117件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

可児市議会 2019-09-30 令和元年第4回定例会(第4日) 本文 開催日:2019-09-30

そして一番安直な、そして安価な処分方法である海洋への放出、海水に投棄をする、こうしたことを今、日本政府、そして東京電力は主張をし、国内ばかりか国際社会とも敵対をしていることが今明らかとなりました。核エネルギー汚染、核のごみ処理問題は深刻な国際問題でもあるということであります。  

岐阜市議会 2019-06-04 令和元年第3回(6月)定例会(第4日目) 本文

東京電力福島第一原子力発電所事故を思い出させました。改めて地震大国日本原発危険性を強く感じたところです。  無所属クラブ意見書、脱原発を実現し、自然エネルギー中心社会実現を求める意見書提案準備に入りましたことをお知らせし、質問に入らせていただきます。  大きく4点でございます。  まず1点目ですが、ダウン症児子育て支援について、市長に伺います。  

可児市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 開催日:2019-03-22

東京電力福島第一原発事故からはや8年がたちます。福島第一原発廃炉の課題はほど遠い現状と言えます。原子力発電所は、国策のトップ商品としての輸出は、全て計画が破綻をし、今、ビジネスとしても、商売としても成り立っていないことが明らかとなりました。  使用済み核燃料最終処分場の問題は未解決のままで、東濃地域が核のごみ捨て場にならないように、ひもつき補助金はやはりやめるべきだと考えます。

関市議会 2018-09-14 09月14日-14号

2011年3月11日の東日本大震災東京電力福島第一原発が爆発し、それによる放射能の広い地域への飛散によって原発ゼロを望む国民の世論が高まりました。ところが、安倍政権は2014年4月、国の中長期のエネルギー政策の指針となる第4次エネルギー基本計画を閣議決定しました。この計画では原発を重要なベースロード電源と位置づけ、永久化することを宣言しました。

瑞浪市議会 2018-06-12 平成30年第2回定例会(第3号 6月12日)

2015年には、関西圏にあるセブンイレブン約1,000店舗が、電力調達先関西電力から東京電力に切りかえられたことによって、年間2%、数億円のコストを削減できたという話があります。  また、先月のニュースでは、これもセブンイレブンなんですが、中部・中国・四国エリアでの電力を、今度は関西電力に乗り換えて、数億円のコストを削減できているというニュースがありました。  

可児市議会 2018-03-22 平成30年第1回定例会(第4日) 本文 開催日:2018-03-22

東京電力、福島第一原発事故から7年が過ぎました。事故原因究明も十分進まず、ふえ続ける汚染水を取り出す見通しもない、この現状であります。安倍政権は、電力会社原発メーカーの利益を優先し、現在は原発が6基再稼働をしているという状況であります。その上、使用済み核燃料最終処分場の問題は未解決のままで、国とNUMOの最終処分場探しは進んでおりません。

岐阜市議会 2017-09-01 平成29年第4回(9月)定例会(第1日目) 本文

                            │ ├───────┼────────────────────────────────┤ │付託委員会  │総務委員会                           │ ├───────┴────────────────────────────────┤ │(請願要旨)                                  │ │ 東京電力福島第一原子力発電所

関市議会 2016-12-13 12月13日-19号

それは、東京電力福島第一原発事故で他県へと自主避難した子どもたちがお金を巻き上げられるなどと、考えられないいじめを受けた事実です。  また、ある市では、長雨による天候不順により野菜が高騰し、予定されていた給食の日数を減らすという教育委員会の発表がマスコミで騒がれ、急遽市長が会見をするということになった報道もありました。  

岐阜市議会 2016-11-01 平成28年第5回(11月)定例会(第1日目) 本文

                            │ ├───────┼────────────────────────────────┤ │付託委員会  │総務委員会                           │ ├───────┴────────────────────────────────┤ │(請願要旨)                                  │ │ 東京電力福島第一原子力発電所

岐阜市議会 2016-09-06 平成28年第4回(9月)定例会(第6日目) 本文

東京電力福島第一原子力発電所事故においては、原因究明もままならず、いまだ全ての使用済み核燃料の取り出しにも至っていないなど、一向に収束の様相が見られないこと。  原発事故を踏まえ、今こそ、これまでの原子力政策を根底から見直す機会でもあること。  以上の理由から、本請願の願意は妥当であると主張されたのであります。  

高山市議会 2016-03-10 03月10日-04号

あすで東日本大震災東京電力福島第一原発事故から5年になります。今なお17万人を超える人々が避難生活をしておられる。しかし、安倍首相は、復興は新たなステージで被災地の自立と国の支援を打ち切ろうとしているのが今現実です。 もとの家に帰りたくても帰れない人、仮設住宅から出ても行く場所がないなど、孤独死をされた方などという心が本当に痛む話がたくさん伝えられています。

羽島市議会 2016-03-09 03月09日-03号

東京電力管内でございましたので、計画停電というのがございました。自治体から一切そういった情報がなかったわけでございます。登録制メール導入に関しまして、本当に感謝を申し上げるところでございます。 ここで、ご検討いただきたいことがございます。それは、登録制メールの名称をお考えいただきたいと、このように思っております。

岐阜市議会 2016-03-05 平成28年第1回(3月)定例会(第5日目) 本文

2011年3月11日の東日本大震災、そして、東京電力福島第一原子力発電所事故から5年。まだまだ現地復興は半ばであるとの新聞報道です。  岐阜市職員の、OBの方のボランティアも含めて、復興のための活動、これまで386人。来年度は1年間で5人の派遣予定で、釜石市1人、気仙沼市2人、広野町2人というふうに伺ってます。専門家職員派遣大変現地で喜ばれているということです。  

土岐市議会 2016-03-02 03月02日-02号

しかし、同年12月のリーマンショック等による社員寮等の退居を余儀なくされた住居を喪失した求職者の方への一時的な住宅提供や、2011年の東日本大震災、そして東京電力福島第一原子力発電所事故等による被災者避難者への住宅提供といった国からの要請を受けての対応もあり、入居者の退居を求める手続は2015年3月まで一時的に停止されるといった経緯を経て、機構は譲渡廃止手続を進めてきました。 

可児市議会 2015-03-23 平成27年第2回定例会(第4日) 本文 開催日:2015-03-23

これは東京電力従業員に行ったアンケート2,003人中の回答であります。こうした声も今新聞紙上でも報道されております。廃炉作業すらまともにできないのに、原子力発電所稼働などあり得るんでしょうか。この請願は趣旨に示されたとおり、原子力発電所の再稼働はやめにしましょうというものであります。安全のために、総務企画委員会の審査はこの点には十分に答えておりません。