1384件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高山市議会 2033-09-11 09月11日-02号

また、そのことが高齢者の大きな外出支援となり、認知症や介護予防に重要な役割を果たすと思われます。 そこで、こうした高齢運転者の問題を始め、一般の方の日常生活や高校生の通学などで最も不便を生じている問題が、のらマイカー運行エリアが市内10地域、合併前の旧市町村の範囲にとどまり、支所地域から高山市の中心市街地へ直通で行き来できないことであります。 

中津川市議会 2022-09-10 09月10日-03号

この液体ミルク認知を上げて、ふだん使いでもご使用いただけるように、先ほど在庫賞味期限の問題がございましたけれども、この在庫の更新時にこの液体ミルクを乳児健診や乳児のいる保育所などで配付をして、ある意味育児支援といったようなところでも有効利用ができるのではないかと思いますが、こうした活用方法も含めて在庫を持つということはいかがでございましょうか。 ○議長勝彰君) 総務部長・渡邉 卓君。

関市議会 2020-12-13 12月13日-22号

認知症が増えたり、高齢社会の波が押し寄せているわけであります。また、高齢者免許証の返納などが呼びかけられています。地域では、特に農村部、自動車が唯一の外出手段であります。歩いてはとても診療所へ行くには遠い距離になるということで、関市ではシティバスを走らせておりますが、農協、郵便局駐在所医療機関、スーパーなど、こういう場所を停留所にして走らせております。

高山市議会 2020-12-10 12月10日-03号

また、移住居住地域は東海3県が多く、近隣である飛騨高山の認知度の高さや出身地域からの近さが移住しやすさにつながっていると考えられます。 移住施策推進によって、都市部などから多くの人が移り住み、地域住民との活発な交流が行われるとともに、移住者の知識や経験が生かされるようなまちを目指す必要があるというふうに考えております。 ○議長橋本正彦君) 車戸議員

土岐市議会 2020-12-09 12月09日-02号

ただ、配信のスタートにつきましては、こちら平成26年4月からということで持っておりまして、ちょっと議員さんと食い違うかもしれませんが、ほぼ5年以上経過しておるわけでございまして、登録者数につきましてはちょっと頭打ちという傾向もございますので、今後その認知度の向上ですとか、利用者の増加ということについては、またPRに努めていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

高山市議会 2020-12-09 12月09日-02号

◆16番(松山篤夫君) もう少し具体的にお伺いしたいんですけれども、いわゆるITではかれない非認知スキルといいますか、そういった新しい、もうこれから5年先、10年先のことはわからない時代です。どんどんどんどん技術革新が始まり、今安定したと思った職業もなくなる可能性があります。 

中津川市議会 2020-12-09 12月09日-02号

なじみのない言葉ですが、認知能力ではない能力という意味合いで、大まかに言えば算数読み書きなどは認知能力であり、幼児期から算数読み書きを早く学んだ子どもと小学校からスタートした子で中学校の学力を調べると差がない。早目早目にやってもしばらくすると追いつかれるのです。育ちに合った認知能力は大事なのですが、それ以上に非認知能力が重要であります。それを幼児期に伸ばすのが大変大事だとわかってきました。

関市議会 2020-10-08 10月08日-16号

認知症の本人、家族が期待、希望を持って暮らしていけるための施策の充実は喫緊の課題です。認知症施策推進に当たっては、認知症と診断されても尊厳を持って生きることができる社会実現を目指し、当事者の意思を大切にし、家族等も寄り添っていく姿勢で臨むことが重要であるとともに、若年性認知症など、これまで十分に取り組まれてこなかった課題にも踏み込んでいく必要があります。

高山市議会 2020-09-12 09月12日-03号

また、認知症の容態に応じて適時適切に切れ目なく、そのときの容態にふさわしい場所医療介護等が提供される循環型の仕組みを実現若年性認知症施策の強化や認知症の人の介護者への支援認知症の人を含む高齢者に優しい地域づくり認知症の予防法治療法介護モデル等研究開発など、7つの柱を総合的に進めているところでございます。 

瑞浪市議会 2020-06-24 令和 2年第2回定例会(第4号 6月24日)

外出自粛が長期化することにより、筋力や認知能力社会活動低下する「フレイル」の進行が懸念されたため、講座の参加申し込みをされていた方には、開催中止をお知らせする際に「フレイル進行予防」のチラシを同封いたしました。  また、自主グループ活動についても、感染拡大防止のため4月、5月の2カ月間、自粛をお願いし、全ての自主グループ代表者に国が示した感染予防に関するチラシを送付いたしました。

瑞浪市議会 2020-06-23 令和 2年第2回定例会(第3号 6月23日)

マイナンバーカードの普及には、その有用性を広く市民認知してもらう必要があります。そのため、広報みずなみホームページにて周知を図っています。最近では、6月15日号の広報みずなみマイナンバーカードに関する記事を掲載しております。また、7月15日号では、マイナポイントに関する記事を掲載する予定としております。定期的に啓発に取り組んでまいります。  

恵那市議会 2020-06-19 令和 2年第4回定例会(第3号 6月19日)

次に、認知症介護への対策と見守り体制でありますが、これも3年前に質問させていただいたときに、介護サービス利用されておられる方の7割強が在宅介護とのことであり、その中でも認知症介護への対策として、認知症が疑われる場合の相談体制や安心して仕事が続けられるような介護、看護、見守り体制についても検討課題でありました。現在は、どのような状況なのか、また、今後への対策をお聞きいたしたい。