13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

各務原市議会 2017-09-27 平成29年第 3回定例会-09月27日-04号

かつて、治安維持法のもと、国家権力が常に国民監視、自由な言論が抑圧され、侵略戦争の道を突き進んでいった反省に立ち、日本国憲法戦争放棄思想信条の自由、表現結社自由保障しています。  刑事手続に関して人権保障規定を設けて、刑罰権の乱用を防止するため、刑法は、法を犯した結果に対して刑罰を発動することを原則にしています。  

各務原市議会 2017-06-21 平成29年 6月21日総務常任委員会−06月21日-01号

強行成立は、戦後の日本の根本的な存立の基盤である憲法をじゅうりんし、人権表現結社自由、民主主義を否定しました。  政治権力による物言えない社会を許してはならない、市民のプライバシー、心を処罰する人権侵害、物言えない監視社会萎縮社会にさせてはなりません。地方議会として、国民を押さえ込む暴挙で法案を通した政権に抗議するべきだと考えます。

高山市議会 2016-09-07 09月07日-02号

◆24番(牛丸尋幸君) 少し整理をしておきますが、基本的な考え方として、憲法表現の自由が保障されている、集会結社自由保障されている。地方自治法で、公の施設の利用については、正当な理由がなければ制限してはだめだと。 今言われたのは、女性青少年会館設置目的があると。しかし、設置目的の中に、政治にかかわることだって、女性の文化、教養の中で政治のことを勉強するということはあり得る。

羽島市議会 2003-12-01 12月01日-01号

この法律による弾圧は、国民思想信条信仰の自由に対する侵略及び国民言論表現結社自由に対する抑圧ばかりではなく、国民全体を戦争に進める役割を担ったものといえます。そしてその被害者は、本人のみならず親族、その実情を見聞きした近親者にまで同様の弾圧をして、口をつぐむようにした悪名高い悪法がこの治安維持法であったわけです。 

土岐市議会 2000-12-07 12月07日-02号

1925年、大正14年、多くの国民・国会の激しい反対を押し切って成立をした治安維持法は、国民思想信条信仰の自由、あるいは言論表現結社自由などの民主的権利を抑圧し、日本軍国主義的動向への一切の批判的な言動に対する残酷な弾圧の武器となり、国民全体を戦争への道に駆り立てる道具となりました。その被害者は決してひとり共産党員だけにとどまりません。

高山市議会 1998-03-09 03月09日-02号

21条、集会結社自由こういうことが施設等入所者に守られているのか、このことをお伺いして、1回目の質問とさせていただきます。 ○議長下山清治君) 企画調整部長小瀬信行君。   〔企画調整部長小瀬信行君登壇〕 ◎企画調整部長小瀬信行君) 平成10年度におきます公明党さんからの要望は全部で91件ございました。

各務原市議会 1993-09-06 平成 5年第 3回定例会−09月06日-01号

政党の活動費国民から強制的に徴収することは、憲法保障された思想信条結社自由を侵すものであり、いかなる口実にせよ許されるものではありません。  以上の趣旨に立って、次のことを国に意見書として提出していただくよう請願します。 (請願事項)  一、小選挙区制を取り入れた選挙制度を採用しないこと。  二、金権腐敗の根源である企業・団体献金をただちに禁止すること。  

岐阜市議会 1982-12-06 昭和57年第6回定例会(第1日目) 本文 開催日:1982-12-06

国際労働機関ILO結社自由委員会七三年第百三十九次報告でも、「労働者争議権は、一般に合法的な手段として認められるものであり、その権利が公務において制限、禁止の対象になるとしても、職務上の、職業上の利益を守るための必須の手段を奪われている労働者を十分に保護するための適切な保障がなければならない。

  • 1