28件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

可児市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第1日) 本文 開催日:2019-02-26

まずは看護学部の学生が学び始め、来年には薬学部も開設され、学生もふえてまいります。地域医療を支える多くの人材がこの地域から輩出され、少しでも多くの人材が本市で活躍してくれることを期待し、大学との連携をより一層進めてまいります。  これからは、観光、企業誘致、大学開設等により、本市に多くの人が集まってまいります。これを一過性で終わらせることなく、さまざまな展開を仕掛けていかなければなりません。  

可児市議会 2018-12-04 平成30年第5回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-12-04

それぞれ「安心なまちへ」では、福祉について、年齢、性別、国籍、障がいの有無、違いの壁がないコミュニティーづくりと、岐阜医療科学大学看護学部、薬学部の開設と地域連携を、2つ目の「元気なまちへ」では、産業について、自然と歴史を生かした観光交流、土田渡多目的広場の整備と木曽川左岸かわまちづくりと、既存産業の振興と可児御嵩インターチェンジ周辺地域の土地活用推進を、3つ目の「楽しいまちへ」では、文化について、

岐阜市議会 2018-11-05 平成30年第5回(11月)定例会(第5日目) 本文

18歳人口が減少している現在、本年4月には公立大学である山陽小野田市立山口東京理科大学の中に薬学部が設置されております。また、2021年には、和歌山県立医科大学の中にも薬学部の設置が計画されております。  このように、大学間において優秀な学生を確保するための競争が激化しており、本学におきましても、優秀な学生の確保は喫緊の課題であると考えております。  

可児市議会 2018-08-31 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 開催日:2018-08-31

今年度に入って薬学部開設が1年延びたことや18億円の補助金の是非などで、大学が可児市に何をしてくれるか、どんなメリットがあるかといった議論が多かったように思いますが、人口10万人の都市に最終的には1,000人を超える新たな学生や職員たちが来てくれるんですから、これはすごいメリットだと思います。  

可児市議会 2018-06-22 平成30年第2回定例会(第4日) 本文 開催日:2018-06-22

施設関係支出、平成31年度薬学部開設予定の資金収支計画中の施設関係支出の額と、薬学部新設延期の事態に伴い、平成32年に開設を1年繰り延べせざるを得ないということで立て直した計画では資金が減少している。この間に何らかの措置をとったということなのかとの質疑に対して、神野学園全体の数字を出しているので、既設の大学の保健科学部あるいは自動車短期大学、中日本航空専門学校の事業も全部合算している。

可児市議会 2018-06-07 平成30年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-06-07

これは、残念ながら延期となった岐阜医療科学大学薬学部棟の工事現場の現在の様子でございます。  これは、その完成のイメージ図であります。  これは、その建物の内部のイメージ図でございます。これらは、いずれも大学から提供していただきました。  これは、2問目に関連する西可児駅前の風景でございます。俗に雑草のメッカと言われている場所でございます。  

可児市議会 2018-03-22 平成30年第1回定例会(第4日) 本文 開催日:2018-03-22

岐阜医療科学大学につきましては、3月16日に関係者により工事の安全祈願が行われ、本日夕方には、文部科学省に薬学部設置認可申請を提出される予定だと伺っており、平成31年4月の開校に向けた動きがいよいよ本格化してまいります。開校が実現した後には、ala、mano、そして地域との連携にも取り組んでまいります。  寒さも徐々に和らぎ、温かい春を迎えようとしています。

可児市議会 2018-02-21 平成30年第1回定例会(第1日) 本文 開催日:2018-02-21

岐阜医療科学大学薬学部開設補助金や、土田渡多目的広場整備事業費等がふえるものの、子育て健康プラザ整備事業費等の減少などにより、予算規模が過去最大であった昨年度に次いで2番目となっています。  一般会計、11の特別会計及び2つの企業会計を合わせた総予算額は、前年度比18億7,480万円、3.0%減の602億1,530万円となります。  28ページをごらんください。  

可児市議会 2017-12-21 平成29年第5回定例会(第4日) 本文 開催日:2017-12-21

その結果、議案第56号 平成29年度可児市一般会計補正予算(第4号)のうち、債務負担行為の岐阜医療科学大学開設支援事業について、参考人からの説明の後、質疑に付したところ、薬学部新設について、本市に補助金18億円をどの時点で要請したのかとの質疑に対し、文部科学省と折衝していく中で自己資金が不足することがわかり、平成29年7月に相談したとの答弁。

各務原市議会 2017-12-14 平成29年第 5回定例会−12月14日-03号

私立大薬学部、医学部では、利息を入れると返済総額は610万円を超えることになります。支える親世代も所得が伸びないために、仕送りゼロの学生は8%います。仕送り10万円以上が20年間で3割以下に激減をしておりまして、学生は収入源をアルバイトと奨学金で補っています。  

可児市議会 2017-12-05 平成29年第5回定例会(第2日) 本文 開催日:2017-12-05

それで今回、岐阜医療科学大学につきましては、平成31年度開校時につきまして320人程度の学生が見えまして、薬学部が新設されますので、最終的に1,020人程度というふうには聞いておりますので、それから判断すると、数字的な実態的なものがないと思いますけど、先ほど言った数字の中でワンルームマンション、賃貸マンション、これは西可児地区だけでございますので、可児市においてはある程度供給的なものについては問題ないような

可児市議会 2017-11-30 平成29年第5回定例会(第1日) 本文 開催日:2017-11-30

特に、看護学部のみならず、県内で2校目となる薬学部の新設を目指すという御英断は本市の強い期待に沿うものであり、この誘致に失敗すれば、二度とこのようなチャンスにめぐり会えないという思いを抱きながら、誘致を超えて神野学園と市が一致協力して、新学部の設置を実現するという姿勢で取り組んでまいりました。  

岐阜市議会 2017-09-06 平成29年第4回(9月)定例会(第6日目) 本文

加えて、薬科大学キャンパス整備に関し、近年の学生数の減少など、全国の薬学部系の大学が置かれている環境について憂慮された上で、喫緊の課題であるキャンパス整備について、設置者として、これまで以上に積極的に取り組むよう要請された次第であります。  かくして、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって認定すべきものと決しました。  

中津川市議会 2017-03-28 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月28日−04号

貸し付けの対象でありますが、薬剤師は薬剤師国家試験受験資格が得られる大学薬学部5年生以上に在学している者、看護職員の場合は看護職員養成所に在学している者と、これは変更がございません。  貸付期間でありますが、貸付決定月から卒業する月までということです。薬剤師については2年間を限度とし、看護職員については4年を限度とし、現在と変更がございません。  

可児市議会 2017-03-09 平成29年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2017-03-09

医療系新学部として薬学部が予定されておりますが、平成30年3月に文部科学省に認可申請をし、同年8月ごろに認可の予定になると思われます。また、開設までの間に校舎の新築及び改修工事を行う予定であるとのことでございます。  2点目の下宿生への情報提供や空き家利用についての市の考えについてお答えします。  岐阜医療科学大学の学生が全学年がそろいますと約1,000人の規模となる予定です。

関市議会 2017-03-06 平成29年第1回定例会会議録-03月06日−04号

それは、岐阜医療科学大学の看護学科と助産学専攻科が、平成31年4月を目途に可児市の名城大学跡地に移転するという記事であり、そして、移転した看護学科を学部に昇格させ、さらに、薬学部の設置を目指すという内容でございました。   薬学部の新設についての真偽はわかりませんが、現在の看護学科の学生数は、4学年を合わせて約400人と聞いております。

多治見市議会 2007-09-20 平成19年  9月 定例会(第5回)-09月20日−03号

また、参議院選挙における民主党のマニフェストの一つである「教員養成課程を6年間就業に義務づけ」などは、薬剤師になるため、履修が6年になったために、薬学部の志願者が激減の事態を招いたことから見ても、有能な学生の教職離れにつながるのは歴然です。その上、教育再生会議は第3次報告予定の中で、教育バウチャー制度なる検討も示しています。

岐阜市議会 2006-03-13 平成18年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日:2006-03-13

ライフサイエンスの拠点づくりとは、薬科大学と岐阜大学の医学部、薬学部、工学部の垣根を越えた分野における教育研究面での連携を推進することによって、「医療、健康、環境」をキーワードにした、新しい薬、新薬の開発など、創薬医療分野での創造的、先端的な教育研究拠点を形成しようというものであります。

  • 1
  • 2