2294件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岐阜市議会 2019-06-05 令和元年第3回(6月)定例会(第5日目) 本文

建築年数が相当経過、そして、老朽化が進行している建物、市営住宅、台風などの暴風雨、大きな地震の発生の場合、危険な状態になるであろうということから入居の募集を停止し、別な住宅への転居を呼びかけ、全部転居したところで順次取り壊しが進められています。

岐阜市議会 2019-06-03 令和元年第3回(6月)定例会(第3日目) 本文

御案内のとおり、JR岐阜駅や名鉄岐阜駅周辺から柳ケ瀬に至る中心市街地に位置する徹明地域では、高島屋南地区再開発を初めとして、このところ民間投資によるマンション建設が複数棟進行しております。十六銀行の調査によりますと、向こう5年で1,000から3,000人と、少々幅がありますが人口増加が見込まれております。  

恵那市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第4号 3月20日)

市へ戻った平成6年、企画財政課では計画行政のPDCAを実質的に行うために行政経営のNPOの会員となり、自費を捻出して勉強し、総合計画や行革の進行管理の手法や行政評価や市民参画の手法等、導入を試みましたが、時期が早かったため進まず、まず現場をよく知ることが大切だと感じ、現場を希望して以来、上下水道と環境以外のセクションはほとんど経験させていただきました。

各務原市議会 2019-03-13 平成31年第 1回定例会−03月13日-04号

厳しい場面に対するとき、組織の連携力で子どもを守れるかということは、既に以前この虐待の問題を議員から問われておられることにお答えをいただいておりますけれども、変わらず虐待の事件がふえているということについては、命に直接かかわる事態は進行してしまっているという段階だと思います。暴力がむき出しに襲いかかる深刻な事態になる前、その直面する前に、幼い犠牲を起こさない体制をどうつくるか。  

各務原市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会−03月12日-03号

一方で、今後も高齢化の進行等によりまして、社会保障関係費や民生費は増加していくものというふうに考えられます。  平成30年3月での国立社会保障・人口問題研究所の日本の地域別将来推計人口によりますと、本市の65歳以上の人口は、平成27年度が3万8235人でありましたが、平成52年度、こちらは2040年度になります。高齢者がピークになりまして、4万2240人となることとされています。  

瑞浪市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4号 3月 8日)

婚活支援事業では、近年の少子化の要因となっている晩婚化、未婚化の進行を踏まえ、結婚のための活動を支援する事業を行う方に対し、婚活支援事業交付金を最大10万円まで交付しております。  本事業の実施要件としましては、参加者が20歳以上であること、参加者総数が20名以上で、市内の会場で実施することなど7つの要件を定めております。  

可児市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第3日) 本文 開催日:2019-03-07

外部関係機関との連携のもと、支援計画進行管理や支援メニューの充実を図っております。  健康増進課では、虐待発生リスクが高い産前産後時期のフォローを担当しております。産前訪問を充実させるとともに、今年度から産後ケア事業を開始いたしました。出産直後の不安定な時期のかかわりの重要性が明らかになっているところでございます。  

岐阜市議会 2019-03-06 平成31年第1回(3月)定例会(第6日目) 本文

大略、以上が本特別委員会の活動経過でありますが、今後、ますます高齢化や人口減少の進行が見込まれる中、持続可能なまちづくりを推進するため、公共交通で結ばれた集約型都市構造の実現を目指し、幹線・支線バスとコミュニティバスが連携したバスネットワークの確立を図るとともに、自動車や公共交通を含めたさまざまな交通手段の連携により、誰もが自由に移動できる交通環境社会を実現すること。

岐阜市議会 2019-03-01 平成31年第1回(3月)定例会(第1日目) 本文

イ トンネルの維持管理方針     (ア) 維持管理の基本方針       高度経済成長期に整備されたトンネル・橋梁等の道路施設       の老朽化が進行しており、施設を効率的に維持管理していく       ことが求められる。このため、持続的な維持管理体制を確立       し、予防保全型の修繕に転換し、トンネルの安全性を確保す       るとともに、トンネル寿命の延命を図る。     

中津川市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月21日−04号

日程第2、12月定例会最終日の議事日程でございますが、お手元にございます平成30年第5回中津川市議会定例会第4号の案とあわせまして進行表により進行することを確認決定いたしました。  なお、一括議題につきましては、1つに議第112号から議第114号、2つに議第115号から議第118号、3つに議第100号から議第126号となります。  

各務原市議会 2018-12-19 平成30年12月19日建設水道常任委員会−12月19日-01号

◆委員(永冶明子君) 地権者があると思うんですけれども、その後、地権者との話は、道路用地に関してはどのように進行してきたか、これまでのをお聞きしたいんですが。 ○委員長(大竹大輔君) これは、公社から市という流れになるかと思いますが。 ◆委員(永冶明子君) 地権者とは話はついているということですね。 ◎道路課長(中村俊夫君) まだ予算措置がなされていませんので、地権者との交渉は行っておりません。

各務原市議会 2018-12-13 平成30年第 4回定例会−12月13日-03号

フレイルが進行していく要因として、大きく2つ上げられます。1つは、高血圧や糖尿病などの生活習慣病などの重症化であり、もう1つは、見る・聞く・食べる・動くなどの心身の機能が老化により衰えることです。これらの進行に対策をとらずにいると、フレイルの悪循環により心身の衰えが早く進み、高齢者の健康づくりでは今後フレイル予防、改善が重要であると考えます。  

各務原市議会 2018-12-12 平成30年第 4回定例会-12月12日-02号

業務の進行の途中、あるいは業務が終わった段階、こういったような段階で行う予定でおります。   (「議長、再質疑」と呼ぶ者あり) ○議長(川瀬勝秀君) 17番 波多野こうめ君。 ◆17番(波多野こうめ君) 再質疑ですが、これ5年の契約なんですが、例えば1年目についてはどのぐらいそれを行うのか、2年目についてはどのぐらい行うのかと、ちょっと期間的なことで御答弁をお願いしたいと思います。

瑞浪市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3号12月11日)

行政が早くやろうとしている下益見1号線に対して、土岐橋がまだ進んでいないからそんなに早くやることに違和感を覚えるというような発言がありましたが、やはり同時に進行していただく中で、早くできるものは早くやっていただくべき話であって、その最後にまた地元説明会が19日に行われるものはいかがなものかという発言まで出てきまして、びっくりしたわけですが、19日に早くやっていただいて、早く地元の皆さん方の了解を得て

瑞浪市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2号12月10日)

一つは、フレイルに陥らないようにすること、もう一つは、フレイルが進行するのを防ぐことになります。  そこで、要旨ウになりますが、フレイル予防については今後どのように推進していくのかについて、民生部長にお伺いいたします。 ○議長(熊澤清和君)  民生部長 加藤誠二君。 ○民生部長(加藤誠二君)  それでは、要旨ウ、フレイル予防については今後どのように推進していくのかについてお答えいたします。  

中津川市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月07日−02号

日程第1としまして、12月定例会2日目、本日の議事日程でございますが、平成30年第5回中津川市議会定例会第2号(案)の議事日程及び同進行表について、そのとおりの進行を確認決定いたしました。なお、議第119号から126号までにつきましては一括提案となりますので、よろしくお願いをいたします。  日程第2、その他でございます。