58件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高山市議会 2018-09-28 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月28日−資料

今後の取り組みについての考えは  ②新ごみ処理施設建設に向けた市長自らの活動は評価しているが、早期に建設しないと老朽化により市民にとってもごみ処理に支障をきたすことから、早期建設に取り組む考えは 2.市における障がい者雇用について  ①市役所の障がい者雇用の状況と雇用率増加への取り組みの考えは 3.重要伝統建造保存地区の選定について  ①第八次総合計画で同保存地区の拡大推進が掲げてあるが、その

高山市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月13日−03号

私は、その計画策定されます前年の議会全員による協議におきまして、3番、教育文化の項目におきまして、施策の概要の(1)文化財などの保存活用で掲載してあります伝統的建造物及びその周辺の環境の調査、再評価による重要伝統建造保存地区拡大の推進を掲載されるよう提案しましたら、そのとおりに掲載されています。  

高山市議会 2017-09-26 平成29年 予算決算特別委員会-09月26日−06号

この目では、重要伝統建造保存地区の保存や防災対策、高山祭屋台及び屋台蔵の保存修理のほか、日本遺産認定の周知啓発、特別展の開催など、文化財の保存と活用に取り組んでおります。  主要施策実績報告書64ページ、決算書は89ページから90ページをごらんください。  第8目文化財施設費の決算額は1億189万7,000円でございます。  

高山市議会 2017-06-21 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月21日−資料

市が取り組んでいる県への要望状況は  ②本年度の白山ユネスコエコパ-クの活用について、自然や歴史文化を活かした経済活性化も含む取り組みは  ③天然記念物・荘川桜を観光スポットとして将来の保存に向けた維持管理の現状及び課題と今後の取り組みは 2.重要伝統建造保存地区の選定について  ①第八次総合計画に記載されている重要伝統建造保存地区拡大の推進について、その進捗状況は  ②下町地区の歴史

高山市議会 2017-06-09 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月09日−02号

2番、国の重要伝統建造保存地区の選定についてですが、私、1人で昨年4月、文化庁長官にお会いして話してきましたし、また、今からします質問については、3年ほど前に文化庁へ行きましたとき、このときも1人で行きましたが、担当職員から、高山市は現在2件の国の伝建地区がありますが、第3弾目の選定に向けて取り組まれないですかと尋ねられましたので、私はそれからの活動では、高山市歴史的な重要伝統的建造物群を格上

高山市議会 2016-12-12 平成28年 12月 定例会(第5回)-12月12日−03号

飛騨高山のこの旧城下町は、御案内のように、江戸時代の南北を結ぶ旧越中街道、これがそのまま残っているということで国の重要伝統建造保存地区に指定されて以来、古い町並というブランドとして高山屈指の観光スポットとなっています。  しかし、今説明がありましたように、下町地域においては、かつてのにぎわいを比べると10分の1まで落ち込んだとも言われることもあります。

恵那市議会 2016-09-26 平成28年第4回定例会(第2号 9月26日)

岩村町では重要伝統建造保存地区での一斉放水と家具転倒防止器具の取付け訓練を行いまして、山岡町では自治会長自ら指導に当たった災害図上訓練を、明智町では警察官による応急手当訓練や日赤奉仕団による炊き出し訓練が実施されるなど、各地域で創意工夫を凝らした防災訓練が行われました。以上でございます。 ○副議長(後藤康司君) 深萱安信君。

高山市議会 2016-09-20 平成28年 予算決算特別委員会-09月20日−06号

主な事業としましては、重要伝統建造保存地区保存修理事業、同防災対策事業、高山祭屋台保存修理事業、国県市指定文化財の修理事業などを行っています。  次に、実績報告書の61ページ下段、決算書は89ページをごらんください。  第8目文化財施設費の決算額は1億9,084万9,000円でございます。

高山市議会 2015-09-10 平成27年  9月 定例会(第4回)-09月10日−04号

平成16年度に高山市におきましては、国の重要伝統建造保存地区第2弾目として、下二之町、大新町が選定されました。今日まで、文化庁高山市の積極的な事業展開により、町並修景事業、無電柱化事業など、歴史的にすばらしい町並景観の復元が進み、市民はもちろんのこと、全国並びに海外からの観光客も散策されております。  

高山市議会 2015-06-08 平成27年  6月 定例会(第3回)-06月08日−02号

また、この被害が大きかった弥生橋から連合橋の区間は、近くに市営不動橋駐車場や弥生橋駐車場があり、大新町の国の重要伝統建造保存地区や、同じく、重要木造建築物の日下部邸、吉島邸などを観光される観光客も多く、この2つの橋とその間にあります宮前橋、不動橋を利用され、地域を散策する方が多くみえます。  

高山市議会 2014-07-25 平成26年 総合計画に関する特別委員会-07月25日−04号

◆谷澤政司委員 51ページ、歴史文化のところでお聞きしますが、これまで2回の一般質問に対し、新たに国の重要伝統建造保存地区の選定に向けて取り組んでいくという答えがありました。そのことについては、この中ではどこにどのように記載されておるのか、まず聞きたいと思います。

恵那市議会 2014-06-23 平成26年第2回定例会(第2号 6月23日)

岩村町は重要伝統建造保存地区であり、歴史的風致維持向上計画のもと電線の地中化で非常に多くの観光客及び市民の方が今訪れています。  私は、この機会に新たな歴史資料館として岩村振興事務所の活用を考えるべきだと考えますがお尋ねします。 ○議長(柘植 羌君) まちづくり推進部長・可知孝司君。

高山市議会 2014-06-20 平成26年  6月 定例会(第3回)-06月20日−資料

①国の指針はどうなっているのか    ②地域包括支援センターの役割と条例化についての考え方は    ③各相談事業所との役割分担と連携は  (3)医療福祉介護子育て支援が連動する課題    ①共通の課題把握はどうしているのか    ②それぞれの課題にどう取り組むのか    ③今後の庁内体制の整備と地域づくりへの対応は ◯19番(谷澤政司議員) 1.高山市歴史文化の継承について  (1)国の重要伝統建造保存地区

高山市議会 2014-06-10 平成26年  6月 定例会(第3回)-06月10日−03号

国の重要伝統建造保存地区の取り組みについてを入らせていただきます。  この件については、昨年12月定例会において質問をしましたが、高山市の将来を見据えて重要な課題でありますことから、その後の動きも含めて、再度質問をさせてもらいます。  国の伝建地区である下二之町、大新町の無電柱化事業もこの春完了しました。

恵那市議会 2014-03-20 平成26年第1回定例会(第5号 3月20日)

10款5項4目文化振興費は、サンホールくしはらの修繕費や文化財指定の樹木等の枝折れなどの処理経費等、また、岩村藩主邸御殿茶室の修繕費等、さらに岩村の重要伝統建造保存地区の家屋等の屋根や庇、樋などの修繕に係る補助金をそれぞれ計上しております。  以上で、議第67号・平成25年度恵那市一般会計補正予算の説明を終わります。 ○議長(柘植 羌君) 詳細説明を終わります。

高山市議会 2013-12-20 平成25年 12月 定例会(第5回)-12月20日−資料

の支援拡充策    ①現状はどのように推移しているのか及び高山市の取り組み状況は    ②施設整備や相談支援などに新しく高山市の取り組みが必要だが 2.高山市の伝統構法木造建築物について  (1)古民家など歴史的木造建築物景観の保全とまちづくり    ①川東地区城下町における町並み保全への取り組みは    ②耐震性能などに実大実験で評価を得ている伝統構法木造建築物の保全や推進の取り組みは    ③重要伝統建造保存地区

高山市議会 2013-12-09 平成25年 12月 定例会(第5回)-12月09日−02号

それは、現在は高山地区の上三之町付近一帯と下二、大新町の2か所が国の重要伝統建造保存地区の選定を受けていますが、そのほかにも、高山地区中心市街地川東地区にあっては、その昔から、今はありませんが、高山城と同様に、当時からの城下町の形成に大きく貢献してきましたひだご坊様、高山別院があります。