1450件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

瑞浪市議会 2019-09-25 令和元年第4回定例会(第5号 9月25日)

また、会計年度任用職員の専門知識を有する者と常勤職員の業務区分は明確であるのかとの問いに対し、有資格者の会計年度任用職員であってもその職務はあくまでも補助的なものであり、常勤職員との業務区別は明確に位置づけているとの答弁がありました。  次に、議第48号 会計年度任用職員制度の導入に伴う関係条例の整理等に関する条例の制定について、質疑はありませんでした。  

恵那市議会 2019-09-25 令和元年第3回定例会(第3号 9月25日)

このようなことから学んだことを人生や社会に活かそうとする学びに向かう力、人間性など、実際の社会や生活で生きて働く知識及び技能、来るソサエティ5.0の時代に備え、未知の状況にも対応できる思考力、判断力、表現力など、社会に出てからも学校で学んだことを活かせるよう、この3つの力をバランスよく育む指導だそうです。  さらに2024年には大学の入試も変わり、CBTも導入されると言われています。

恵那市議会 2019-09-24 令和元年第3回定例会(第2号 9月24日)

この場合の調査には弁護士医師、学識経験者、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーなど、専門的な知識や経験を有する方に参加していただくことになりますが、中立性、公平性の担保のため、関係者とは直接的に関係を持たない第三者による調査となるようにします。  調査結果については、被害者本人及び保護者に報告するとともに、市長へ報告することになります。  

各務原市議会 2019-09-24 令和 元年 9月24日総務常任委員会−09月24日-01号

決算認定資料93ページ、9款消防費、1項消防費、1目常備消防費、決算額19億8390万9000円のうち、常備消防運営費の1億1427万7000円は、総務課では消防本部全体にかかわる事務的経費のほか、消防職員基礎的、専門的な知識技術の向上を図るため、岐阜県消防学校消防大学校への入校に要した経費でございます。  

瑞浪市議会 2019-09-20 令和元年第4回定例会(第4号 9月20日)

ひきこもり状態に対する知識や早期支援、連続性のある支援の必要性、居場所づくり、社会参加への支援など、これらへの理解が深まれば、相談しやすい体制づくりにつながってきます。体制が整えば、支援のための人材育成や、アウトリーチ型の支援(こちらから手を差し伸べる支援)へとつなげていくことも可能になってくると考えます。  

瑞浪市議会 2019-09-19 令和元年第4回定例会(第3号 9月19日)

その結果、混乱や誤解、あるいは、基本的な知識情報の欠落のために、子育てのつまずきのリスクも高まりがちな現状でもあるかと考えます。  そこで、初めにお尋ねいたします。  要旨ア、本市における子育て世代の支援体制はどのようか。民生部次長、よろしくお願いいたします。 ○議長(熊谷隆男君)  民生部次長 成瀬良美君。

各務原市議会 2019-09-12 令和 元年第 3回定例会−09月12日-03号

さらに、契約には親権者同意が不要となり、例えば、知識のない状況でのクレジットカードの作成、あるいはそれを使って高額商品を購入して、また大変なことになるとかいったことも、もちろん考えられるわけでございまして、契約における未成年者取り消し権が喪失するということで、今後ますます若者への消費者教育が重要になってくるというふうに考えます。  

大垣市議会 2019-09-11 令和元年決算委員会 本文 2019-09-11

7保育園わんぱくチャレンジ体験事業54万4,000円では、正しい食の知識と望ましい食習慣を身につけるための食育体験事業や、自然豊かな上石津地域において里山体験事業を実施いたしました。97ページをお願いします。目8幼保園建設費の1三城幼保園建設事業7億9,760万4,000円では、既設の三城保育園、小野幼稚園を統合した三城幼保園を東町地内に整備し、平成31年4月1日に開園いたしました。

大垣市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第2日) 本文 2019-09-09

系統主義的な教育とは、易しいものから順序よく学び効果的に知識を身につける学習であり、一方、経験主義的な教育とは、子供たちの興味、関心を大切にし、考える力を身につける学習でございます。近年は、知識を身につけることを中心とした教育から、体験的な活動などを重視した経験主義的な教育が大切にされる方向に変わりつつあります。  

岐阜市議会 2019-09-05 令和元年第4回(9月)定例会(第5日目) 本文

これらの状況を踏まえた上で、今後も継続して多様化する市民ニーズに応えていくためには、民間にできることは民間に、行政でやらなければならないことは行政が担うという考えを基本として、今後も委託業務の拡大により民間活用を図りつつ、市民意識啓発、収集業者等への指導や不法投棄対応などの廃棄物処理における専門性が特に求められる業務については行政が担うものとして、これまでの知識、経験、技術を踏まえた上で、正職員である

可児市議会 2019-09-04 令和元年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2019-09-04

こうした状況の中、当市としましては条例による上乗せ規定などを行うのではなく、市民に対する受動喫煙に関する知識の普及や意識の啓発を行い、法がしっかり遵守され、また混乱なく取り組みが定着していくよう進めていきたいと考えております。  次に、小項目の3番目、国の受動喫煙防止対策助成金に加え、市で助成制度を設けてはどうかについてお答えいたします。  

岐阜市議会 2019-09-03 令和元年第4回(9月)定例会(第3日目) 本文

学校内における共有化や専門知識を持った方からのアドバイスを受ける体制及び親との問題の共有や各学校間で問題が共有化されれば、早期に問題の解決ができると思います。いかがお考えでしょうか。  続きまして、岐阜城、金華山及び岐阜公園周辺の整備について、教育長にお尋ねをいたします。  岐阜城、金華山及び岐阜公園周辺は、日本遺産第1号の認定を受けています。

岐阜市議会 2019-09-01 令和元年第4回(9月)定例会(第1日目) 本文

家庭地域と連携した防災教育推進事業  東日本大震災等を踏まえ、子どもたちが「自分の命は自分で守る」ための意識知識、行動を身 に付けるため、学校家庭地域が連携した防災教育を推進しています。  岐阜市では、コミュニティ・スクールの導入や土曜日等の教育活動によって、学校教育活動に これまで以上に地域協力保護者の参画が得やすい環境となっています。  

可児市議会 2019-08-14 令和元年第3回臨時会(第1日) 本文 開催日:2019-08-14

それで2点目、政策内にPT、プロジェクトチームを結成して、有識者、アドバイザー契約等でということになってくると、これは専門知識の活用ということになると思うんですけれども、政策前のPTをそれぞれにつくっていくという形がちょっと僕は見えてこなくて、これは常任委員会に附属してつくっていくのか、いろんなPTというと任意のPTもありますし、協議の場にする場合もありますし、正式に議会運営委員会に諮問をかけるといういろんな

各務原市議会 2019-06-18 令和 元年第 1回定例会-06月18日-02号

さて、本市の総合計画の後期基本計画案検討における場において、消防救急の現状から目指す姿として、救急車の適正利用について市民意識していただく、そしてその推進として、若干修正をいただき、市民の誰もが応急手当てができるよう知識技術の普及を図るとともに、救急車の適正利用について啓発に努めますとしていただいたわけであります。