4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

関市議会 2015-06-24 平成27年  6月 文教経済委員会-06月24日−01号

ここに挙げられているのは、都市計画法、農振法、農地法森林法自然公園法自然環境保全河川法文化財保護法屋外広告物法等と、こうあるわけでして、この中に工場立地法は直接的には言及されておりません。この「等」の中に、これこれの関連法令等の中に、工場立地法は含まれるのかどうかということを、私は直接の担当部局に尋ねたかったんですが、認められませんでしたので、経済部にお尋ねします。  

中津川市議会 2003-12-12 平成15年 12月 定例会(第7回)-12月12日−03号

1点目のご質問の、文化のための1%システムにつきましては議員ご指摘のとおり、1971年自然環境保全が制定されたのを契機に、1973年ころから文化の時代や地方の時代とも関連して多くの共感を呼び、各地で行われてきました。  さまざまなアイデアでユニークな成果を上げたケース、超一流のデザイナーに任せて話題性を重視して終わったような例もあるように聞いております。  

可児市議会 2000-03-13 平成12年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2000-03-13

これまで本市の土地行政につきましては、国土利用計画法に基づく可児市土地利用計画、また個別規制法である都市計画法農業振興地域の整備に関する法律森林法自然公園法自然環境保全、さらには可児市宅地造成指導要綱などを適正に運用することにより進めてまいりました。地域全体、あるいは各地域の特性を生かした指針としては十分に機能していない面がございました。

各務原市議会 1994-03-15 平成 6年第 1回定例会−03月15日-03号

これは、我が国では昭和三十年代後半から昭和四十年代の、いわゆる経済の高度成長期に特に顕著に見られ、国としては、昭和四十二年に公害基本対策法を制定し、引き続ぎ昭和四十七年に自然環境保全を制定することで対策に努め、現在では、かつての激甚な公害の克服と、自然環境の保全に相当の成果をおさめております。しかし、今日我々が直面している環境問題は、これとは全く趣が違っております。

  • 1