19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

中津川市議会 2018-09-11 09月11日-03号

これが冒頭言いましたように、予期しなかった今回の地震なんかでも被害が起きている、それと全く同じように、一つの例として出されたのは、麻薬といいますか、覚醒剤で犯された人が家族を含めて殺されてしまった。たしか3人だったと思いますけれども、その家族の方もこの「緒あしす」に入って今活動をされておるそうです。 

多治見市議会 2014-09-26 09月26日-05号

危険ドラッグは、合法と称していても、規制薬物と似た成分が含まれているなど、大麻覚醒剤と同様に、人体への使用により危険が発生する恐れがあり、好奇心などから安易に購入したり使用したりすることへの危険性が強く指摘されています。 厚生労働省は省令を改正し、昨年3月から包括指定と呼ばれる方法を導入し、成分構造が似た物質を一括で指定薬物として規制しました。

大垣市議会 2014-09-08 平成26年第3回定例会(第2日) 本文 2014-09-08

危険ドラッグ覚醒剤などの規制薬物と似た作用を持つ化学物質が含まれていますが、覚醒剤などの規制薬物はこれまでの研究から心身に及ぶ悪影響などがわかっておりますが、危険ドラッグ原料に何が含まれているのか、また身体にどのような悪影響を及ぼすか全くわからないため、より危険な薬物であると言われております。

可児市議会 2009-03-06 平成21年第1回定例会(第3日) 本文 開催日:2009-03-06

最近、連日のように大麻覚醒剤薬物乱用のニュースを目の当たりにいたします。特に、昨年より大学生や角界での大麻取締法違反逮捕者が続いたことは、皆様にも衝撃を与えたかと存じます。薬物汚染高校生大学生、芸能人、スポーツ選手など、若年層への広がりが深刻な状況であります。  

高山市議会 2001-06-12 06月12日-03号

今や世界的に薬物乱用の問題が大きな社会問題となっておりまして、近年、市内におきましても、覚醒剤薬物に関する事件がありました。日本においては、第3次覚醒剤乱用期として取り組んでいるものであります。警察からいただいた資料によりますと、覚醒剤など押収量が、平成11年史上最高の2トン、昨年は1トンを超えておるということであります。

大垣市議会 2001-06-11 平成13年第2回定例会(第2日) 本文 2001-06-11

特に、1965年、昭和40年ごろからシンナーが大きな社会問題となり、1972年以降、シンナー乱用による毒物及び劇物取締法検挙者が急増、近年の特徴大麻検挙者増加の一途をたどり、覚醒剤の10%近くになり、またコカインやヘロイン乱用者増加しており、覚醒剤以外に多様な薬物乱用されているのが現在の状態です。世界的にも薬物乱用の問題が大きな社会問題となっております。

多治見市議会 1999-09-20 09月20日-03号

次に、覚醒剤の問題です。日本へは毎年30トン以上もの量が持ち込まれていると言われております。白い悪魔と言われる覚醒剤についてはジリジリと魔の手を伸ばしております。例えば、名古屋の栄パーク近辺に行けば容易に覚醒剤が手に入るとまで言われております。覚醒剤に対する正しい知識のない子供たちが犠牲になるケースは大であります。

多治見市議会 1999-06-21 06月21日-03号

それとこのパンフレットを制作された財団法人麻薬覚醒剤乱用防止センターでは保護者皆様へとして次のように言ってみえます。 最近薬物乱用事犯が大幅に増加し、第3次覚せい剤乱用期に入ったとも言われています。特に中学生高校生乱用が増え、大きな社会問題となっております。各種の調査結果では子供社会規範意識が低下していることが示されています。

恵那市議会 1997-06-17 平成 9年第3回定例会(第2号 6月17日)

なお、最近の特徴といたしまして、神戸の事件にございますような痛ましい事件、そしてまた、連れ去り事件といいますか、小さな子供を誘拐する、あるいは薬物覚醒剤乱用性犯罪などの青少年犯罪増加をしておりまして、恵那市におきましても目を離せない状況になっておるということを申し上げておきたいと思います。これに対しましては、この青少年育成市民会議活動をさらに活発化いたしまして取り組んでまいりたいと。

高山市議会 1997-03-10 03月10日-02号

シンナー遊びなど毒物劇物取締法違反覚醒剤、大麻など薬物犯罪少年虞犯少年は昨年は1人もなかったようでございます。ふえ続ける少年犯罪のもととなる薬物犯罪少年のなかったことは、不幸中の幸いとでも言うのでしょうか。しかしながら、このデータは表に出たものだけであって、表に出ない部分のことを考えるときに、危惧を感じ得ないものがあるわけであります。 

  • 1