運営者 Bitlet 姉妹サービス
517件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-14 関市議会 平成30年第3回定例会会議録-09月14日−14号 今、政府の農業政策は成長戦略の一環として輸出重視に傾いております。担い手と呼ばれる若手中核農家のもとに農地を集約し、生産性を高めて、開放された国際市場における競争に勝ち抜こうという攻めの農業政策です。   このような状況のもと、1、関市の農業の特徴と課題はどのようなものか、お尋ねをさせていただきます。 ○副議長(鷲見勇君)    当局の答弁をお願いします。   尾関市長、どうぞ。 もっと読む
2018-03-12 関市議会 平成30年  3月 新年度予算特別委員会-03月12日−01号 工業統計調査が来年度ありますし、住宅土地統計調査、岐阜県輸出関係調査の調査員及び指導員の延べ159人分の報酬になります。  続いて、賃金でございますけれども、これは事務整理等の臨時職員の賃金でございます。  それから、以下、報償費、需用費、役務費につきましては、各種統計調査に必要な経常的な事務費でございます。  以上で企画部の歳出を終わります。 もっと読む
2018-03-12 各務原市議会 平成30年第 1回定例会-03月12日-02号 ですから、輸出関係、そういったところには影響というのは大きく出ているんではないかというふうには考えております。   (「議長、再質疑」と呼ぶ者あり) ○議長(川瀬勝秀君) 17番 波多野こうめ君。 ◆17番(波多野こうめ君) 4番に行きます。  中小零細業者の所得について、お伺いしたいと思います。   もっと読む
2018-03-08 土岐市議会 平成30年第1回 定例会-03月08日−03号 具体的な数値の分析ということではございませんけれども、国内経済全般では外需の伸びなど緩やかな持ち直しが見られ、輸出企業を中心に好業績が伝えられておるようでございますけれども、陶磁器業界では景況感の高揚は余り感じられないのが現状ではないかということで考えております。  特に、国内向け需要は芳しくなく、昨年の夏ごろから関係者の方からもよくないというようなお話を耳にするようになりました。 もっと読む
2017-12-15 各務原市議会 平成29年第 5回定例会−12月15日-04号 RIT事業は、日本各地の中小企業がグループ単位で海外との地域間でのビジネス交流や、さらには商談をもジェトロが支援するスキームであり、商談の結果、地域間での輸出や技術提携、共同製品開発などができる体制の構築も期待され、最終的には地域産業活性化を目指そうとするものです。   もっと読む
2017-12-15 各務原市議会 平成29年第 5回定例会−12月15日-04号 RIT事業は、日本各地の中小企業がグループ単位で海外との地域間でのビジネス交流や、さらには商談をもジェトロが支援するスキームであり、商談の結果、地域間での輸出や技術提携、共同製品開発などができる体制の構築も期待され、最終的には地域産業活性化を目指そうとするものです。   もっと読む
2017-12-08 恵那市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月 8日) 他業種の製品づくりや最先端技術と組み合わせることで、若干オリジナルのブランド製品をつくり、開発段階から輸出国と連携し、買い手が使い勝手のよいものにし、少量でも高く売れる商品の開発を行う、こうした取り組みはできないものかお聞きします。 ○議長(後藤康司君) まちづくり企画部長・服部紀史君。 もっと読む
2017-09-14 各務原市議会 平成29年第 3回定例会−09月14日-03号 その要因の1つは、2016年後半に資源価格が安定し、円高方向の動きの鈍化、さらには海外経済の回復により日本の輸出が持ち直したためです。2つ目の要因として、国内の労働市場の改善による有効求人倍率の上昇、完全失業率の低下など、総雇用者所得も緩やかではありますが回復しつつあります。 もっと読む
2017-09-01 岐阜市議会 平成29年第4回(9月)定例会(第2日目) 本文 こうした要因も含め、我が国の輸出や生産が持ち直し、結果として企業収益は過去最高水準に達するなど、景気の好循環が着実に始まっています。  こうした一方で、少子・高齢化や人口減少による人手不足が深刻化しており、このことが持続的な経済成長を目指す上での制約となるのではないかと懸念されています。 もっと読む
2017-06-15 各務原市議会 平成29年第 2回定例会-06月15日-02号 商談の結果、地域間での輸出や技術提携、共同製品開発などができる体制の構築も期待され、最終的には地域産業活性化を目指そうとするものであります。  そもそも本市とアメリカ・ワシントン州の関係は、平成27年11月にエバレットコミュニティカレッジとの連携協定締結に始まりました。 もっと読む
2017-06-15 各務原市議会 平成29年第 2回定例会-06月15日-02号 商談の結果、地域間での輸出や技術提携、共同製品開発などができる体制の構築も期待され、最終的には地域産業活性化を目指そうとするものであります。  そもそも本市とアメリカ・ワシントン州の関係は、平成27年11月にエバレットコミュニティカレッジとの連携協定締結に始まりました。 もっと読む
2017-06-15 瑞浪市議会 平成29年第3回定例会(第3号 6月15日) こんな中で、最近、地場産業にも変化があり、ここ4年間の株高、円安、原油安、有効求人倍率、それと、白磁製品・洋食器の輸出など、一部に好況感があり、元気が出てきております。  そういう中で、青少年の現状を見てみますと、中学校統合で昼間の生徒はいない。けれども、統合して部活や地域ボランティアで一生懸命中学生が頑張っているという姿を見るわけであります。   もっと読む
2016-12-21 恵那市議会 平成28年第5回定例会(第3号12月21日) 海外からのお客さまに対して産品を販売するということは、これは輸出と同様にカウントがされますし、その上送料だとか、輸出のいろんな関税の手間だとかいうところもかからないですので、インバウンドを対象にするということも一つの方法かなというふうに思っておりまして、その両面で考えてまいりたいというふうに考えております。以上です。 ○議長(荒田雅晴君) 柘植 羌君。 ○18番(柘植 羌君) はい、わかりました。 もっと読む
2016-12-21 恵那市議会 平成28年第5回定例会(第3号12月21日) 海外からのお客さまに対して産品を販売するということは、これは輸出と同様にカウントがされますし、その上送料だとか、輸出のいろんな関税の手間だとかいうところもかからないですので、インバウンドを対象にするということも一つの方法かなというふうに思っておりまして、その両面で考えてまいりたいというふうに考えております。以上です。 ○議長(荒田雅晴君) 柘植 羌君。 ○18番(柘植 羌君) はい、わかりました。 もっと読む
2016-12-07 土岐市議会 平成28年第5回 定例会-12月07日−02号 多国籍輸出大企業などがもうかる反面、日本の農業に深刻な影響を及ぼすと考えています。一方で、アメリカの次期大統領がTPP反対を掲げて当選されたということで、さらに混迷を深めている状況です。アメリカの労働者の雇用の場が奪われてしまうということで反対しているわけですが、日本でも同様で、さらに食料自給率の低下など悪影響が大きいように感じています。   もっと読む
2016-11-21 高山市議会 平成28年 文教産業委員会-11月21日−14号 ○今井武男委員長 海外の輸出も、前のミートセンターの大池会長もそのことについては努力されてはおりますけれども、今後、やはりそのようなことについて、努力してほしいというようなことを、もし聞かれれば……。 ◆倉田博之委員 当然、行政としても努力しなければならないことではありましょうし、議会としても、それを後押ししますという形じゃないでしょうか。   もっと読む
2016-11-01 岐阜市議会 平成28年第5回(11月)定例会(第5日目) 本文 また、女性のいる組織は、農産物の加工、観光農園、農家民宿、輸出など、経営を多角化させるとの傾向があり、商品開発や接客技術の高さなどを生かした分野で、6次産業化を通じ、農家の所得をふやすためにも、女性の活躍を後押しする政策の充実が求められています。   もっと読む
2016-11-01 岐阜市議会 平成28年第5回(11月)定例会(第2日目) 本文 いい数字ばかり並んでおりますので、こういった数字を見ると当たり前のような気もするんですが、しかし、GDPの成長率の中身を見てみますと、牽引役は外需頼みの輸出という、これまでの日本経済のあり方とは余り変わらない状態であり、一方、個人消費や設備投資は停滞している様子も一部ですが見られます。 もっと読む
2016-10-07 各務原市議会 平成28年第 3回定例会−10月07日-04号 それ以外の企業についても、景気の回復や輸出環境の改善により、平成26年度に比べ全体的に業績がよかったと考えている」との答弁。  「収納率が改善した要因は」との問いに、「1つ目が、現年の滞納者に対する電話催告を行ったこと。2つ目が、コンビニ納付や口座振替の推奨を図るなど、納税環境の整備・充実を行ったこと。3つ目が、毎月夜間・休日の納税相談を実施し、個別の事案に細かく対応したこと」との答弁。   もっと読む
2016-10-07 各務原市議会 平成28年第 3回定例会−10月07日-04号 それ以外の企業についても、景気の回復や輸出環境の改善により、平成26年度に比べ全体的に業績がよかったと考えている」との答弁。  「収納率が改善した要因は」との問いに、「1つ目が、現年の滞納者に対する電話催告を行ったこと。2つ目が、コンビニ納付や口座振替の推奨を図るなど、納税環境の整備・充実を行ったこと。3つ目が、毎月夜間・休日の納税相談を実施し、個別の事案に細かく対応したこと」との答弁。   もっと読む