56件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

中津川市議会 2018-09-10 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月10日−02号

また、地震火山活動も頻発をしています。ここ数年のこうした異常気象、異常現象は、これからも続く可能性が高いと考えられます。  ここで、西日本豪雨災害並びに北海道での地震災害、並びに台風21号で亡くなられた方々にお悔やみを申し上げるともに、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。  

瑞浪市議会 2017-09-13 平成29年第4回定例会(第3号 9月13日)

火山からの距離など、自然条件を基に全国を4分類した結果、国土のうち沿岸部の30%は「輸送面でも好ましい」として適正が高い地域に分類し、これらを含む約65%を建設できそうな地域と判断しております。  この内容は、自然に照らして設けた7つの基準に抵触する地域などを「好ましくない」として除外しております。  

各務原市議会 2017-03-21 平成29年第 1回定例会−03月21日-02号

地震だけでなく、台風火山の噴火、集中豪雨、大雪などによる被害が連続しています。  市民安全・安心を確保するために、防災対策が急務だと思います。防災対策の1つとして、将来の防災リーダーを養成するため、小学校高学年を対象とした防災キャンプ事業が計画されています。この事業はことしで3回目になりますので、防災キャンプ事業の目指している姿などを再確認したいと思います。  

岐阜市議会 2016-09-04 平成28年第4回(9月)定例会(第4日目) 本文

国内においても、地震台風とか火山の噴火、集中豪雨ゲリラ豪雨など、予想をはるかに超える災害が発生し、多くの被害が出ております。また、先般ありました相模原市の障がい者施設などの殺傷事件のように、予想しがたい凶悪な事件あるいは犯罪も頻発いたしております。さらに、原発事故の発生による恐怖も拭えません。  

岐阜市議会 2016-06-02 平成28年第3回(6月)定例会(第2日目) 本文

こうした状況に関しまして、濃尾平野の周辺ではかつての火山活動による影響があるのではないかという見解を述べておられる専門家もおられます。長良西小学校の例をとってみますと、処理いたしました土の量、処理土量が約1,000立米ありました。その処理費が総額約9,000万円ということでした。

土岐市議会 2015-12-03 平成27年第5回 定例会-12月03日−02号

その下の下線部分ですが、日本火山活動が活発な地域であるとともに、活断層存在など地層の安定性には不安要素があるため、地層処分の実現性を検討するためには、長期に安定した地層日本存在するかどうかについて科学的根拠の厳密な検証が必要であると、2012年日本学術会議は言っています。  

大垣市議会 2015-09-14 平成27年第3回定例会(第2日) 本文 2015-09-14

このように私たちの住む日本の国土は、気象地形、地質などの自然条件から、地震津波台風洪水火山噴火、土砂災害などの災害が起こりやすく、これまでもたびたび大きな災害に見舞われております。災害は忘れたころにやってくるという言葉もありますが、最近は忘れる間もなくいろいろな災害が起きております。一般的に災害被害の軽減は、自助、共助、公助の効率的な組み合わせで実現されると言われております。

土岐市議会 2015-09-03 平成27年第4回 定例会-09月03日−03号

しかし、ニューモが公募しても受け入れる自治体がなかったため、自治体が応募するのを待つ従来の方式から転換し、火山活断層を避けるなどした科学的有望地を提示し、国主導で選定する方式に転換いたしました。  地層処分科学的有望地は次のように選ばれます。避ける条件としては、火山から15キロ以内、そして、過去10万年に隆起が300メートルを超えた地域、そして、活断層の付近を上げています。

可児市議会 2015-06-03 平成27年第3回定例会(第2日) 本文 開催日:2015-06-03

昨年9月、御嶽山が噴火、爆発をし、また最近も口之永良部島、あるいは箱根・大涌谷での噴煙等、火山地震等にかかわる事例が大変これからの日本列島を心配させているわけであります。  1995年の1月には阪神・淡路大震災、いわゆる兵庫南部地震が発生をしまして、連動した巨大地震への警戒を一段と強めなければならないときとなりました。

岐阜市議会 2015-06-03 平成27年第3回(6月)定例会(第3日目) 本文

5月29日の鹿児島県口永良部島の火山の噴火で、島民全員が屋久島避難。5月30日の小笠原西方沖を震源とするマグニチュード8.1の地震。これは日本全国の都道府県、全県が震度1以上を観測しています。また、大雨や集中豪雨による被害も報告されています。最近の自然災害は各地で甚大な被害を出しています。  

岐阜市議会 2015-06-01 平成27年第3回(6月)定例会(第1日目) 本文

しかし、国内に目を転じますと、昨年の広島市における集中豪雨に伴う土砂災害、さらには、まだ記憶に新しい昨年の御嶽山の噴火に続き、ことしに入ってからは箱根山、鹿児島の桜島、口永良部島など、火山の噴火など、さまざまな自然災害が多発をしております。  「天災は忘れたころにやってくる」とのことわざにありますように、災害の発生は予測不可能であります。

可児市議会 2014-12-04 平成26年第6回定例会(第2日) 本文 開催日:2014-12-04

これ以外に、大雨や洪水、今火山など、さまざまな災害があるわけですが。  それに対して、災害に対する活動としてよく言われておるのが、自助、共助、公助というものがあります。ニュースでも流れましたが、長野県での地震は本当に自助と共助がきちんと働くことができて、死亡者が出なかったという大変喜ばしいことではあるんですが、でも災害に遭われた方がたくさんおると。

中津川市議会 2014-10-07 平成26年  9月 定例会(第4回)-10月07日−05号

被災者の中には中津川市民の方1名も犠牲になっておられ、戦後最悪の火山噴火による被災となりました。犠牲になられました方々のご冥福を心よりお祈りいたします。  自然災害を予期することは大変難しいものであります。7月の南木曽町で発生しました土石流災害においても、中学生のとうとい命が犠牲となりました。

岐阜市議会 2014-09-06 平成26年第4回(9月)定例会(第6日目) 本文

また、鹿児島県西部の川内原発は、桜島や阿蘇山、霧島など火山の影響が懸念されるが、 九州電力は破局的噴火の可能性は低いとしており、十分な対策をとったとは言い切れず、 規制基準そのものの見直しは避けられない。  さらに、福島原発の事故が証明したように、原発は一旦重大事故を起こせば、地域的に も時間的にも広範な被害を周囲に及ぼすことになる。

土岐市議会 2014-09-04 平成26年第4回 定例会-09月04日−03号

2階などへ移動するということで、垂直移動にもいろいろありますけど、今回テーマにしている土砂災害のほかに、地震津波、風水害、それから火山噴火や竜巻など、災害にはいろいろな種類があります。今月、9月1日号の広報「とき」に「台風集中豪雨に備える」として特集されていました。大変わかりやすい特集だったなと思います。