129件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

中津川市議会 2023-06-14 06月14日-03号

この事例などが先駆者評価されまして、林野庁から全国へ事例紹介されたことから、林業関係専門紙であります造林時報5月号や林政ニュース6月号でも全国へ紹介されている状況でございます。 今後も、市民の皆様のご理解と森林所有者意識醸成を行いながら、一体となって、山の民、国土保全管理人として中津川市の森林を守っていくことが重要であると考えています。以上でございます。

関市議会 2020-12-13 12月13日-22号

それともう一点、先日あるイベントに参加をしていましたら、職員が走って駆け寄ってきてくれまして、まだ私のことを部長と呼ぶ職員は多いんですけれども、部長部長と、この前、美濃市の森林アカデミーで開催された森のようちえんの全国フォーラムで、関市の活動をしたら全国参加者から注目を集めたと、今度大阪である林野庁関係のシンポジウムに招待をされたと、そこで発表するということを、目を輝かせて私に報告をしてくれたわけでございます

高山市議会 2020-12-09 12月09日-02号

近年、後継者難などもあって、山林の維持に二の足を踏む所有者がふえ、林野庁は、民間が所有する人工林のうち、約3分の2は経営管理が不十分な状態と指摘します。市における造林未済地はどのような状況なのか、最初にお伺いさせていただきます。   〔16番松山篤夫質問席へ移動〕 ○議長橋本正彦君) 細野林政部長。   

高山市議会 2020-11-21 11月29日-01号

会議では、今年度をもって活動を終了するに当たっての事務処理等を協議するとともに、林野庁、全国市議会議長会等への要望活動を行いました。 次に、去る11月11日、東京都において、全国市議会議長会第154回地方行政委員会が開催され、議長が出席しました。会議では、地方行政に関する講演、事務報告の後、地方分権改革推進についてなどの要望書(案)について協議しました。 

高山市議会 2020-09-12 09月12日-03号

最初森林環境譲与税はことし9月に分配されますが、林野庁によると、例えば当初の議論では国有林公有林対象ではありませんでしたが、現在は、もし現場から公有林に使いたいという声が強く、私有林以上に地域として要望があれば譲与税使途対象になり得るという整理であり、また、地方財源なので国が使途を制限するガイドラインは示さないことになった、このような見解であります。 

関市議会 2020-06-14 06月14日-09号

関市では、林地台帳整備は完了しておりますが、これは県内26市町村とともに県の支援を受けて、県が所有する森林簿統合型GISにより地図整備を行い、さらに林野庁から配布された林地台帳管理プログラムを活用し、森林簿データを取り込んだものとなっております。  以上です。 ○議長村山景一君)   14番 幅永典君、どうぞ。 ◆14番(幅永典君)   この林地台帳で何ができるのでしょうか。

高山市議会 2020-03-05 03月05日-03号

林野庁の資料によると、秋田県羽後町では、過去の空中写真を活用して、公図森林計画図から境界を推定する事業を実施し、短期間で全域を推定、推定した境界所有者説明会で説明し承諾を得る方法で、早急にかつ効率的に、しかも安価で、森林境界明確化を進められております。 そこで、森林境界を明確にするための今後の計画羽後町などのような効率的な方法で早く進められないか伺います。

瑞浪市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第3号 3月 7日)

林野庁によりますと、森林に関する公益的機能として、水源の涵養機能山地災害防止機能土壌保全機能快適環境形成機能生物多様性保全機能木材等生産機能、保健・レクリエーション機能文化機能などがあります。  以上、答弁とさせていただきます。 ○議長熊谷隆男君)  6番 辻 正之君。 ○6番(辻 正之君)  ありがとうございました。

高山市議会 2018-09-13 09月13日-03号

農政部長橋本哲夫君登壇〕 ◎農政部長橋本哲夫君) 私どもで確認できる中では、林野庁平成13年に出しました森林に有する機能評価額になっておりまして、その額は、先ほど議員さんがお話しをされた、国全体で70兆円になっております。 この評価につきましては、二酸化炭素吸収でありますとか表面浸食防止表層崩壊防止洪水緩和水質浄化など、その他の項目による評価額になっております。

高山市議会 2018-06-13 06月13日-03号

林野庁では、森林環境税という新たな財源確保を機に、これまで自ら確保してきた通常予算を50年生前後の若い人工林の皆伐と再造林に集中させ、間伐森林環境税で賄おうとします。 森林経営管理法を根拠とする新たな森林管理システムでは、50年皆伐を前提とした委託型大規模林業対象であり、2015年から政府が担い手の一環として位置づけてきたはずの自伐型林業にはほとんど触れられていません。

高山市議会 2017-12-12 12月12日-03号

現実には、そこにはインバウンド、要は外国人のお客さんが大変少ないというのも現状でございまして、その辺を考えながら、今の教育の形と観光の形を大きく環境省、それから林野庁あわせてやっていかなければならないと、そんなことを思っていまして、次の大きな課題の乗鞍スカイラインにもちょっと関係する話ですので、その話はまた後で述べたいと思います。 

高山市議会 2017-12-11 12月11日-02号

手入れされず放置されている杉やヒノキなどの人工林を再整備するために、林野庁森林バンク制度を創設します。市町村が借り上げて集約し、意欲のある林業家に貸し出します。 森林バンク制度では、森林所有者に木を植えて育てる責務があると明確にした上で、自ら管理できない場合は市町村に委ねることを促します。森林管理市町村が一旦引き受け、意欲のある林業経営者に貸し出して集約を進める仕組みです。

高山市議会 2017-09-13 09月13日-02号

林野庁が7月21日に発表した調査結果でも、土砂崩れが発生した場所と発生していない場所とで、植えられた樹木の種類や間伐の有無などによる違いは確認できなかったと結論づけています。 今回のような土砂災害は抑えられるのか。現地調査をした専門家からは、土砂や流木を食いとめる砂防ダム必要性を指摘する声も上がっています。 平成16年10月20日に、台風23号が飛騨地方を襲いました。

中津川市議会 2017-09-11 09月11日-03号

さて、その一方で、東京オリンピック・パラリンピックへの新たな需要創出販路拡大に向けたこの東濃ヒノキ需要創出販路拡大に向けたPR活動などに取り組む事業として、林業成長産業化地域創生モデル事業という林野庁事業があると承知をしております。これについて答弁いただければ、内容についてお伺いをしたいと思います。 ○議長大堀寿延君) 農林部長・林 友義君。

高山市議会 2017-03-09 03月09日-03号

林野庁の思惑は、工夫すれば使えるはずの間伐材をむざむざと伐採跡地に放置しておくよりも、それを搬出して、それなりの需要に結びつけたほうが森林整備につながるという考え方です。 しかし、この制度は、今後の丸太価格安定策を考える上で、単年度計画に即して間伐が行われるため、需要の変化に応じた弾力的な素材生産調整ができないという問題を露呈しました。 

高山市議会 2017-02-21 02月28日-01号

会議では、林野庁森林整備部計画課長から、森林吸収源対策推進に向けた財源確保について政策説明を受けた後、平成29年度税制改正に向けたこれまでの活動などについて報告がありました。 次に、監査委員から、平成28年度随時監査財政援助団体等監査及び例月出納検査の結果報告書議長に提出され、その内容については、お手元に配付しておりますとおりですので、御承知願います。