4599件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

各務原市議会 2019-03-26 平成31年第 1回定例会−03月26日-05号

「成年後見支援センターは、どこに設置するのか」との質疑に、「社会福祉協議会とさくら子ども館の間にある部屋に設置する予定である」との答弁。  「常駐職員の資格要件は」との質疑に、「社会福祉士あるいは精神保健福祉士の資格を有する者で、過去にそういった相談の業務を経験していることを条件にしたい」との答弁。  

可児市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 開催日:2019-03-22

高齢社会に突入した今日、高齢者ができる限り長く自立した日常生活を送ることができるよう、生活習慣病等の疾病の発症、重症化予防や心身機能の低下防止に向けて、各種施策を推進することは極めて重要であり、一方で万一病気になった場合、安心して医療が受けられるよう、医療制度が安定的に運営されることもあわせて重要であると考えます。  

大垣市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第3日) 本文 2019-03-20

議第21号 平成30年度大垣市一般会計補正予算(第4号)中、人件費を除く、当委員会関係の民生費、社会福祉費2,400万円の補正は、医療費の増加に伴い、心身障害者医療扶助費を増額するとともに財源更正するものであり、老人福祉費740万円の補正は、国の補助採択に伴い、高齢者施設の安全・安心を確保するための地域介護・福祉空間整備等事業補助金を増額するとともに、事業の年度内完了が見込めないため、全額を翌年度に

恵那市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第4号 3月20日)

放課後児童指導員になるための資格要件として修める学科は、社会福祉学、心理学、教育学、社会学、芸術学若しくは体育学であるとの答弁がありました。  専門職大学は、4月から新しく始まる学校制度で何校ぐらい予定されているかとの質疑には、来年度開校予定は5大学であるとの答弁がありました。  討論はなく、採決の結果、全会一致で議第1号は原案のとおり可決すべきものと決しました。  

大垣市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会〔資料〕 2019-03-20

増税と、年金カッ │ │      │ト・医療・介護など社会保障費負担増、そして賃金低下、物価上昇の三重苦│ │      │のもとで、「これ以上節約するところがない」と悲鳴が上がっている。大規│ │      │模な自然災害も相次いでいる。そうした中において自治体の財政も消費税が│ │      │大きく圧迫している。                        

大垣市議会 2019-03-19 平成31年企画総務委員会 本文 2019-03-19

特定財源の国県支出金338万円は、社会保障・税番号制度システム整備に係る国庫補助金で、その他1,938万6,000円は企業会計等からのシステム利用負担金で、一般財源は3億631万4,000円でございます。67ページの11需用費520万4,000円は電算関係の消耗品費や修繕料などで、12役務費654万3,000円は通信運搬費で、各施設とデータセンターを接続する専用回線等の使用料でございます。

大垣市議会 2019-03-18 平成31年文教厚生委員会 名簿 2019-03-18

   な    し ○出席理事者                        福祉部長(福祉事務所長)    教育長     山 本   讓 君           三 浦 健 二 君    子育て支援部長             教育委員会事務局長            川 合 秀 明 君           守 屋 明 彦 君                        障がい福祉課長    社会福祉課長

各務原市議会 2019-03-13 平成31年第 1回定例会−03月13日-04号

虐待を許さないための対策は何か、どうしたらいいのかということでは、子どもの生きる権利を守る社会をいま一度捉え直しておきたいというふうに考えます。  死にまでも至らしめた子どもへの虐待の報道は、本当に悲しい。こんなことを起こしてしまった社会の大人として、この子たちに謝っても謝り切れるものではないという思いです。本当に、かわいそうなことをした。言葉がありません。  

恵那市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第3号 3月13日)

でも、その人らしく暮らすために、きちんと受けとめられる社会であってほしいと願い、質問をいたします。まず市としての相談状況は、どのようでしょうか。 ○議長(後藤康司君) 医療福祉部次長・太田敦之君。 ○医療福祉部次長(太田敦之君) 恵那市における相談窓口や相談の状況です。

各務原市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会−03月11日-02号

この路線の整備は、交通の円滑化、災害時の対応、さらには今後の高齢化社会を見据えての救急医療ネットワークの向上、まさに命をつなぐ道路の整備促進の第一歩として重要な意味を持つものであります。これからの高齢化社会、また人口減少社会というこれまでこの国の地方公共団体が経験したことのない社会の中で、行政は何をするかという判断次第で、まちの姿というものは大きく変わってくるものと認識をしております。  

可児市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第3日) 本文 開催日:2019-03-07

4つ目は、社会福祉協議会に委託しております自立相談支援事業です。これは、精神障がい者に限らず、生活困窮者が対象となります。この事業では、市、ハローワーク、法テラス、可児市社会福祉協議会、岐阜県若者サポートステーション等、関係機関で連携して、稼働能力に応じた就労支援を行います。

可児市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2019-03-06

ひきこもりの対応につきましては、4段階あると言われ、第1に、家族から相談を受け、家族が社会とのつながりを戻し、家族が本人とのつながりを戻す家族支援、第2に、本人から相談を受け、本人が社会とのつながりを戻す本人支援、第3に、グループ活動などを行う中間的な居場所支援、第4に、就労等に結びつける社会参加支援と進んでまいります。

可児市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第1日) 本文 開催日:2019-02-26

我が国は、2008年(平成20年)の1億2,808万人をピークに人口減少社会に突入し、これまで経験したことのない高齢化、少子化、人口減少、コミュニティーの希薄化等が急激に進む、いわゆるネクストステージを迎えております。これは、明治維新やさきの敗戦に匹敵するほどの大きな時代の転換とも言われています。  

瑞浪市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第2号 2月26日)

社会保障施策につきましては、平成30年度から国民健康保険の制度が変わり、財政運営の責任主体が県に移行しました。県及び県内市町村と連携を図りながら、国民健康保険事業の健全な運営に努め、安心できるサービスを提供してまいります。  

各務原市議会 2019-02-25 平成31年第 1回定例会−02月25日-01号

そして、高年齢者の方が年齢にかかわりなく活躍し続けられる社会の実現を目指し、生涯現役促進協議会を立ち上げ、高年齢者専門の人材バンクを設立するなど、生涯現役を促進する事業にも本格的に着手してまいります。生きがいを持って生き生きと活躍する高年齢者の方々の姿は、必ずや本市の誇りとなってまいります。  

瑞浪市議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第1号 2月22日)

家畜診療所長      棚 橋 武 己 商工課長          小木曽 昌 弘     窯業技術研究所長    加 藤 正 夫 クリーンセンター所長    中 村 恵 嗣     土木課長        市 原   憲 都市計画課長        安 藤 洋 一     上下水道課長      山 内 雅 彦 浄化センター所長      市 川 靖 則     教育総務課長      酒 井 浩 二 社会教育課長

各務原市議会 2019-02-08 平成31年 2月 8日新庁舎建設調査特別委員会-02月08日-01号

これまでの検討経過でございますが、平成29年度から市社会福祉課、また県障害福祉課または岐阜県保健所等の関係部署、機関と連携いたしまして、市内15カ所の福祉事業者の方を対象に、平成29年度につきましては、軽食の提供、売店等に関するアンケート及びヒアリングの実施など、30年度につきましては、カフェスペースの運営説明会の開催、そのほかに個別のヒアリングなども実施してきたところでございます。  

各務原市議会 2018-12-21 平成30年第 4回定例会−12月21日-04号

過去からの財政的負債の軽減策として、また少子高齢化社会への対応策として、避けては通れないやむを得ない措置として、政府で進められていると理解しています。以上の点から、請願第2号に対し反対します」との反対討論がありました。  討論を終結し、採決を行ったところ、賛成少数で請願第2号は不採択すべきものと決しました。