403件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

各務原市議会 2019-09-20 令和 元年 9月20日建設水道常任委員会−09月20日-01号

◆委員(杉山元則君) 今検討している地域、この条例が制定されて、具体的にどの地域規制緩和していくかという地域を教えてください。 ◎参与都市計画課長事務取扱](澤田信浩君) 建設水道常任委員協議会のほうでも述べさせていただいたとおり、稲羽東小学校周辺地域です。 ◆委員(杉山元則君) それで地元の意見というのを聞かれたと思うんですけれども、どのような意見が出されましたか。

各務原市議会 2019-09-12 令和 元年第 3回定例会−09月12日-03号

今回、各務原市は3411条例を定めることによって規制緩和を行い、市街化調整区域内において住宅を建てることができる区域を指定しようとしていますけれども、3411条例に基づく規制緩和に関しては、乱開発などの問題が指摘されておりますので、慎重に進めるべきだというふうに思っております。  その問題点を1つ上げますと、今回、稲羽東地区で規制緩和をする予定だということですね、計画です。

各務原市議会 2019-09-11 令和 元年第 3回定例会-09月11日-02号

ことし5月31日の稲羽東小学校周辺での開発行為等の規制緩和案の地元説明会では、多くの参加者から活発な意見、質問があり、いずれも前向きなものばかりでした。  「土地総合研究」2019年春号では、東洋大学の野澤千絵教授の立地適正化計画の策定を機にした市街化調整区域における規制緩和条例の方向性の中で、鹿児島市の例が取り上げられています。鹿児島市では、3411条例の取り組みを紹介しています。

岐阜市議会 2019-09-07 令和元年第4回(9月)定例会(第7日目) 本文

同じく、反対の立場の別の委員は、市の責任において連携施設を確保することが必要であり、安易な規制緩和はするべきではないと述べられたのであります。  かくして、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  続いて、第102号議案岐阜市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定についてであります。  

各務原市議会 2019-06-28 令和 元年第 1回定例会−06月28日-04号

今でも一定水準が担保されていない現状があるのに、さらに指定都市の長にまで広げることは、質的向上が保障されないおそれがあり、規制緩和をするべきではありません。よって、規制緩和に反対し、条例改正に反対をします。  続いて、請願第1号 各務山土地造成事業と市道各378号線の説明会及び意見聴取を求める請願について、ただいまの請願を不採択とした委員長報告に対し、反対の立場で討論をいたします。  

各務原市議会 2019-06-24 令和 元年 6月24日経済教育常任委員会−06月24日-01号

◆委員(波多野こうめ君) 指導員不足というのがあちこちで言われていて、今、どんどんこういう規制緩和がされていっているわけですけれども、何よりも優先しなければならないのは、子どもの安全・安心であったり、質の向上であると思いますが、その点についてはいかがでしょうか。 ◎次長総務課長(永井聡君) 各務原市の放課後児童クラブにつきましては、現状の水準を維持していこうと考えております。

大垣市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第2日) 本文 2019-06-10

それは何が足りなかったのだろうかということと、本当にこの場に及んで、もちろんこの場に及んでもやらなければならないと思うんですが、御存じのように、中央市場行政改革は昨年度、国会を通りまして、来年の6月から大きく大津市は変えるんですけれども、もうことしの4月から大きく規制緩和がなされているんですね。

可児市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 開催日:2019-03-22

太陽光発電設備については、国により電力買い取りの制度化がされたことや規制緩和などにより急激に拡大し、可児市においても、景観環境防災に対する課題が顕在化しているところです。  可児市議会ではこれまで、この課題について一般質問でも取り上げられ、所管する建設市民委員会では、陳情の審査において参考人招致をして意見聴取をするなど、委員会の継続課題として調査、研究を進めてまいりました。

恵那市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第3号 3月13日)

また、規制緩和を認めていただきたいことは、多々あります。しかし、今の法制度では、簡単ではありません。  先日、総務省で、地方分権改革に関する提案募集についての説明を受けてまいりました。このような制度を利用して、実際の、地域の現場の声を積極的に届ける工夫をしていただくことを提案し、本日の質問を終わります。ありがとうございました。 ○議長(後藤康司君) 柘植孝彦君の質問を終わります。

岐阜市議会 2019-03-04 平成31年第1回(3月)定例会(第4日目) 本文

改善と廃止で160件、効果額1億4,900万円という結果でしたが、点検途中で、さらなる予算づけによって事業効果が見込める、または、規制改革もしくは規制緩和によって事業コストが削減できるといった、単なるアウトカムだけではない事業がなかったのか教えてください。  最初の項目は以上です。  2項目めに、幼児教育保育の無償化についてお尋ねします。

各務原市議会 2018-09-13 平成30年第 3回定例会−09月13日-03号

こうしたことを踏まえ、特に集落維持の緊急性が高く下水道などのインフラが整備されている稲羽東小学校周辺地区について、土地利用規制緩和を進めたいと考えております。施策適用に当たっては、いたずらに既存集落を拡大することがないよう地域の核となる小学校周辺に区域を限定し良好な集落形成を図ります。  

岐阜市議会 2018-09-07 平成30年第4回(9月)定例会(第7日目) 本文

つまり、規制緩和によって食事を提供する民間事業者の参入を開放すること、また、自前で食事の調理ができなくても外部搬入を認めることで、家庭保育事業への民間参入を拡大していこうものであります。  これまで保育にかかわってさまざまな規制緩和が行われてきたことから、行政のチェックが行き届かないという指摘がされてきました。今回の食事の提供についても、本当に食の安全性が担保されるのか。

大垣市議会 2018-03-15 平成30年建設環境委員会 本文 2018-03-15

68 ◯副委員長(笹田トヨ子君)  大垣市緑を育み生かす条例の一部改正についてですけど、これは、趣旨のところですけれども、都市緑地法の改正及び大垣市地域経済牽引事業の促進による地域の成長発展の基盤強化に関する法律に基づいて、それに伴ってこちらも変えるという、改正するという、そういった中身だと思いますけど、この緑を育む法令の趣旨からいって、それが規制緩和で後退するということを意味するんじゃないですか

岐阜市議会 2018-03-04 平成30年第1回(3月)定例会(第4日目) 本文

国は、観光立国を目指し、海外からの観光客誘致へ向けてさまざまな規制緩和をしてきました。その結果、訪日外国人観光客の急激な増加が見られます。  観光庁は、2017年、国内のホテル旅館に宿泊した外国人の宿泊者の延べ人数は推定7,800万人で、過去最高になったと発表しました。宿泊客のトップは、やはり東京で、次に大阪、3番目に北海道、京都と続き、岐阜県への宿泊客は減少したとのことです。  

大垣市議会 2017-12-15 平成29年文教厚生委員会 本文 2017-12-15

もう一つ質問がございました訪問介護でございますが、大垣市介護サービス事業者連絡会の居宅サービス部会の方とお話をしておりますと、特に外国人の方で訪問介護員として活動されるということは今のところ伺っておりませんが、これも委員が御指摘のとおり、国のほうで少し規制緩和されているようでございますので、全国介護保険担当課長会議等を通しまして、しっかりと情報収集して対応してまいりたいと思っております。

可児市議会 2017-12-05 平成29年第5回定例会(第2日) 本文 開催日:2017-12-05

交通事業に対する規制緩和がなされました。可児市がこれを受けてさつきバス運行を平成12年に開始したころ、またそれ以降で、先ほども幾つか紹介しましたが、幾つかの新たな展開をしてまいっております。平成21年からの新たなデマンド、そして平成26年10月からの地域密着型を拡充・拡大した経過等々がございます。

岐阜市議会 2017-11-03 平成29年第5回(11月)定例会(第3日目) 本文

実際に、福岡市では、都市再生、国家戦略特区の道路占用事業の一環として国家戦略特区の指定を受けまして、新たな試みとして、道路法における規制緩和と、具体的にはきらめき通りと呼ばれる福岡市内の繁華街におけるエリアマネジメントとしての民間開放、ベンチや上屋、オープンカフェ等の道路占用許可に係る余地要件の適用除外が施され、結果として大変なにぎわいを生みました。  そこで、企画部長にお尋ねをします。