44件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2015-09-07 各務原市議会 平成27年 9月 7日議会運営委員会−09月07日-01号 また、行政実例というものがございまして、これは国が法令等に関して見解等を示したものでございますが、こちらにおきましては当該議事を当該委員会の委員でない議員に漏らしても差し支えないが、当該議員が知り得た秘密会の議事を他に漏らした場合には、秘密漏えいとなるというふうに見解が示されております。  すなわち、きょうここに出席していない議員さんに内容をお話しいただくことは可能です。 もっと読む
2015-05-27 可児市議会 平成27年第3回定例会(第1日) 本文 開催日:2015-05-27 法令上議会の議決を要件とする案件につき、議決を得ることなく財産を取得した場合、その契約は無効というのが行政実例や判例の判断でございますが、議会で追認の議決をいただければ、その契約は有効になるとの判例がございますので、これに従いまして今回提案をさせていただきました。   もっと読む
2015-05-01 各務原市議会 平成27年第 2回臨時会−05月01日-01号 また、議決を経ない行為については、その後、追認議決を経た場合、その瑕疵は治癒されるとした行政実例や大阪高裁判決に基づき、本追認議案を提出されたことは、執行部がこの名古屋高裁判決を真摯に受けとめ、違法状態を平成17年当時の契約時にさかのぼって解消しようとするものと理解できます。   もっと読む
2014-06-19 各務原市議会 平成26年第 2回定例会−06月19日-03号 先ほども部長がお答えしましたが、16年当時、この件についてはいろんな裁判が行われておりますが、地方公共団体が最もバイブルとして参考にしておるのは、事務提要で言う、先ほど述べました昭和38年の行政実例をもとに事務をするのが一般的であった。この両点から、故意、または過失がなかったという判示がされておるものと了解をしております。以上です。 もっと読む
2013-03-26 土岐市議会 平成25年第1回 定例会-03月26日−05号 その中で、当該地方公共団体の権限外の事項については、不採択のほかにないという地方自治法の行政実例があり、核融合科学研究所の実施する重水素実験に対して、議会として調査する権限があるのかという意見がありました。  委員会の審査においても、そのことについて議論があり、請願者の皆さんの趣旨としては、議会として調査ではなく勉強してもらえないかとのことであり、請願の趣旨が大きく変わってしまうのでした。   もっと読む
2012-10-26 多治見市議会 平成24年 10月 議会運営委員会-10月26日−01号 いつまで設置するかについては、基本的には行政実例をみると、付議された事件が解決するまでとなっているので、一会期、一年経ったら消滅するというものではなく、付議された案件が解決された時点で委員の任期は終了する。常任委員会の委員の任期は1年とされているが、特別委員会の委員の任期はそれとは異なっており、法律の規定をそのまま条例に移すものである。 もっと読む
2011-12-07 関市議会 平成23年第4回定例会会議録-12月07日−18号 今回、御質問の市内ショッピングセンターの件に限らず、市民の皆さんから通報やお問い合わせ等があった場合には、公職選挙法の一般的な解釈、判例、行政実例等をお伝えをいたしまして、それぞれに御理解をいただいております。    もっと読む
2011-11-03 岐阜市議会 平成23年第5回(11月)定例会(第3日目) 本文 また、今後5年間の予算や決算の審議における議会での審議の点についてでございますが、議員の除斥は個々具体的な審議において身分上、職業上、その他特別の関係を有する議長及び議員が議事に参与することを禁ずることで、議事の公正な運営を確保するものであり、予算審議に当たっては、予算そのものは全体として一体をなすものであり、除斥されないとの行政実例もございまして、この点については御理解をいただきたいと思います。 もっと読む
2011-09-28 中津川市議会 平成23年  9月 定例会(第4回)-09月28日−04号 行政実例からも、議会は契約の内容そのものについて細部にわたる審査をするのではなく、このような基本的な事項についてその適否を判断すればよく、また、判断の対象はそれに限られるものとなるとされています。また、議会の議決を経なければならない契約について、議会に修正権はないとも書かれています。   もっと読む
2011-08-26 多治見市議会 平成23年  8月 議会運営委員会-08月26日−01号 議第79号 平成23年度多治見市一般会計(第3号)の中に特定議員に関係がある補正予算の内容を含むが、自治省(現総務省)の行政実例から予算審議で特定議員の除斥を行わないことが妥当である旨説明する。) ○委員長(岡田智彦) ただいまの説明について、質疑はありませんか。 ◆石田浩司委員 除斥について、委員会はどうなるのか。 もっと読む
2011-03-10 中津川市議会 平成23年  3月 定例会(第1回)-03月10日−04号 これは行政実例のほうでございます。 ○議長(伊佐治由行君) 30番・楯 公夫君。 ◆30番(楯公夫君) また後ほど触れますが、ちょっと横へ入りますが、許してください。横といって、公職選挙法、特にと書いてあるのであれですが、ちょっとお聞きします。 もっと読む
2010-11-04 多治見市議会 平成22年 11月 議会活性化特別委員会-11月04日−01号 という行政実例が、地方自治法の直接請求の解釈にあるので、これを参考にするのが通常と考える。しかし、本市の条例に地方自治法の例によると書いてあるわけではないので、「このように書いてあるから、こうである」とは言い切れない。言い切ろうとすると、これを引用する必要があると思うが、一方で、請求に関しては、代表者を決め、1カ月以内に署名を集めるなどの事細かな規定があるので、どこまで引用するのかが難しい。 もっと読む
2008-03-13 各務原市議会 平成20年第 1回定例会-03月13日-03号 公平委員会では、一般論でございますが、措置要求の審査に当たりましては、法令、判例及び行政実例等をもとにいたしまして、慎重に判定をいたしておるところでございます。今回の措置要求の事項につきましては、裁判所は要求事項の一部につきまして、もっと広義にとらえるべきであるという判決を下したものでございます。 もっと読む
2007-06-12 高山市議会 平成19年  6月 定例会(第4回)-06月12日−03号 それから、予定価格の変更につきましては、行政実例の中では予定価格を変更できるというふうにはなっています。 もっと読む
2007-03-09 高山市議会 平成19年  3月 定例会(第2回)-03月09日−03号 それからもう1つ、設計書を参考にして、どうしたら適正な予定価格がということでございますけれども、まずもう1回繰り返しになりますが、予定価格の作成については、先ほど申し上げたように、設計書等によって予定をするということで、行政実例あたりでは、設計書は予定価格をつくる参考にすぎないというような解説もございます。それが1つございます。   もっと読む
2006-09-29 高山市議会 平成18年  9月 定例会(第5回)-09月29日−05号 そのどこまでが範囲で、どこまでが範囲でないということにつきましては、判例もしくは行政実例などに照らし合わせなければならないと思っております。例えば、職員が市役所へ通っておりまして、帰りに日用品、夕食の材料を買うという場合には通勤の範囲に含まれ、公務災害の適用を受けるという判断が示されておりますとの答弁がありました。   もっと読む
2006-09-12 多治見市議会 平成18年  9月 総務常任委員会-09月12日−01号 調停に関することの解釈であるが、行政実例で調停の申立てについては、議会の議決を受けるべきだとの通達もあるのでそれに従って提案した。 もっと読む
2005-03-03 高山市議会 平成17年  3月 定例会(第1回)-03月03日−01号 ただ、今まで行政実例、運用等の実例をいろいろ調べてまいりますと、基本的には具体的使用の関係につきましては市長が個別に定めるということについては、一定の限度を定めた場合はいいとか、あるいは実費程度のようなものについては、詳細については市長が規則等で決めることができるような、そういうところも出てきておりますので、判断でさせていただいているということでございます。   もっと読む
2004-12-09 可児市議会 平成16年第7回定例会(第3日) 本文 開催日:2004-12-09 これも昨年12月議会で指摘し、3月議会で一般質問したことですが、地方自治法第 224条の凡例の中に「市域に編入された農村部中の大字もしくは小字を事業区域として、農道等の農業土木を行う場合、当該事件により特に利益を受ける者とは、必ずしもその区域の住民に限らない(昭和27年12月26日行政実例)」となっています。 もっと読む
2004-05-10 高山市議会 平成16年  5月 臨時会(第2回)-05月10日−01号 なお、直接請求により今回提案した本条例につきましては、法の趣旨及び行政実例から市長が修正して提案することができないので、請求時に提出された条例案そのままを提案しておりますので、お願いをいたします。  まず、第1条でございますが、これは住民投票を実施する目的について規定しております。   もっと読む