76件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高山市議会 2020-12-10 12月10日-03号

市では、フードバンク取り組みとしまして、高山市社会福祉協議会と連携して、協力事業者からいただいた食品加工する中で商品として出せなくなったパンであるとか、賞味期限が近づいてきたお菓子などの食品福祉サービス総合相談支援センター子ども発達支援センターなどで把握した食料支援が必要な方に定期的に提供したり、食品を大量にいただいた場合には、福祉施設などに提供するなどの食料支援を行っているところでございます

土岐市議会 2020-09-06 09月06日-02号

液体ミルク長期の保存が可能ということですけれども、長期といっても賞味期限等、長くて1年ということでございますので、市が備蓄する物資にはちょっと向いていないのかなあということで考えておりまして、先ほどもお話がありましたけれども、昨年9月の水石議員質問にお答えさせていただきましたように、災害協定に基づいて供給していただくという方向で考えておるところでございます。 

多治見市議会 2019-12-13 12月13日-04号

国内での販売が始まったばかりでございますが、賞味期限が半年から約1年と聞いてございます。頻繁に入れかえをする必要があります。また、保管場所の温度など環境についても、他の備蓄品よりも配慮が必要でございます。大量に備蓄するには少し課題があると認識をしております。今後、導入に向けて既に導入した先進自治体に状況を伺いながら、課題を整理してまいります。

各務原市議会 2019-12-11 令和 元年第 4回定例会−12月11日-03号

その一方で、乳児用液体ミルク賞味期限は長いものでも1年程度であり、備蓄用に購入した場合頻繁に更新が必要になることや、粉ミルクに比べてコストが高いことなどの課題があります。  そのため、本市では、乳児用液体ミルク液体ミルクを飲む際に必要となる使い捨て哺乳瓶について、協定先である事業者流通備蓄による調達を予定しております。  

大垣市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第2日) 本文 2019-12-09

食品ロスとは、食べ残しや売れ残り、また返品、調理中の野菜の皮などのことで、本来食べられるのに捨ててしまわれる食品をいい、食べ残しや賞味期限が近いもの、また消費期限が切れているもので食品ロスが排出される量というのは、事業所食品ロスと比較しても、家庭から出る量は、やはり多いとされております。今後、市民事業者にどのように周知啓発をされていくのか、お答えください。

多治見市議会 2019-09-20 09月20日-04号

お金での応援ではなくて、賞味期限の近づいたものを子ども食堂にぜひとも御寄附を願いたいというようなことで、子ども食堂については非常にプラスになりますし、バローグループとしては、それを高いお金をかけてガソリンを使って遠くに捨てに行く、こういうようなことがないような、両方がウイン・ウインとなるような形を選考をしております。 

羽島市議会 2019-09-11 09月11日-03号

液体ミルクにつきましては、賞味期限が半年から1年と短期間であるため、備蓄物品には入れず、災害協定に基づく調達品目の追加を計画しています。 災害弱者のうち高齢者の方への対応としては、ソフトパンやおかゆ、水分量でかたさを調整できるアルファ米などで対応したいと考えています。これらの食糧は離乳食としても活用できるものと想定しています。 以上のとおり、計画的な備蓄を進めております。

羽島市議会 2019-06-19 06月19日-03号

次に、食品ロス削減観点から、賞味期限を迎える前に配布するなどして、災害用備蓄食料有効活用に取り組む自治体がふえております。 本市におきましても、防災訓練防災講習会などに参加された方に、乾パンなど災害用備蓄食料を配布されておりますが、賞味期限何カ月前からのものを配布されているのか、また、廃棄されるものはあるのか、お聞かせください。 ○議長星野明君) 市長室長 国枝篤志君。

岐阜市議会 2019-06-02 令和元年第3回(6月)定例会(第2日目) 本文

ちなみに、これまでも、これからも、私のSDGsチャレンジの1つは、賞味期限が近い食品を買うことです。  ここで環境部長にお尋ねをいたします。  1点目、この法律では、国、都道府県、市町村は、消費者事業者食品ロス削減について理解と関心を深め、それぞれの立場から取り組めるよう教育や啓発を行うとされています。昨年6月議会において、自然共生部長食品ロス削減に向けた本市取り組みをお尋ねしました。

多治見市議会 2019-03-15 03月15日-04号

賞味期限があり随時交換をしているということですが、廃棄前の品をこうした子ども食堂に回すことはいかがかについて、こうした点について執行部の見解を伺いたいと思います。 1回目の質問を終わります。(拍手) ○議長加納洋一君) 市長 古川雅典君。   〔市長 古川雅典登壇〕 ◎市長古川雅典君) 子ども食堂に対する市の考え方について答弁を申し上げます。 

大垣市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日) 本文 2018-12-10

こういった必需品賞味期限の余りないものに関しては配備されたいと思います。また、それ以外でも非常に重要なものに熱源の確保がありますが、これはいかがでしょうか。  このように雑駁ですが、いろんな配慮するべき点を考えてみました。まだまだ考え出したら多くの点が指摘されると思います。確かにそれには多くの費用もかかりますし、人的負担もかかるでしょう。

可児市議会 2018-12-04 平成30年第5回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-12-04

これは、防災備蓄食品賞味期限を5年としているものが多く、定期的に入れかえる必要があるが、この入れかえに際して廃棄されることがあるとして、地方公共団体に、災害用備蓄食料更新の際には、食品ロス観点から備蓄食料有効活用について検討するよう依頼するものであります。  

羽島市議会 2018-09-10 09月10日-03号

防災備蓄倉庫備蓄関係経費のうち、毎年、備蓄食料・飲料に係る数量と購入金額はどのくらいで、備蓄品消費期限賞味期限管理はどのように行い、期限切れ間近のものはどのように対処しているのか、お聞かせください。 また、市民の皆さんにもらってもらうのも結構なのですが、学校給食の食材の一部にでもならないものか、お聞きいたします。 ○議長山田紘治君) 市長室長 国枝篤志君。