453件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大垣市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第2日) 本文 2019-06-10

平成2年に当時の上石津町役場の庁舎ができるときに、今の大垣市と同様、防災拠点としてどうあるべきか、全国の事例をもとに真剣に先輩方は検討され、屋外スピーカーでは山や谷が複雑に入り組む中山間地では、迅速な避難誘導情報の伝達が図れないとの結論に至り、戸別無線受信機の導入を行いました。

岐阜市議会 2019-06-05 令和元年第3回(6月)定例会(第5日目) 本文

こうした中、新庁舎の建設は、本市の新たな防災拠点として着実に取り組んでいかなければならない事業であります。  そこで、1点目の御質問の床や天井を設けない活用についてであります。  このエレベーター廃止跡は、幅6メートル、奥行き3メートル、1階から5階までの高さ約22メートルの空間です。

岐阜市議会 2019-06-03 令和元年第3回(6月)定例会(第3日目) 本文

このような大規模災害発生時において、新庁舎はその防災拠点として適正に機能しなければなりません。その際においても情報システムは欠かせないツールとなるため、大規模災害時の業務継続をいかに維持していくかということを想定していく必要があると考えられます。  以下、こうしたリスク対策の観点から、現状の取り組みの方針並びに今後の取り扱いについてお尋ねします。  1番目です。

各務原市議会 2019-03-20 平成31年 3月20日総務常任委員会−03月20日-01号

非常備消防施設整備費6444万円は、地域防災拠点の充実のため、老朽化した成清班と小佐野班の消防団車庫の建てかえや坂井東島中央班、長平班、下中屋班の小型動力消防ポンプの更新及び桐野班、野畑班、小伊木班の小型動力消防ポンプ積載車の更新などに要する経費のほか、消防団車庫修繕等補助事業として、消防団車庫消防用ホース乾燥塔の修繕などに対する自治会への補助金でございます。

大垣市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2日) 本文 2019-03-11

本市においては、防災拠点となる安全・安心な新庁舎の建設が順調に進んでいます。また、4月には危機管理室が設置されます。ハード、ソフト両面で防災体制に万全を期すことを期待いたします。  さて、3月3日に大垣市制100周年のエンディングセレモニーが開催され、100周年という大きな節目が締めくくられました。そして、いよいよ4月からは次の100年に向けて歩み出すわけです。

大垣市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第1日) 本文 2019-03-04

とりわけ、九州熊本北海道地震が発生しており、防災拠点としての庁舎建設を進めるほか、4月には危機管理室を設置し、防災体制に万全を期してまいります。また新庁舎では、市民サービスのさらなる向上を図るため、行政サービスの電子化やロボットによる窓口案内など、先端技術を活用した電子市役所の構築を図ってまいります。  

岐阜市議会 2019-03-01 平成31年第1回(3月)定例会(第1日目) 本文

              │ │     右岸 忠節橋下流部~東島地先              │ │    イ 長良川堤防の強化                  │ │    ウ 堤防護岸強化                    │ │     左岸 日野、日置江、高河原               │ │     右岸 志段見、忠節橋下流部~東島            │ │    エ 防災拠点

各務原市議会 2018-12-13 平成30年第 4回定例会−12月13日-03号

この地方債は、公共施設耐震化や非常用の電源の整備など、防災拠点の整備を進める地方単独事業を対象とする制度です。熊本地震を教訓にして、2017年から体育館など指定避難所へのエアコン設置も対象となりました。起債充当率100%、その元利償還金の70%を後年度交付税で措置されるため、実質的な地方負担は30%となる有利な制度です。

岐阜市議会 2018-11-05 平成30年第5回(11月)定例会(第5日目) 本文

このような状況や南海トラフ巨大地震が危惧されていることなどを踏まえ、新庁舎は本市の新たな防災拠点として一刻も早い完成が待ち望まれており、2021年春の開庁に向けて着実に取り組んでいかなければならない事業であると考えております。  また、本事業は、これまで長い年月をかけ、市民の皆様や市議会とともに丁寧にプロセスを積み重ね、今日に至っております。

岐阜市議会 2018-11-04 平成30年第5回(11月)定例会(第4日目) 本文

1点目は、新庁舎建設防災拠点としての位置づけを提起され建設開始されました。災害時に迅速に行動できるために、公用車は新本庁舎駐車場へ極力配置されること。  2点目、日常的に使用する公用車については、現在の駐車場は新庁舎から遠く、業務上非効率であり新庁舎駐車場へ極力配置されること。  

岐阜市議会 2018-11-02 平成30年第5回(11月)定例会(第2日目) 本文

新庁舎は高度な防災拠点施設として建物の基礎部分に積層ゴムやオイルダンパーといった免震装置を備えた基礎免震構造を採用し、通常の建築物の1.5倍の耐震性能とする計画としております。  こうした中、去る10月16日に、関係する油圧機器メーカーにおいて、免震オイルダンパーに関する不正行為が発覚いたしました。

各務原市議会 2018-09-25 平成30年 9月25日総務常任委員会−09月25日-01号

非常備消防施設整備費の3663万6000円は、消防団活動の強化と地域防災拠点の充実を図るため、老朽化した消防団車庫の建てかえ、小型動力ポンプや積載車などの更新を行った経費でございます。消防団車庫の建てかえを行ったのは下中屋班でございます。小型動力消防ポンプ更新事業では、岩地班、各務原班、前渡西町班の3班を更新しました。

大垣市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2日) 本文 2018-09-10

こうした中、本市の地域防災計画では、ライフラインの代替機能として、避難所その他防災拠点において井戸の確保に努めることや、緊急水利として井戸を活用することを定めております。しかしながら、災害時における井戸水は、必ずしも安全な水質とは限らないこと、また、液状化が予想される地域においては、安定的で継続的な水源としての機能維持が困難であることなどの課題もございます。

岐阜市議会 2018-09-02 平成30年第4回(9月)定例会(第2日目) 本文

そうした中、新庁舎は、大規模災害に備えた新たな防災拠点としても多くの市民の皆様の期待を集めており、一刻も早い完成が待ち望まれています。今後も引き続き2020年度末の完成に向けて、安全に留意しながら着実に工事を推進していただきたいと思います。  さて、工事が順調に進む中、先月末の定例記者会見において、市長は、南東部のエレベーターの廃止の方針を正式に表明されました。

各務原市議会 2018-06-21 平成30年第 2回定例会−06月21日-03号

2点目、災害時に防災拠点となる新庁舎や避難が想定される場所に整備する考えはあるのでしょうか。  3点目、市内の主要な観光地への整備は考えているのでしょうか。  4点目、小・中学校でのICT教育の推進を見据え、学校施設に整備する考えはありますでしょうか。  以上、御答弁のほどをよろしくお願いいたします。 ○副議長(池戸一成君) 企画総務部長 鷲主英二君。   

大垣市議会 2018-06-15 平成30年企画総務委員会 本文 2018-06-15

市制100周年記念施設として建設中の新庁舎は、市民生命財産を守る防災拠点施設であるとともに、市民が集う施設を目指しております。大垣らしさを感じさせる新たなランドマークとなるよう整備を進めております新庁舎の敷地内に、市民に長く愛されるシンボルモニュメントを製作・設置するものでございます。