59件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

各務原市議会 2016-09-27 平成28年第 3回定例会−09月27日-03号

また、浅野市政になってから、平成27年11月にはアメリカ合衆国の西海岸ワシントン州エバレット市にあるエバレットコミュニティカレッジとの連携や、今月、平成28年9月のアメリカ合衆国首都ワシントンDCにありますスミソニアン航空宇宙博物館との連携など、海外学校博物館との連携を積極的に進めてきました。  

各務原市議会 2015-12-14 平成27年第 5回定例会-12月14日-02号

2点ほどお尋ねでございますので、まず1点目、連携協定された目的と意義、そして意気込みはということでございますが、今回私が連携協定を結んでまいりましたエバレットコミュニティカレッジは、アメリカ西海岸最北部、ワシントン州エバレット市にあります。議員からも御紹介がありましたように、エバレット市にはボーイング社の主力工場があり、その関連企業から成る世界有数の航空機産業集積地であります。

各務原市議会 2015-09-10 平成27年第 4回定例会−09月10日-02号

さて、南海トラフ大地震に対する対応は、本州海岸の多くの市町村でも現在大きな問題となっているところですが、ここで、その地震に対する当市の対応について考えてみたいと思います。  南海トラフ地震は、内閣府等の発表によると、最高で震度8以上の地震が今後30年以内に約70%の確率で発生することが予想されています。また、いつ発生してもおかしくない状況と言われています。

可児市議会 2015-06-03 平成27年第3回定例会(第2日) 本文 開催日:2015-06-03

しかし、可児市について言えば、内陸部でありまして、海岸線というものはありませんので、つまるところ火山噴火等の危険リスク等を考慮する以前に、まず直下で起きる地震についてしっかりと警戒する必要があるし、直下型の地震に対する個別の住宅耐震診断耐震対策を強化することが必要だということであります。  

可児市議会 2013-09-11 平成25年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2013-09-11

それで海岸線における地盤沈下振動によって水が噴き出してくる問題とはちょっと様態が違うんですけれども、水域がたくさんあって、大きな振動によっては、こうした地下水の噴出という問題が出てくる可能性があるわけですが、これについては可児市は、県が当初出した数字とは別に、岐阜大学研究室なんかの数字とは別に、ここは大丈夫だといって前の総務部長の丹羽部長が断言をされましたけれども、その見解は今も基本的には同じですか

岐阜市議会 2012-06-02 平成24年第3回(6月)定例会(第2日目) 本文

11月の石巻市に行ったときには、津波で崩壊したあらゆるものが、特に海岸沿いの所にきれいに区分けされ、大量に山積みされている状況でした。  4月と11月に現地に行き、そのときにお聞きしたお話を少し紹介させていただきますと、災害が起きたとき、現場で陣頭指揮をとったのは住民、市民であったとか、一番最初に「大丈夫か。」

可児市議会 2011-12-07 平成23年第7回定例会(第2日) 本文 開催日:2011-12-07

そして、その現場の一つ、海岸のすぐ近くにある鵜住居小学校の3階建ての無残な残骸を見て、ここで一人の犠牲者も出さなかったという事実をすぐには信じることができませんでした。  この貴重な奇跡的行動から学ぶべきことは、おざなりの避難訓練や消火訓練の無意味さであります。そして、既存のマニュアルにある「想定内」という概念を根本から見直すべきだと痛感をいたしました。  

可児市議会 2011-09-08 平成23年第6回定例会(第3日) 本文 開催日:2011-09-08

夜行バスで行って土曜日一日海岸清掃活動や現地でのイベントの手伝いなどをして、また夜行バスで帰ってくるという強行軍ですが、4回で職員の方68名、消防団員の方32名、合計100人の方が被災地での支援活動に携わってこられるわけです。  68人という人数は、役場職員の実に4割に当たるということです。私も七ケ浜町の現場は見てきましたが、海岸沿いの住宅地がごっそり消えてなくなるなど、本当に悲惨な現場でした。

岐阜市議会 2011-09-03 平成23年第4回(9月)定例会(第3日目) 本文

本来、三陸海岸以前から津波の被害を受け、住民の皆様も防災意識が高く、地震発生直後、すかさず高台に逃げた方々の中で、なぜか犠牲になってしまったというケースです。このケースでは着のみ着のままで逃げたものですから、10分たち、15分たち、そして、20分たちますと、その後の情報が何も入ってきません。

可児市議会 2011-06-03 平成23年第3回定例会(第3日) 本文 開催日:2011-06-03

今、海岸線台地の陥没や平地の液状化など、新たな被害が今回明らかになりつつあります。そして、東海東南海地震の連動に伴って、海岸線の市町村自治体では、もう今、津波がこれまでよりも10分早く来るだとか、いろんな情報がありまして、小・中学校の数も海岸線四、五キロの間に数百あると。子供たちの避難はどうするんだとか、もちろんさまざまな議論がやられています。

恵那市議会 2011-03-17 平成23年第1回定例会(第3号 3月17日)

それから、恵那市の中学生のホームステイしておる先は、オーキーという町でございまして、これは海岸から1時間から3時間ほど内陸に入ったところでございます。非常に閑静な住宅地でございますし、長年、中学生を預かってくださる家庭が多うございますので、そういった意味で、安心してホームステイできる環境であるというふうに思います。