180件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高山市議会 2020-03-19 03月19日-05号

国は、国民暮らし向きにはなかなか振り向きができず、相変わらずの大企業優先支援軍事増大となっています。何よりも社会保障費削減は、大きく国民暮らしを困らせています。今こそ、弱者切捨て政治をやめさせて、社会保障優先政治に切り替えることを強く訴えるものです。 高山市の来年の予算はどうでしょうか。市民暮らし応援になっているでしょうか。 一般会計462億円の使い方です。

瑞浪市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5号 3月22日)

軍事であります。  安倍内閣は、アメリカから兵器爆買いをしています。このたびも、その飛んでくるか来ないかわからないような北朝鮮のミサイルの攻撃に対して、新しく撃ち落とす兵器を2基、そして、戦闘機アメリカから147基買う。この予算はありませんので、5年間繰り延べで27兆5,000万円、中期防衛で計画をしました。  

大垣市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会〔資料〕 2019-03-20

軍事不要不急大型公共工事へ│ │      │歳出を減らし、暮らし社会保障地域経済振興優先税金を使い、内需│ │      │主導家計を温める経済政策をとるべきである。そうすれば、社会保障制度│ │      │拡充も、財政再建の道も開かれる。                 

可児市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第1日) 本文 開催日:2019-02-26

軍事不要不急大型公共事業への歳出を減らし、暮らし社会保障地域経済振興税金を使い、内需拡大することで家計を暖める経済政策をとるべきです。そうすれば、社会保障制度充実も、財政再建の道も開かれます。  私たちは、住民暮らし地域経済地方自治体に深刻な打撃を与える消費税増税を中止することを強く求めます。  以上の趣旨から下記事項について請願いたします。  請願事項

関市議会 2018-12-14 12月14日-20号

一方、毎年増え続けた軍事は、ついに5兆円を突破しました。社会保障のためというのは真っ赤なうそということではないでしょうか。  そこで、1番の来年10月からの消費税10%への増税について市長の見解はであります。まず、この1についてお答えを願います。 ○議長(山藤鉦彦君)   当局の答弁をお願いいたします。  尾関市長、どうぞ。

各務原市議会 2018-11-29 平成30年第 4回定例会-11月29日-01号

軍事不要不急大型公共事業への歳出を減らし、暮らし社会保障地域経済振興優先税金を使い、内需主導家計を温める経済政策をとるべきです。そうすれば、社会保障制度拡充も、財政再建の道も開かれます。  私たちは、住民暮らし地域経済、そして地方自治体に深刻な打撃を与える消費税増税を中止することを強く求めます。  以上の趣旨から、次の事項について請願をいたします。  請願事項。  

関市議会 2018-10-02 10月02日-16号

軍事不要不急大型工事への歳出を減らし、暮らし社会保障地域経済振興優先税金を使い、内需をあたためる経済政策をとるべきです。そうすれば社会保障制度拡充地方自治体の自立・財政再建の道もひらかれます。  住民暮らし地域経済地方自治体に深刻な影響を及ぼす2019年10月からの消費税10%への引き上げは中止することを強く求めます。  

恵那市議会 2018-03-22 平成30年第1回定例会(第5号 3月22日)

国は、消費税5%から8%への増税のとき、これは社会保障のためと言っておきながら、3%増税分の5兆円の大半はこれまで一般財源で対応していた基礎年金国庫負担分約3兆円、一般財源で確保していた社会保障分1兆3,000億円に振り分けるのであり、その分を震災復興増税企業負担の廃止や大企業の減税の穴埋め、また公共事業史上最高軍事等に回しているのであって、全て社会保障にというのはでたらめでした。

関市議会 2017-09-13 09月13日-14号

一言申し上げますと、先ほど27年5月に国民健康保険制度の改正ということからということですが、現在、今、安倍政権で国政を運営されておりますが、安倍政権は、軍事を6年連続で増やす一方、社会保障自然増、これ6年連続で削ろうとしております。今度の2018年度予算では、社会保障自然増6,300億円のうち1,300億円を削減する方針だということです。

土岐市議会 2017-03-27 03月27日-04号

そうした厳しい財政状況の中で、軍事は5年連続増加し、そのツケを社会保障費自然増1,400億円の削減文教予算中小企業対策費農業予算などにおいては、軒並み前年度比マイナスとなりました。 一般会計ベース基礎的財政収支(プライマリー・バランス)は、安倍内閣で初めて前年度より悪化しており、政策破綻財政面でも表面化してきました。 

各務原市議会 2017-03-22 平成29年第 1回定例会−03月22日-03号

毎年5兆円も軍事につぎ込む一方で、社会保障費は毎年5000億円も削減し、保育・教育に充てる支出先進国の中で異常に低い。こんな税金使い方が続けば、国民格差貧困が広がるのは当然の成り行きです。  国に、政治の果たすべきことを果たせと地方から求めるべきで、市長は国にも県にもしっかり物を言うべきです。国の言いなりで漫然とやるだけでは、格差貧困も深刻化し、広がるだけです。  

各務原市議会 2016-12-15 平成28年第 4回定例会-12月15日-03号

こうした戦争する国への変貌、国民は、軍事増大からも軍備拡張拡大を懸念しています。市民の不安をよそに、新機能を搭載したステルス戦闘機などが爆音をまき散らして飛び上がっていきます。市民生活圏を、我が物顔で頭上を飛び放題という印象は拭えません。今後、市民に我慢を強いるのではなく、市民頭上での危険な訓練飛行テスト飛行をやめるよう要望する強い対応が求められていると思います。  

各務原市議会 2016-09-26 平成28年第 3回定例会−09月26日-02号

こうした実態を生み出していながら、安倍政権は、国民の追い詰められた現実を見ないばかりか、社会保障費を毎年削減し続け、その一方で軍事は5兆円超えの増額とは、あきれた政府です。今後も要介護1・2の切り捨てなど社会保障費は削り続け、自助・互助で国民をさらに追い詰める最悪のシナリオを強行します。

関市議会 2016-06-15 06月15日-09号

一方、消費税増税の推進をする一方、大企業向け法人税連続して引き下げて、軍事も5年連続増額していました。  税金の集め方や使い方を見直せば、消費税増税しなくても社会保障充実財源が確保できるのは明らかであります。消費税増税しなくても、社会保障充実財源が確保できるのは、先ほど言いましたことで明らかでありますので、その努力をしない、これがまさに押しつけであります。