92件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

関市議会 2020-10-08 10月08日-16号

モニュメント制作費には、本体制作費設置工事費、これはもちろんですが、基本設計実施設計構造計算、各種申請手続など、モニュメント整備に係る一切の経費が含まれております。  今回整備するモニュメントは、先ほど市長も申しましたように、刃物まち関を想起させ、刃物ミュージアム回廊ランドマークとして、ストーリー性があり、視覚的にも魅力のあるものとしております。

関市議会 2020-03-03 03月03日-03号

耐震シェルターとしては、構造上の安全性が適切なものとして、構造計算で安全が確認できるもの、もしくは公的機関による実験で評価を受けているものであれば、耐震構造の種類は限定していないため、介護用防災フレーム防災ベッドなども補助の対象としております。  以上でございます。 ○議長村山景一君)   15番 市川隆也君、どうぞ。 ◆15番(市川隆也君)   ありがとうございます。  

岐阜市議会 2019-06-03 令和元年第3回(6月)定例会(第3日目) 本文

また、施設本体建設工事については昨年12月に契約し、現在は処理フロー施設のレイアウトや建物構造計算などを終え、機器や内装などの詳細な設計に入ってるところであり、9月中旬から建設工事に着手し、令和3年度から新施設を稼働させる予定としております。  次に、2点目の新施設の特徴と安全対策についてお答えします。  

関市議会 2018-02-28 02月28日-02号

それから、2点目でございますが、今回の契約額増額につきましては、構造部材及び地盤改良工法変更によるものでございまして、構造部材変更につきましては、構造計算適合性判定の結果に基づくものでございます。また、地盤改良工法変更につきましては、基礎掘削工事を進める中で、実際の地盤の状態にあわせて変更するというものでございます。  次に、契約変更までの経緯について御説明をさせていただきます。  

可児市議会 2017-02-24 平成29年第1回定例会(第1日) 本文 開催日:2017-02-24

構造計算に基づく躯体詳細設計を行った結果、鉄骨、鉄筋及びコンクリートの数量がおおむね1.5倍ほど増大ということで4,500万円ほど、ヤード設備計画進度化、これは安全性施工性確保のために、ヤードの範囲を広げたということで主に800万円増、それから土どめの使用及び変更及び地下水の排水の追加ということで、実施設計により建物基礎保護が1.1メートル深くなりまして、約1,000万円ほど増加鉄骨建て

可児市議会 2016-12-22 平成28年第5回定例会(第4日) 本文 開催日:2016-12-22

また、今後は全国的に工事価格の高騰も予想されるが、値上がり幅判断指標はあるかとの質疑に対し、追加額基本計画に基づく協定額と、構造計算を含めた実施設計より算出された額との差異が大きい。値上がり幅は、建築工事価格がここ数年で年6.5%増であることから、平成30年12月までの工事期間で約13%増を見込んでいるとの答弁。  保育園に係る増額について、入園児童数増加はどれくらいか。

羽島市議会 2016-09-15 09月15日-04号

委員の構成といたしましては、建物構造計算コンクリート工学などに精通した学識経験者の方や建築士などの専門的見地、識見を有する方を予定いたしております。 以上でございます。 ○議長山田紘治君) 市民部長 橋本隆司君。 ◎市民部長橋本隆司君) 議案書20ページ、債務負担行為補正のうち、コミュニティバス南部線用車両賃借料についてお答えいたします。 

各務原市議会 2016-03-16 平成28年 3月16日建設水道常任委員会-03月16日-01号

住宅建築指導費は、各務原市が行う構造計算書再計算業務等経費のほか、木造住宅耐震診断事業に係る派遣等業務委託などの費用が計上してございます。住宅建築指導助成費は、木造住宅以外の建築物耐震診断費用木造住宅耐震補強工事に係る費用、さらにはアスベスト調査に係る費用の一部を助成するための予算を計上しております。  以上で土木費説明を終わらせていただきます。

各務原市議会 2015-06-26 平成27年第 3回定例会−06月26日-04号

「過去5年間で構造計算適合性判定が必要だった物件数手数料は」との質疑に、「物件数は29件、歳入合計は548万4000円である」との答弁がありました。  次に、「周知をどのようにする予定なのか」との質疑に、「1年ほど前から岐阜建築士会などを通じて案内している。業界関係では浸透していると認識している」との答弁がありました。  

各務原市議会 2015-06-02 平成27年 6月 2日議会運営委員会-06月02日-01号

こちらは、建築基準法の一部改正に伴い、構造計算適合性判定の事務を本市では行わないこととなりましたので、構造計算適合性判定に係る部分を削除しております。  続きまして、議第50号は財産の取得案件です。こちらは、水槽つき消防ポンプ自動車取得しようとするもので、取得価格は5335万6240円、相手方は株式会社ウスイ消防でございます。  続きまして、議第51号は市道路線認定案件です。

高山市議会 2015-03-24 03月24日-05号

主な内容については、条例改正内容はとの質疑に対し、3つの改正点があり、1点目は、建築基準法改正に伴い、一定規模以上の建築確認申請に必要な構造計算適合性判定を、これまでは市を経由して審査を行う県または県が指定する機関に依頼していましたが、これからは市を経由せず、県等に直接申請するようになったため、その分の手数料加算がなくなったこと。 

各務原市議会 2015-03-18 平成27年 3月18日建設水道常任委員会-03月18日-01号

住宅建築指導費は、岐阜県が審査する構造計算適合性判定に係る手数料や、各務原市が行う構造計算書再計算業務等経費のほか、木造住宅耐震診断事業に係る派遣等業務委託などを計上してございます。住宅建築指導助成費は、木造住宅以外の建築物耐震診断費用木造住宅耐震補強工事に係る費用、さらにはアスベスト調査に係る費用の一部を助成するための予算を計上しております。  以上で説明を終わります。

大垣市議会 2015-03-12 平成27年建設環境委員会 本文 2015-03-12

次に、(4)の構造計算適合性審査手数料でございますが、建築基準法の一部改正により、建築主事構造計算適合性判定判定機関へ依頼するという規定から、申請者がみずから判定機関判定を受けることとなったため、構造計算適合性審査手数料を削除するものでございます。  次に、3の施行期日でございますが、上記の(1)から(3)までが平成27年4月1日施行、(4)が平成27年6月1日施行でございます。