354件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大垣市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2日) 本文 2019-03-11

特に東海地震発生時は、本市の被害は最大で震度5から6と想定されています。また、近年は台風集中豪雨地震等の大きな被害をもたらす災害が毎年のように発生しております。このような想定を超える大規模災害が発生した場合、消防機関を初めとする公的機関による救助救急活動はすぐには望めないのが現実と考えます。

岐阜市議会 2019-03-01 平成31年第1回(3月)定例会(第1日目) 本文

│ │ 更に、平成15年7月に岐阜県が公表した「岐阜県東海地震被害想│ │定調査」に基づき、地震動、液状化による木造建物倒壊率が高いと予│ │測される5地域を選定し、第三次整備計画(平成21年~25年)と│ │して、5基の設置計画を樹立したが、平成19年度に岐阜市が実施し│ │た「岐阜市地震被害想定調査」を基に未整備地域を考慮し、これまで│ │の策定基準による整備地域とを総合的に比較したところ、若干

岐阜市議会 2017-11-03 平成29年第5回(11月)定例会(第3日目) 本文

また、岐阜城や加納城の石垣の調査を行っていただけるとのこと、東海地震東南海地震が近年起きると予想されています。歴史遺産を保全する体制を整えていただきますようよろしくお願いします。  さらに、岐阜観光のメーンとなる施設建設のため、石垣の整備のために莫大な費用が想定されています。

土岐市議会 2017-06-13 平成29年第3回 定例会-06月13日−03号

南海トラフ沿いでの大規模な地震については、これまで東海地震東南海地震南海地震、それぞれについて地震対策を進めてきました。しかしながら、最新の科学的な研究では、南海トラフ沿いで東海、東南海、南海地震が同時に発生することを想定した対策が非常に高まってきましたとなっていますね。認定NPOのレスキューヤードの代表理事がこういうことも言っています。

可児市議会 2017-06-09 平成29年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2017-06-09

文部科学省地震調査研究推進本部によると、今後30年以内の巨大地震発生確率は、東海地震87%、東南海地震60%、南海地震50%であります。例えばでありますが、今後30年以内に交通事故死亡する確率は約0.2%、交通事故で30年以内にけがをする確率は約2%となっているというデータがございます。さらには、可児市民にとっては、平成22年7月の豪雨被害も忘れ去られることがありません。

岐阜市議会 2016-09-05 平成28年第4回(9月)定例会(第5日目) 本文

東海地震東南海地震南海トラフ地震も想定をされております。いかに人間力を養うか、次期岐阜市芸術文化振興指針には、芸術文化による人間復興意識しての改定を要望いたします。  最後に、フィレンツェ展についてです。  ルネサンス文化の発祥の地、フィレンツェ市の正式な姉妹都市は、岐阜市京都市だけです。

各務原市議会 2016-06-16 平成28年第 2回定例会−06月16日-02号

国の地震調査研究推進本部は、今後30年以内の地震発生確率を、東海地震は88%、東南海地震は70から80%程度、南海地震は60%程度と公表をしています。これを受けて、各務原市では震度6弱、全壊建物3008棟、半壊建物7943棟、死者40名、負傷者917名、避難者1万4487名の被害が想定されています。  日本列島はこの20年余り、阪神・淡路大震災東日本大震災など数々の地震被害に見舞われてきました。

可児市議会 2016-06-14 平成28年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2016-06-14

また、気象庁東海地震についてというものが気象庁のホームページに掲載されておりまして、「東海地震の発生の切迫性」というタイトルでこのように書かれております。東海地震は、駿河湾から静岡県の内陸部を震源域とするマグニチュード8クラスの巨大地震で、その発生の切迫性が指摘されています。その根拠として、過去にこの地域で発生した大地震歴史が上げられます。

岐阜市議会 2015-11-06 平成27年第5回(11月)定例会(第6日目) 本文

浜岡原発は、いつ起きてもおかしくないと言われる東海地震震源域の真ん中に位置しています。東海地震が起きたらどうなるのかという不安が拭い切れません。  さらに、福井県の敦賀原発、美浜原発、もんじゅから岐阜県境までは30キロ岐阜市までは80キロと、私どもの暮らしは遠くないところに位置しています。

各務原市議会 2014-12-08 平成26年12月 8日本庁舎耐震化等特別委員会-12月08日-01号

南海地震東南海地震東海地震の3つの巨大地震は、お互いに連動して活動することが知られています。慶長地震宝永地震では、南海から東海にかけて同時に地震が起こったと見られ、安政東海地震では、発生後32時間後に安政南海地震が発生しています。また、1944年の東南海地震では、発生から2年後に南海地震が発生しています。

可児市議会 2014-12-04 平成26年第6回定例会(第2日) 本文 開催日:2014-12-04

この辺の地震に関しては、東海地震であったり、東南海地震というのが皆さんもよくお耳にすることだと思いますが、30年以内に起こる確率というのが出ていますよね。僕は改めて調べ直させてもらいましたが、東海地震の発生が30年以内に起こる確率というのが87%だそうです。数字で聞くとびっくりするような高い数字なんですが、30年という数字が非常に難しいところで、今起こるかもしれないし、30年後かもしれない。

恵那市議会 2013-09-18 平成25年第3回定例会(第2号 9月18日)

午前8時にマグニチュード8の東海地震が発生しまして、市内では震度6弱を観測して、死者、行方不明者など多数の被害が発生して、市長は全市に避難指示を発表したという、そういった想定で行いました。  この想定のもとで、実際に周りの人に声をかけながら避難し、避難人員の把握と報告を行っていただきまして、その後は地域ごとに計画をされた特色のある訓練を実施していただきました。