17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

高山市議会 2019-06-25 06月25日-05号

過疎対策については、昭和45年に過疎地域対策緊急措置制定以来、4次にわたる特別措置法制定により、総合的な過疎対策事業が実施され、過疎地域における生活環境整備産業振興など一定成果を上げたところである。 しかしながら、依然として多くの集落が消滅の危機に瀕し、また、森林管理の放置による森林の荒廃や度重なる豪雨地震等の発生による林地崩壊、河川の氾濫など、極めて深刻な状況に直面している。 

関市議会 2013-03-05 03月05日-03号

昭和45年、過疎地域対策緊急措置制定されまして、以後、過疎地域振興特別措置法活性化特別措置法が10年間の時限立法制定され、さらに、平成12年には自立促進特別措置法制定平成21年度で終了する予定であったところ、深刻化する過疎問題に対応するために、施行期限議員立法によりまして6年間延長され、また、震災の影響から、さらに平成33年末までの5年間延長されることになりました。  

恵那市議会 2008-10-03 平成20年第3回定例会(第4号10月 3日)

過疎対策については、昭和45年に「過疎地域対策緊急措置」制定以来、3次にわたる特別措置法制定により、総合的な過疎対策事業が実施され、過疎地域における生活環境整備産業振興など一定成果を上げるとともに、過疎地域の持つ美しい自然環境や国土の保全、食料等都市地域への供給といった国民共通の有益な機能の維持に寄与してきたところである。  

恵那市議会 2008-09-17 平成20年第3回定例会(第3号 9月17日)

我が国が高度経済成長を遂げるとともに、地方から都市部へと人口が流出して急激な人口減少をもたらした地域について、昭和45年から過疎地域対策緊急措置が10年間の時限立法で施行され、以後10年経過ごと過疎地域振興特別措置法過疎地域活性化特別措置法過疎地域自立促進特別措置法、3次にわたり法律制定され、今日までさまざまな振興策がとられてきたところであります。

高山市議会 2007-12-21 12月21日-06号

過疎地域活性化については、昭和45年の過疎地域対策緊急措置、昭和55年の過疎地域振興特別措置法及び平成2年の過疎地域活性化特別措置法に基づき各種対策が実施され、さらに過疎からの自立促進として、平成12年の過疎地域自立促進特別措置法に基づく過疎対策事業により、道路上下水道福祉施設などの生活基盤整備等が図られ、一部では観光地域資源を活かした産業振興での成果があがっているところであるが、過疎地域

中津川市議会 2007-12-21 12月21日-04号

過疎地域自立・活性化のための新立法措置に関する意見書 過疎地域活性化については、昭和45年の過疎地域対策緊急措置、昭和55年の過疎地域振興特別措置法及び平成2年の過疎地域活性化特別措置法に基づき、各種対策が実施され、さらに過疎からの自立促進として、平成12年の過疎地域自立促進特別措置法に基づく過疎対策事業により、道路上下水道福祉施設などの生活基盤整備等が図られ、一部では観光地域資源を活かした

恵那市議会 2007-12-20 平成19年第4回定例会(第4号12月20日)

過疎地域活性化については、昭和45年の過疎地域対策緊急措置、昭和55年の過疎地域振興特別措置法及び平成2年の過疎地域活性化特別措置法に基づき各種対策が実施され、さらに過疎からの自立促進として、平成12年の過疎地域自立促進特別措置法に基づく過疎対策事業により、道路上下水道福祉施設などの生活基盤整備等が図られ、一部では観光地域資源を活かした産業振興での成果があがっているところである。  

  • 1