と、生のお話が聞ける視察が今から大変楽しみであります。

各務原市議会 2018-06-20 平成30年第 2回定例会−06月20日-02号

阪神淡路の震災の経験をした地でもまたこうしたことが起きてしまった。ブロック塀の倒壊で小学生が亡くならなければ、事が動かない。こうしたことが繰り返されてはならないはずでした。とうとい命の犠牲で、私たちはまた防災の重要性を思い知らされますが、犠牲者を出さない対策・対応を本気で求められていると思い至ります。速やかな安全なまちづくりを一層肝に銘じなければならないと思いました。  質問に移ります。  

羽島市議会 2018-06-19 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月19日−03号

ナマズといえば地震、羽島も1889年に濃尾大震災で壊滅的な被害を受けました。それからちょうど100年目に当たる1990年に、地震パワーにあやかり、羽島発展の起爆剤になればとの思いで、美濃竹鼻なまずまつりが開催されたそうであります。  なまずまつりの当初は、なまずみこしコンクールがあり、毎年工夫を凝らしたアイデアみこしが竹鼻商店街を練り歩いて、まつりを盛り上げていました。

関市議会 2018-06-15 平成30年第2回定例会会議録-06月15日−10号

紹介のとおりですけれども、家庭内DIGとは、家庭内の災害図上訓練、図面上の訓練ということでございますが、まず自分の家の平面図を書いて、その中に家庭内に潜む危険な箇所を落とし込むことで、家族危険の予知や対処法を考えたり、避難経路を確認したりするほか、避難する場合の家族の決まり事や震災後の生活などについて、家庭で話し合うというものでございます。

関市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会会議録-06月14日−09号

東日本大震災津波で犠牲になった大川小学校の遺族が市と県に損害賠償を求めた訴訟控訴判決で、仙台高裁は、震災前の市や学校防災体制の過失を認定した判決が先月出されました。判決の骨子は、市側は危機管理マニュアルを大川小の実情に応じて改定する義務を怠った。また、津波浸水予想区域に含まれていないとしても、川の近くにあることから、危険性はあり、予見は十分可能であった。