680件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高山市議会 2021-09-27 09月27日-05号

補正等により最終的に516億円となった予算の執行内容を見ますと、高山駅東口線整備飛騨高山まち体験交流館の開館を始め、景観まちづくり刷新事業による多言語案内看板設置や良好な歩行空間の創出などに取り組み、また、自然災害への対応道路橋りょう整備、AEDの屋外設置への取り組みなどが実施されました。 

関市議会 2020-12-11 12月11日-20号

その中で、改めて自然災害から市民皆さん生命財産を守り、健やかで安心・安全な市民生活を守ることが市長としての一番の使命であるということを強く思いました。  そして、災害対応につきましては、市民の皆様を初め、国や県、関係団体などの支援をいただきながら、ハードソフト両面から、市を挙げて取り組み、早期の復旧復興を目指して取り組んでまいりました。  

中津川市議会 2020-12-10 12月10日-03号

個人の責任ではないのに、経済的に苦しい状況に置かれてしまうのは、自然災害社会経済的な要因も全く同じで、支援が必要だと思います。 くらし支えあい条例の前文には、地震や水害などの自然災害とともに、病気や事故、失業などが生活苦の背景にあると述べられています。 質問、具体的にどのような支援を行っているのですか。 

土岐市議会 2020-12-09 12月09日-02号

しかしながら、高井議員加藤辰亥議員ではありませんけれども、本年度も台風15号、19号等により想定外自然災害がより多くの地域で甚大な被害発生し、まだまだ多くの方々被害に遭われ、今なお復興再建に苦慮されている方々も多く存在し、心よりご冥福とお見舞いを申し上げる次第であります。 本市においても、やはり今まで以上の防災対策の強化の必要性を踏まえ、来年は穏やかな年になることを願っております。 

関市議会 2020-10-25 10月25日-18号

主な質疑内容についてですが、議案第80号、関市分担金徴収条例の一部改正についてでは、ライフライン保全事業内容を問う質疑に対しまして、当局より、ライフライン保全事業は、昨年9月の台風21号による大規模停電を契機として、台風などの自然災害による倒木によって、停電被害をもたらす可能性がある立木を伐採することにより、停電発生を未然に防ぎ、市民生活への影響を抑えることを目的として、県と市と電力会社協力

関市議会 2020-10-09 10月09日-17号

今週末も台風19号の接近が予測され、心配しているところですが、昨年、甚大な被害を及ぼしました平成30年7月豪雨災害や、ことしは9月5日に発生した台風15号の暴風による大規模停電など、こうした自然災害による被害を受け、防災減災という観点からも、森林整備重要性を考えなければならないのではないでしょうか。  この点につきまして、まずは当局のお考えをお聞かせいただけますでしょうか。

関市議会 2020-10-08 10月08日-16号

◆13番(足立将裕君)   大災害で30億円近いお金が増えたわけですが、決算全体から見れば、影響はあったけれども、大したことないといったら、この大被害に対して何か複雑な気持ちですが、これからも自然災害が多く発生し、災害が起こるかもしれませんので、健全な財政運営をしていただきますようにお願いをいたしまして、2番の質問は終わらせていただきたいと思います。  

関市議会 2020-10-07 10月07日-15号

本市では、昨年の7月豪雨を受けて、災害を検証し、今後の対策を検討してまいりましたが、行政によるハードソフト両面からの災害対策は当然のことながら、自然災害から生命財産を守るためには自助、共助の考え方、すなわち自分の命は自分で守るということ、そして、近隣住民同士の助け合いの防災活動を広げていくことが一番大切であるという考え方に至りました。  

土岐市議会 2020-09-06 09月06日-02号

また、先ほどありましたように、ことしも先月、九州北部を襲った豪雨災害、また先日、三重県においても豪雨災害など、毎年のように全国どこかにおいて自然災害発生し、被災地方々に対してお見舞いを申し上げるところであります。 また、数カ月ほど前には、道路交通法においての問題は、高齢者に対しての運転事故が多発し、問題提起をされておりました。 

恵那市議会 2020-06-26 令和 2年第4回定例会(第4号 6月26日)

河川整備事業費リニア基盤整備事業費後田川と黒岩川を優先することになった経緯はとの質疑には、後田川と黒岩川は民家に著しく影響があることが懸念されていたが、普通河川が緊急自然災害防止対策事業債の対象となるという通達があったため、今回この事業を用いて緊急的に整備を行うこととしたとの答弁がありました。  

瑞浪市議会 2020-06-23 令和 2年第2回定例会(第3号 6月23日)

今日の質問は、いまだ終息の気配を見せない新型コロナウイルスが蔓延したことで、防災の在り方の見直しを迫られる事態となったこと、また、特別定額給付金や経営に関わる補助金など、オンラインで申請できるにもかかわらず不具合が発生してしまったことを受けて、自然災害への対応についてとマイナンバーカードの今後についての2つの標題で進めてまいります。  

恵那市議会 2020-06-19 令和 2年第4回定例会(第3号 6月19日)

また昨今、新型コロナウイルスをはじめとした感染病対策や頻繁に発生する自然災害など、非常事態における危機管理の備えをはじめ、今後の恵那市のまちづくりは非常に難しいかじ取りが求められます。  さらに恵那市は市町村合併から15年を経過いたしましたことで交付税優遇措置が終了し、市単独の取組における財政確保も大変なことが想定されます。

恵那市議会 2020-06-18 令和 2年第4回定例会(第2号 6月18日)

授業におきましては、社会科や理科をはじめとする各種教科において、あるいは、総合的な学習の時間の中で、例えば、飲料水、電気、ガスの確保廃棄物の処理と自分たち生活や産業との関わり、節水や節電など資源の有効な利用国土保全などのための森林資源の働き及び自然災害防止地球環境資源エネルギーなどの課題解決のための経済的、技術的な協力の大切さ、自然環境保全科学技術利用のあり方、持続可能な社会をつくることの

可児市議会 2020-06-09 令和2年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2020-06-09

また、働き方の見直しで、テレワーク在宅勤務など社会デジタル化が進み、社会全体が感染症自然災害、人口減に強いスマート社会へ移行することにより、都市部から地方へと人の流れが高まると予測されている点でございます。  3点目としましては、タイミングの問題です。  2024年に、東海環状自動車道西回り名神高速道路養老ジャンクションまでつながり、開通いたします。

中津川市議会 2020-03-27 03月27日-04号

防災につきましても、近年、全国各地発生をしております大規模自然災害に対する体制の整備は極めて重要であり、とりわけ消防組織防災士会民間組織、こうした地域との相互協力を図るとともに、国土強靱化地域計画の策定、洪水ハザードマップの更新など、防災減災対策重点施策の一つとして実施をしてまいります。

恵那市議会 2020-03-23 令和 2年第1回定例会(第5号 3月23日)

今後も、さらなる高齢化に伴います救急需要の増加と、大規模自然災害発生により、我々消防に対する社会的期待がますます高まる中で、市民の命を守る最前線で、かつ最終的な任務を担う組織として、市民皆さん方恵那市民でよかったと評価していただけるよう、必ずや全力で邁進してくれるものと確信しております。