973件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大垣市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第2日) 本文 2019-06-10

住民による高齢者見守り活動は民生委員自治会ボランティア組織等、住民組織や事業所によって展開され、その内容も訪問や電話による安否確認、地域の見回り、マップづくりなどさまざまです。住民による見守り活動の課題として、住民間で見守り活動に対する意識やかかわりに差があること、住民の立場からの情報収集や支援の必要な高齢者の判断など、見守りの技術に限界があることがあります。

可児市議会 2019-06-04 令和元年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2019-06-04

また、民生委員が定期的に訪問し見守り対象としての要支援者で80歳以上の方は700人です。残り3,000人を地区担当の民生委員と打ち合わせて民生委員または市職員で訪問することになります。現段階では、詳細を詰めていますので案の状態ではございますが、市の職員は2人1組で訪問する予定です。また、訪問し直接対象の方にお話を伺い、元気で見えるかどうか、暮らしの日常状況はどうかなどを確認いたします。  

大垣市議会 2019-03-18 平成31年文教厚生委員会 本文 2019-03-18

節に参りまして、上から一つ目、報酬60万2,000円は、社会福祉法監査専門員報酬36万円と民生委員推薦会委員報酬78万円、そして地域福祉計画策定・評価委員の報酬16万4,000円でございます。恐れ入りますが、次のページをごらんください。104ページでございます。節に参りまして、上から二つ目、節13委託料6,705万8,000円は、総合福祉会館及び中川ふれあいセンターの指定管理料などでございます。

各務原市議会 2019-03-15 平成31年 3月15日民生常任委員会−03月15日-01号

民生委員費806万6000円は、民生委員児童委員地域福祉活動を支援する補助金や3年に1度の改選に伴う経費でございます。  行旅死病人取扱費39万5000円は、行旅中に病気等で倒れたり亡くなられた方への措置に関する経費でございます。  生活困窮者自立支援事業費2485万6000円は、生活保護に至る前の生活に困窮した方を対象とする相談窓口の設置や就労に向けた支援などに要する経費でございます。  

各務原市議会 2019-03-13 平成31年第 1回定例会−03月13日-04号

また、これら市の機関を初め、児童相談所や警察等の県の機関保育所幼稚園学校民生委員児童委員議会など、16の機関で要保護児童対策地域議会を構成しております。  協議会において、支援が必要な家庭の把握や情報共有、支援方針、役割分担等について協議し、包括的な支援に努めております。  2点目の人的組織の連携の一層の強化という点でございます。  

中津川市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月21日−04号

文教民生委員長・島崎保人君。   〔文教民生委員長・島崎保人君登壇〕 ◆文教民生委員長(島崎保人君) おはようございます。  ただいま議題となりました日程第4、議第106号・中津川市奨学資金貸与条例の一部改正について、文教民生委員会の審査の結果並びに経過についてご報告申し上げます。  結論から申し上げまして、全会一致、原案可決であります。  委員会資料をごらんください。  

各務原市議会 2018-12-12 平成30年第 4回定例会-12月12日-02号

自治会と連携して民生委員を初め、市や団体の委嘱を受けたさまざまな委員、相談員や消防団などの活動も組織的に行われております。また、環境福祉子育てなど各分野において、ボランティアや非営利の団体が御活躍をされております。活動内容により、県や市、社会福祉議会などに登録のある団体も多数ありますが、企業単位での活動や、登録のない団体個人で活動されている方々も多数いらっしゃると思われます。

可児市議会 2018-12-05 平成30年第5回定例会(第3日) 本文 開催日:2018-12-05

また、6つの地域包括支援センターでは、医療介護専門職民生委員地域ケア個別会議を定期的に開催し、在宅介護等が必要な高齢者の生活を地域全体で支援できるように努めてまいります。  このように、高齢者の方が住みなれた地域で在宅を基本に生活できるよう、地域包括ケアシステムをさらに深化・推進してまいります。  

可児市議会 2018-12-04 平成30年第5回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-12-04

また、地域包括支援センターは、高齢者の相談窓口として定着してまいりましたが、相談を待っているだけではなく、出張相談として、認知症カフェ、もの忘れ・困りごと相談などを各地域で行ったり、地域課題の把握・共有をするため、医療介護専門職民生委員等と地域ケア個別会議を定期的に開催し、在宅介護等が必要な高齢者の生活を地域全体で支援できるように努めてまいります。  

中津川市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会 巻末資料-巻末資料

本会議(初日)29木正午 「一般質問締切」・15時 議会運営委員会30金 12/1土 2日 3月 4火 5水 6木 7金9時30分 議会運営委員会・10時 本会議(一般質問)8土 9日 10月10時 本会議(一般質問)11火 12水10時 産業建設委員会13木10時 総務企画委員会14金10時 文教民生委員

中津川市議会 2018-11-28 平成30年 12月 定例会(第5回)-11月28日−01号

続いて、文教民生委員長・島崎保人君。   〔文教民生委員長・島崎保人君登壇〕 ◆文教民生委員長(島崎保人君) おはようございます。  ただいま議題となりました日程第3、文教民生委員会の先進都市行政視察の報告をさせていただきます。  10月23日から25日までの3日間、栃木県大田原市、埼玉県和光市、埼玉県加須市を視察してまいりました。  

中津川市議会 2018-10-04 平成30年  9月 定例会(第4回)-10月04日−資料

nbsp;27月 28火10時 議会運営委員会29水 30木10時 本会議(初日)31金正午 「一般質問締切」・15時 議会運営委員会9/1土 2日 3月 4火 5水 6木 7金 8土 9日 10月10時 本会議(一般質問)11火10時 本会議(一般質問)12水 13木10時 文教民生委員

中津川市議会 2018-10-04 平成30年  9月 定例会(第4回)-10月04日−05号

常任委員会閉会中における所管事務調査について、会議規則第72条及び第74条の規定により、総務企画委員長から住民自治組織とまちづくりについて、また行政視察を中心とした君津市公共施設等総合管理計画及び香取市まちづくり条例に基づく住民自治議会の活動並びに健全な財政運営に関する条例について、文教民生委員長から介護予防について、また行政視察を中心とした大田原図書館及び介護予防並びに学童保育について、産業建設委員長

中津川市議会 2018-09-26 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月26日−04号

文教民生委員長・島崎保人君。   〔文教民生委員長・島崎保人君登壇〕 ◆文教民生委員長(島崎保人君) おはようございます。  ただいま議題となりました日程第12、議第82号・損害賠償の額の決定について、文教民生委員会の審査結果並びに経過についてご報告します。  結論から申し上げますと、全会一致、原案可決でございます。  委員会資料をごらんください。  

各務原市議会 2018-09-19 平成30年 9月19日民生常任委員会−09月19日-01号

続きまして、中ほど少し下の民生委員費853万3000円は、民生委員児童委員地域福祉活動を支援するための経費で、民生児童委員議会活動や民生委員制度創設100周年記念事業に対して補助金を交付しております。  23ページに参りまして、行旅死病人取扱費8000円は、居所が明らかではなく、費用弁償が得られない行旅病人の救護に要した経費でございます。  

関市議会 2018-09-18 平成30年第3回定例会会議録-09月18日−15号

昨年の9月の第3回定例会においても質問させていただいたんですが、その折、浅野健康福祉部長さんより、民生委員児童委員議会において、10月から11月にかけて実態調査を行われますよと、その結果についてはまた御報告しますというような話をちょっとお伺いをしておりました。それで、その結果を私自身も正式にお聞きしておりませんので、この場でお聞きしたいと思います。   

関市議会 2018-09-14 平成30年第3回定例会会議録-09月14日−14号

ボランティアセンターの周知ということで、市といたしましては罹災証明書の配付のとき、また義援金をお配りする際に周知の声かけや、そして特に床下浸水されている方への注意喚起を行わせていただいたということでございますし、センターにおかれましても、議員御指摘の支援をためらう方ですとか、隠れているニーズの掘り起こしを自治会、支部社協、民生委員さんなどを通じて、大変御努力をされたわけでございます。   

各務原市議会 2018-09-13 平成30年第 3回定例会−09月13日-03号

社協への貸し付けの申し込みは、社協へ出向き相談をし、店頭で少しでも安いエアコンを探し、エアコン設置費用の見積書を販売店からもらい、市役所住民票や印鑑証明をとるなど書類をそろえ社協へ持っていき、さらに民生委員許可をもらわなければなりません。歩くこともままならない保護受給者が、一連のこの申請を猛暑の最中行うことは大変なことでした。この手続の簡素化が求められます。