129件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

中津川市議会 2022-09-10 09月10日-03号

◆1番(糸魚川伸一君) 重油ガソリンなどにつきましては、供給者の方と災害時の協定が結ばれているとのことでございますけれども、供給者自身が被災をされて搬入が厳しくなることもあろうかと思います。こうした発電機も、いざというときに使えなければ意味がございません。ガスは常備することが可能でございます。また、発電機そのもの保全性も、ガスのほうが高いということも聞いたことがございます。

大垣市議会 2020-03-16 令和2年総務環境委員会 本文 2020-03-16

節10需用費の1億957万5,000円のうち、消耗品費6,917万7,000円は、焼却に伴い発生する排ガス処理用消石灰等購入費焼却設備交換部品代などが主なもので、燃料費525万円は、焼却炉で使用する重油などの燃料代光熱水費2,640万円は、センターで使用する電気代上下水道代などでございます。節11役務費の899万9,000円は、水質検査手数料ボイラー法令点検審査料などでございます。

大垣市議会 2020-03-11 令和2年市民病院に関する委員会 本文 2020-03-11

燃料費が1億4,080万円で、A重油等の燃料でございます。修繕費が3億5,350万円で、主な内訳といたしまして、医療器械修繕費が1億8,900万円、建物修繕費が1億5,440万円でございます。賃借料が5億3,680万円で、駐車場用地借り上げなどの施設関係賃借料が1億170万円、医療機器賃借料が4億3,510万円でございます。

大垣市議会 2019-03-14 平成31年建設環境委員会 本文 2019-03-14

節11需用費の1億1,931万円のうち消耗品費6,976万4,000円は、焼却炉で使用する排ガス処理用消石灰等購入費焼却炉交換部品代が主なもので、次の燃料費614万円は焼却炉で使用する重油などの燃料代、次の光熱水費3,331万円はセンターで使用する電気代上下水道代等でございます。節12役務費864万2,000円は、水質検査手数料タービン法令点検審査料などでございます。

大垣市議会 2018-03-15 平成30年建設環境委員会 本文 2018-03-15

節11需用費の1億2,027万7,000円のうち消耗品費6,433万1,000円は、焼却炉で使用する排ガス処理用消石灰等購入費焼却炉交換部品代が主なもので、次の燃料費538万円は焼却炉で使用する重油などの燃料代、次の光熱水費3,302万円はセンターで使用する電気代上下水道代等でございます。節12役務費818万2,000円は、水質検査手数料ボイラー法令点検審査料などでございます。

大垣市議会 2018-03-14 平成30年市民病院に関する委員会 本文 2018-03-14

燃料費が1億4,080万円、A重油等の燃料でございます。印刷製本費が2,240万円、修繕費が3億3,000万円、医療器械修繕費が1億7,500万円、建物関係修繕費といたしまして1億4,500万円でございます。保険料が3,520万円、賃借料が6億1,030万円で、駐車場用地借り上げなど施設関係賃借料が9,980万円、医療機器賃借料が5億1,050万円でございます。

羽島市議会 2017-06-15 06月15日-02号

平成26年度の契約時からガソリン、軽油、重油等の単価につきまして、30円から40円ほど大きく下降しております。その他の損害保険料重量税物品修理等の増減はございません。 以上でございます。 ○議長(近藤伸二君) 2番 山北芳郎君。 ◆2番(山北芳郎君) では、先ほど公用車の台数や稼働率についてご答弁いただきました。

土岐市議会 2017-06-12 06月12日-02号

そうした前提の中で、新庁舎熱源といたしましては、電気ガスガスについてはLPガス及び都市ガス、灯油、重油等を選択肢として検討をいたしました。 その結果、熱源としては、設備機器の一般的な耐用年数でございます15年でのランニングコストを含めた費用の比較から、都市ガスによるものの評価が一番高い結果となりましたので、都市ガスを引き込むこととしております。以上でございます。

大垣市議会 2017-03-16 平成29年建設環境委員会 本文 2017-03-16

節11需用費の1億1,971万3,000円のうち、消耗品費6,790万円は、焼却炉で使用いたします排ガス処理用消石灰購入費焼却炉交換部品代などが主なもので、次の燃料費570万円は焼却炉で使用する重油などの燃料代光熱水費3,771万円はセンターで使用する電気代上下水道代でございます。続きまして、136ページをお願いいたします。

大垣市議会 2017-03-15 平成29年市民病院に関する委員会 本文 2017-03-15

燃料費は1億6,710万円で、A重油等の燃料でございます。印刷製本費が2,300万円、修繕費が3億3,650万円で、医療器械修繕費が1億7,420万円、建物関係修繕費といたしまして1億5,230万円でございます。保険料が3,870万円、賃借料が6億290万円で、駐車場用地借り上げなど施設関係賃借料が1億20万円、医療関係等賃借料が5億270万円でございます。

大垣市議会 2015-03-12 平成27年建設環境委員会 本文 2015-03-12

11需用費は447万4,000円減の1億1,736万6,000円で、うち説明欄でございますが、消耗品費6,744万3,000円は、排ガス処理用消石灰焼却灰処理用薬剤キレート等焼却炉バグフィルターろ布など交換部品燃料費604万円は焼却施設立ち上げ時の重油など、光熱水費3,731万円は、場内使用電気上下水道代でございます。

大垣市議会 2015-03-11 平成27年市民病院に関する委員会 本文 2015-03-11

燃料費が2億120万円で、A重油等の燃料でございます。印刷製本費が2,530万円でございます。次に、修繕費総額が2億9,120万円で、医療機器修繕が1億6,430万円、建物施設関係修繕費としまして1億1,420万円でございます。次に、賃借料総額が5億7,470万円で、駐車場用地借り上げなど施設関係賃借料が1億880万円、医療機器賃借料が4億6,590万円でございます。

可児市議会 2014-06-26 平成26年第2回定例会(第4日) 本文 開催日:2014-06-26

冷暖房の熱源たる燃料ボイラーというのは燃料になりませんので、燃料ボイラーからガスに変えたと、ガスボイラーに変更したということを言いたいんだろうと思いますけど、多分A重油かB重油か、石油系ガス化したものに変えることだろうということは理解できるんですが、その点について明確に、委員長報告ですからきちんとして明快に答えてください。  それから、2つ目経費削減を期待する管理形態の点です。

土岐市議会 2014-06-11 06月11日-02号

人類の焼物歴史は約1万年と言われておりますが、美濃地方では焼物産地として1,300年の長い歴史を持ち、古くは穴窯など、まきを初めとして石炭、亜炭、重油、電気ガスなど、時代とともに燃料焼成技術を変えながら、今日まで焼物産地として発展してまいりました。全国生産の約6割を出荷する日本屈指陶磁器主産地として隆盛を誇ってこられたのも、焼成技術をいち早く展開してきたことに由来するものと思います。 

中津川市議会 2014-06-11 06月11日-02号

◆22番(片桐光朗君) こういう重油とか化石燃料を使わないと、環境に優しいと言われているものが、中津川市としても今年度だけではなくて継続的にこうやって使われるということを考えているというのは、非常に意味あることだというふうに思いますので、ぜひそういうことで今後とも推進をしていただきたい、普及をしていただきたいというふうに思います。 それでは、大きな質問の2つ目に入ります。 

大垣市議会 2014-03-13 平成26年建設環境委員会 本文 2014-03-13

燃料費599万円は、焼却施設立ち上げ時の重油など。光熱水費4,123万円は、場内使用電気上下水道代でございます。12役務費836万9,000円は、水質測定や受水槽の清掃費などでございます。13委託料2億4,782万7,000円の主なものは、現在県外4ヵ所に出している焼却灰の溶融・焼成処理委託でございます。15工事請負費4億7,440万円は、前年度に比べ2億8,010万円の増額となっております。