262件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

瑞浪市議会 2021-02-26 令和 3年第1回定例会(第2号 2月26日)

6款 農林水産業費、1項 農業費、1目 農業委員会費1,956万6,000円は、農業委員及び農地利用最適化推進委員並びに農業委員会事務局職員人件費遊休農地対策のための農地中間管理機構集積支援事業費などでございます。  2目 農業総務費4,803万8,000円は、農林課職員人件費でございます。  49ページです。  

関市議会 2020-12-09 12月09日-21号

いわゆる耕作放棄地遊休農地、荒廃農地が増えるわけであります。農地は年々減少を続けております。宅地などに転用されたりもしておりますが、そのまま耕作放棄地になってしまうケースも多く、耕作放棄地は増え続けているのが現状かと思われます。農地減少し、耕作放棄地が増加するというわけでありますから、農業生産減少し、食料自給率が低下をし続けるということになります。

各務原市議会 2020-12-09 令和 2年第 6回定例会−12月09日-04号

土地所有者世代交代が進む中、水田農業担い手減少遊休農地化する農地も一部見られ、雑草の繁茂など住環境への影響も懸念されます。ここで有効な土地利用が図られれば別の話であると思います。  また、バイパス整備エリア地域要望で目立つのが、主要道路渋滞解消生活道路の30キロ速度規制大型車通行禁止です。これらは、都市化が進む地域であればどこでも起こる課題と認識しております。

高山市議会 2020-12-08 12月08日-02号

さらに、集落等での話合いによっては、若い人や女性も含めて不作付地遊休農地の有効な活用などのアイデアが生まれ、高付加価値化や6次産業化特産品開発などで集落地域に新たな収入を得る機会も期待できる。そうした取組は、コミュニティーの再生にもつながると思いますが、市の考えを伺います。 ○議長倉田博之君) 林農政部長。   

各務原市議会 2020-09-09 令和 2年第 5回定例会−09月09日-02号

そこで、本市における農地利用農業が営まれていない遊休農地対策の観点から質問いたします。  まず、本市農地現状課題を整理して述べたいと思います。  現状1つ目は、面積減少です。  本市農地面積は、過去5年間で0.55平方キロメートル減少しました。東京ドーム約12個分です。各務原市の総面積に占める農地の割合は16.9%と大きくはありません。

関市議会 2020-03-03 03月03日-03号

その公開している情報は、土地の所在、地番、地目、面積、農振法や都市計画法地域区分所有者農地に関する貸したい、借りたいなどの意向耕作者ごとに付番した整理番号賃借権等権利の種類とその存続期間農地管理機構権利取得や転貸の状況遊休農地の判断と措置の実施状況でございます。このようにたくさんの情報が入っておるところでございます。  

瑞浪市議会 2020-02-27 令和 2年第1回定例会(第2号 2月27日)

6款 農業水産業費、1項 農業費、1目 農業委員会費1,948万4,000円は、農業委員及び農地利用最適化推進委員並びに農業委員会事務局職員人件費遊休農地対策のための農地中間管理機構集積支援事業費などでございます。  次に、2目 農業総務費4,890万5,000円は、職員人件費です。436万6,000円の減額は、東濃農業共済事務組合の解散による負担金の減などでございます。  

多治見市議会 2019-06-20 06月20日-03号

4つ目南姫地区に限ったことではありませんが、田植えが終わった田んぼの周りに田植えをしていない、いわゆる遊休農地があります。最近ふえているように思いますが、ここ5年間の遊休農地の推移を教えてください。また、多治見市として遊休農地がふえている原因は何だと認識し、削減に向けてどんな取り組みをしているのか、あわせてお願いします。 

各務原市議会 2019-03-26 平成31年第 1回定例会−03月26日-05号

続いて、議第13号を議題として、提出者説明の後、質疑を許したところ、「農業委員会委員報酬に年額を加える理由は」との質疑に、「法改正により、担い手への農地集約集積化遊休農地発生防止やその解消に向けた活動を行うことに対する報酬を支払う」との答弁がありました。  質疑を終結し、討論を許したところ、討論はなく、採決の結果、賛成全員で議第13号は可決すべきものと決しました。  

恵那市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第4号 3月20日)

しかしながら、近年、一部の事業者地域に十分な説明を行わないまま太陽光発電事業が進められ、地域住民の不安や不信を招いてしまうケースのほか、太陽光発電設備住宅地に近接した遊休農地や山林を伐採して設置されるなど、周辺環境との不調和や景観の阻害、反射光等による光害といった地域住民住環境への悪影響のみならず土砂災害等発生が危惧される状況となっている。  

各務原市議会 2019-03-20 平成31年 3月20日総務常任委員会−03月20日-01号

人事課長平工泰聡君) こちらは法改正によりまして、従来の農業委員会活動に加えまして農地利用最適化推進に関する事務農業委員会必須事務に位置づけられたということで、年間を通じて担い手への農地集約集積化、さらには遊休農地発生防止やその解消に向けた活動を行うということで、それに対する報酬を支払うということになります。以上です。

恵那市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第3号 3月13日)

農業委員会一般経費農地利用最適化活動報酬増額と、農地利用状況調査謝礼金減額の詳細はとの質疑には、1,055万8,000円の増額は、今年度から始まった農地担い手への集積遊休農地解消などに対して、農地利用最適化交付金事業として国からの交付金を受け、農業委員19名、農地利用最適化推進委員22名、合計41名への1年分の実績・成果に基づいて支払う報酬として、3月補正にて一括計上したものである。

各務原市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会−03月11日-02号

この当たり前のように見て過ごしてきた景観の形成の中に、数年前から少しずつ荒れた雑草遊休農地がふえ始めています。ここにも少子高齢化の波が押し寄せ、厳しい現実を突きつけられていることに、これまで田畑を耕し、多くの実りを手がけてこられた農地所有者の御苦労はいかばかりかと存じます。  

瑞浪市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第2号 2月26日)

49ページの6款 農林水産業費、1項 農業費、1目 農業委員会費1,905万2,000円は、農業委員及び農地利用最適化推進委員並びに農業委員会事務局職員人件費と、遊休農地対策のための農地中間管理機構集積支援事業費でございます。  2目 農業総務費5,327万1,000円は、職員人件費と東濃農業共済事務組合への負担金です。  

瑞浪市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3号12月11日)

今後も、エゴマ特産品化を目指しまして、市内エゴマ栽培が盛んに行われますように、県の協力を仰ぎながら、遊休農地活用した試験栽培栽培に関する勉強会の開催などにも取り組んでいきたいと思います。そして、将来的には栽培面積拡大や、エゴマを用いた製品の開発、当然、販路拡大も支援していきたいとなと思っております。  

関市議会 2018-09-13 09月13日-13号

洞戸地域遊休農地活用した補助事業をめぐり、住民事業者間の土地貸借契約書が偽造された件で、行政の対応に疑義が生じ、市民の信頼を損ねる事態となりました。  これは平成25年度に行われ、翌年1年余りで破綻した事業ですけれども、国の補助金1億5,000万円が投入されて、なぜ1年で行き詰まってしまったのか、いまだに謎に包まれているという事業です。