2073件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

中津川市議会 2024-06-13 06月13日-02号

外国人に対する一般的な教育災害避難等の内容について伺いたいと思います。 1番は、市内で開催されている日本語教室状況について伺いたいと思います。 ○議長勝彰君) 定住推進部長伊藤恵之君。 ◎定住推進部長伊藤恵之君) 市内で開催されております日本語教室には、中津川にほんご教室中津川・午後のにほんご教室2つ団体により開催されております。 

中津川市議会 2023-06-14 06月14日-03号

1番でございますが、災害に強いまちづくり条例第16条では、各自主防災組織避難マニュアル作成に努めなければならないとなっております。行政として、今後どのように各自主防災組織避難マニュアル作成進捗管理、また啓発活動を進めていかれるご予定でしょうか。お聞かせいただけますでしょうか。 ○議長勝彰君) 総務部長・渡邉 卓君。

中津川市議会 2022-09-10 09月10日-03号

中津川市は、計画の中でも避難所開設マニュアル整備を進めています。このことについて、以下の質問をさせていただきます。 先ほどもちょっと一部出ましたが、避難所開設運営について、実際、その主体となるのは誰、もしくはどこだと考えていらっしゃいますか。一時避難所、その他地域避難所、そして指定避難所、福祉避難所、それぞれに対して市としての基本的な考え方を教えてください。 

高山市議会 2021-09-27 09月27日-05号

避難勧告避難指示の区別がわからないというような御意見ですとか、避難勧告発令されたが、どこが避難区域となっているのかがわからないなど、さまざまな御意見が寄せられたと述べられました。 しかし、高山市誰にもやさしいまちづくり条例に基づく推進指針には、情報伝達について、災害時などに正確かつ容易に伝わるよう取り組むように定められてきていました。そこにはこう書かれています。

関市議会 2020-12-13 12月13日-22号

避難所は、市民の方々だけではなく、市外からの来訪者、つまり在勤の帰宅困難者観光客などの利用もございますので、所在地区の人口から定員を定めているものではございません。避難者が多数になった場合には、学校のあいている会議室教室のほか、ふれあいセンター公民センターなどの予備避難所や臨時避難所で避難生活をしていただくこととなります。  

関市議会 2020-12-12 12月12日-21号

また、河川水位状況氾濫危険度情報土砂災害危険情報などから、避難情報発令の決断と指示、そして避難所開設決定指示、そして各関係機関を初め県や他市町村への協力要請決定指示などを行うことになります。  関市地域防災計画では、参集基準ごと本部長を定めております。市長は原則、第二配備体制以降の場合に本部長となります。

関市議会 2020-12-11 12月11日-20号

また、荷物を背負い、つえや車椅子を使って避難先まで行く訓練が役に立ちますけれども、避難できなかったときのために、水や食料品は3日分を準備し、持病の薬も余分に用意しなくてはなりません。一般避難所は体育館や公民館などの大部屋で、災害弱者が長期過ごすことは大変困難であります。  

土岐市議会 2020-12-10 12月10日-03号

平成29年9月議会におきまして、災害時のペット同行避難についてお尋ねをいたしましたが、今回は動物愛護の観点から質問をさせていただきます。 平成26年、美濃市に岐阜県動物愛護センター開設をされました。各保健所にて収容された犬や猫の譲渡推進動物愛護普及啓発被災動物の救護などを行い、人と動物が共生する地域社会の実現を目指すものであります。

高山市議会 2020-12-10 12月10日-03号

そして、その被害から逃れるためには、どのような情報によって、どのタイミングで、どこに避難するかといった、要するに避難を開始するタイミングを判断するものであります。避難するタイミング情報収集として事前につかんでおくことで、家族によっては高齢者等の要支援者や乳幼児がいる家庭では、早く避難をすることができます。

土岐市議会 2020-12-09 12月09日-02号

発表時には台風の影響はほとんどございませんでしたが、明るいうちから早目避難をしていただけるように、午前9時に警戒レベル3、避難準備・高齢者等避難開始を発令いたしまして、前日から自主避難所として開設をしておりました北防災センター南防災センターを引き続いて避難所とすることを含め、市内7カ所に職員を配置し、避難所を開設いたしました。 

中津川市議会 2020-12-09 12月09日-02号

当市におきましても、あすは我が身と捉えまして、水害リスクの周知や適切な避難情報発令、治山、砂防、河川改修に係る国・県要望推進計画的な河川改修推進など、ハードソフト面の両面により、市民皆様の命を守る防災対策に積極的に取り組んでまいります。 しかしながら、行政のみでは近年の異常気象対策には限界がございます。

関市議会 2020-10-09 10月09日-17号

そのような状況の中で、市民防災意識の向上を図り、住民一人ひとり災害から命を守るため適切な避難行動について学ぶ、災害避難カード作成を行うことが重要になってまいります。  そこで、1番、災害避難カード作成についての(1)本年度の災害避難カード作成進捗状況についてですが、狙いや今年度の対象となる自治会数、進め方についてお伺いいたします。

関市議会 2020-10-07 10月07日-15号

次に、避難所の環境整備が挙げられております。  全国各地発生する災害においても、避難所生活がいかにつらく、苦しいものであるか、報道などで目にする機会が多々ありました。今後、関市においても、いつ何どき大規模な災害発生をし、長期にわたる避難生活を余儀なくされるかもしれません。  こうした想定の中、避難所の環境整備が重要であるとの認識において、この政策が上げられたものと理解をしております。  

中津川市議会 2020-10-03 10月03日-05号

避難所の受け入れ体制の充実とともに、現在取り組んでおります民間事業者との災害発生時における協定や、協定実効性の検証などを行っていく中で、万一の災害発生時には迅速に対応のできる体制を構築し、市民皆様が安心して暮らせる中津川市をつくってまいります。 新規就農者と移住・定住施策を結びつけるご質問もいただきました。

関市議会 2020-09-26 09月26日-14号

具体的には、市内の全地域において災害避難カード作成していきます。また、防災基本条例の制定を進め、それぞれの地域において住民が中心となって地区防災計画を策定することを支援いたします。このほか、避難所の環境整備避難所運営訓練の実施、また企業や団体などの防災対策への支援を行っていきます。あわせて、河川改修などハード事業も着実に推進してまいります。  2つ目の分野は「産業」です。

中津川市議会 2020-09-09 09月09日-02号

政府は緊急避難措置だと言いますが、国内処理原則になっている以上、緊急避難では済みません。これまでの体制の抜本的な見直しが不可欠であります。自治体に押しつけるのでなく、生産段階からプラスチックごみ減量対策に乗り出すことが国の責任であります。生産者が、製品の生産使用段階だけでなく、廃棄・リサイクル段階まで責任を負う拡大生産者責任の立場で、システムを見直すことが必要です。