175件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

各務原市議会 2019-06-24 令和 元年 6月24日民生常任委員会−06月24日-01号

附則第15条関係は、環境負荷の低い最先端車両の普及を促進する観点から、令和4年度より環境性能が特に高いものに限定して軽自動車税種別割の軽減を行うため、規定の整備を行うものでございます。  そのほか、地方税法等の改正に伴う条項ずれ、改元に伴う元号等を改正しています。  また、それぞれの事項についての施行日を附則において規定しております。  以上で説明を終わります。

各務原市議会 2019-06-19 令和 元年第 1回定例会-06月19日-03号

その後も、関係者の御努力によりニンジン専用肥料の開発、少ない肥料で育つ品種への変更などにより、環境負荷の低い栽培方法の確立に成功いたしました。  さらに、2期作を行っても連作障がいを起こさないための土づくりにも努め、現在では品質も高く、多くの収穫を見込めるようになっております。各務原にんじんの栽培には、いつの時代にも生産者やJAなど関係者の皆様のよいニンジンを育てるという熱い思いがあります。

各務原市議会 2019-04-19 平成31年 4月19日新庁舎建設調査特別委員会-04月19日-01号

市庁舎につきましては、1次エネルギー消費量を一般庁舎より50%以上削減を目標とするZEB Readyを目指してございますが、その計画に基づいた環境負荷低減手法につきまして記載されたものでございますが、こちら基本設計からの変更点はございません。  10.ユニバーサルデザイン計画でございます。  

各務原市議会 2018-06-21 平成30年第 2回定例会−06月21日-03号

平成21年5月に他界されました阿部議員が、平成16年9月議会の一般質問で、環境負荷高齢化社会を見据えたごみ対策の観点で、生ごみ処理ディスポーザーの普及につきまして取り上げられました。当時の環境部長、都市建設部長、それから水道部長に対して考えをただし、当時の3部で協議をしながら普及に備える旨の答弁がありましたので、そのあたりの動きも確認する今回の質問とさせていただきます。  

各務原市議会 2017-10-25 平成29年10月25日新庁舎建設調査特別委員会-10月25日-01号

さまざまな環境負荷低減手法、省エネ技術の採用により、1次エネルギー消費量を一般庁舎と比べ50%以上削減を目標とした庁舎を目指します。  環境負荷低減手法として、採光に配慮した配置・日射特性に対応したひさし、外壁・屋根を高断熱化し、屋上緑化や中庭による自然採光・自然通風などを採用します。  

各務原市議会 2017-09-21 平成29年 9月21日建設水道常任委員会-09月21日-01号

その内容としましては、環境に対する関心度であるとか、満足度、あとは環境の重要度はどんなものかというようなお話と、環境保全の活動への参加の意向はどうであるとか、実際に環境行動の実践、いわゆる環境に優しい、環境負荷の低減につながるような行動はやってみえますかと、そんなようなことをお聞きしております。  

大垣市議会 2017-09-19 平成29年企画総務委員会 本文 2017-09-19

エネルギーに切りかわっていくためには、生産地として扱いやすいエネルギー形態で提供しないといけないという形で、使うところと出すところとがセットになることが地域内循環なので、間違って、エネルギーを全く使わない人口密度の薄いところでどういうエネルギーを使おうとエネルギー利用度は低いので、そういう、いわゆるエネルギーをたくさん使うところにどういう形で供給していくか、あるいはどういう形で今度使うところがエネルギー環境負荷

関市議会 2017-09-14 平成29年第3回定例会会議録-09月14日−15号

昨年度、関市、クールチョイスと言いまして、この議会でも御質問いただきましたけれども、環境省が提案している国民運動の一つで、環境負荷の少ない商品を購入するだとか、きょう皆さんもそうですが、クールビズであるとかウオームビズであるとか、あわせてエコカーの普及、そしてエコドライブの推進などが主な内容となっております。

各務原市議会 2017-08-02 平成29年 8月 2日新庁舎建設調査特別委員会-08月02日-01号

やはり未来志向の新しい発想に基づいて、低ランニングコストで、しかも環境負荷を抑える最善の対策が必要と考える。現段階で望める最善の技術で、環境に優しい構造・方式を選択していただきたい。望むべくは自然再生エネルギーの活用で、本市の先進性を特徴づけるアイデアを検討していただきたい。 ◎管財課長(加藤雅人君) 先ほどの8、9でお答えしたのと同じでございまして、ZEBというものを目指していきたい。

各務原市議会 2017-06-16 平成29年第 2回定例会−06月16日-03号

また、市民環境負荷の低減に対する取り組みといたしまして、住宅太陽光発電システム導入の助成事業なども実施してまいりました。今後も引き続き、環境基本計画市民推進本部におきまして、市民、事業所、行政が一丸となって、市民一人一人の環境への意識向上に向け、環境保全の機運を高めてまいりたいと考えております。以上でございます。   (「議長、再質問」と呼ぶ者あり) ○議長(岡部秀夫君) 8番 永冶明子君。

羽島市議会 2017-06-15 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月15日−02号

ごみの有料化は、ただいま申し上げました国の基本方針にもありますとおり、一般廃棄物の排出抑制や排出量に応じた負担の公平化などを主な目的として実施しますが、排出抑制により、焼却処理量や最終処分量が減量されることで、環境負荷及び収集運搬費用や処理費用の低減が期待されるところでございます。  

大垣市議会 2017-03-06 平成29年第1回定例会(第1日) 本文 2017-03-06

また浄化センターにおいては、消化ガス発電で得られる電力の売電を開始し下水道資源有効利用を図るとともに、環境負荷の低減に貢献してまいります。公共交通機関の維持では、養老線の鉄道施設等の維持管理を行うため、本年2月に設立された一般社団法人養老線管理機構の運営に係る経費について、沿線市町等で負担してまいります。

大垣市議会 2017-02-23 平成29年議会運営委員会 本文 2017-02-23

次に、公共下水道終末処理場消化ガス発電施設整備事業の6,490万円につきましては、環境負荷の低減及び下水道資源有効活用を図るため、汚泥の消化工程から発生する消化ガス(メタンガス)を利用し、発電と排熱の同時利用が可能となる消化ガス発電施設の整備を平成27年度から進めてまいりましたが、平成29年度での完成に向け、取り組むものでございます。24ページをお願いいたします。

各務原市議会 2016-12-14 平成28年第 4回定例会−12月14日-02号

それに伴いエネルギー消費は増大、温室効果ガスの排出量を高め、温暖化などの地球環境負荷の要因として認識されてきました。  本庁舎建設の前年の昭和47年には、ローマクラブの「成長の限界」により、成長から均衡への転換の必要性が提示され、平成9年には京都議定書にて平成22年までに温室効果ガス排出量を6%削減する目標値を宣言しております。

羽島市議会 2016-12-09 平成28年 12月 定例会(第5回)-12月09日−03号

◆14番(糟谷玲子君) 平成30年度に企業ごみの有料化に向けて計画をされているということでしたけれども、環境省の「廃棄物の減量その他その適正な処理に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るための基本的な方針」という中に、一般廃棄物処理の有料化の推進を図るべきとき、なお、分別収集区分や処理方法といった一般廃棄物処理システムの変更や新規導入を図る際には、変更や新規導入の必要性と環境負荷面、経済面等にかかわる

各務原市議会 2016-06-17 平成28年第 2回定例会−06月17日-03号

そこで、給食の残材や食べ残しをリサイクルに回せば焼却処理も減り、環境負荷の低減につながるのではないでしょうか。  また、未利用食品を生活困窮者や児童養護施設など食品を必要としている人や施設に届けるフードバンク活動への提供など、できる限り食品として有効に活用する動きが全国20カ所以上で行われております。

恵那市議会 2016-03-16 平成28年第1回定例会(第4号 3月16日)

一方、デメリットといたしましては、1カ所に集中するということで、収集運搬車の走行が増えるとか、施設周辺の環境負荷の増加が懸念されます。また、経済面では、収集運搬距離が増すことによりまして、運搬経費が増すということがございますし、また、中継施設などを整備する必要があるかと思います。