770件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

羽島市議会 2021-06-29 06月29日-06号

被爆国日本がリーダーシップを取り、まず核兵器保有国非核保有国の対話を促し、核拡散防止条約体制下で現実的に核軍縮を前進させることが必要と考え反対である。 核兵器禁止条約については、現在、核兵器保有している国々を含めて全ての国家が批准して、それを遵守し続けなければ、その条約の理念、理想は実現し得ない。

瑞浪市議会 2021-06-28 令和 3年第2回定例会(第5号 6月28日)

請願第2号 「日本政府核兵器禁止条約参加調印批准を求める意見書提出を求める請願書について、主な質疑はありませんでした。  反対討論では、核兵器なき社会実現したいという請願者の思いには深く共感するが、この問題については、現状では、我が国には日米安全保障条約という大きな制約があり、安全保障や防衛、外交に関わる国の専権事項である。

瑞浪市議会 2021-06-10 令和 3年第2回定例会(第2号 6月10日)

条例制定について  日程第9 議第 45号 瑞浪日吉スポーツ施設の設置及び管理に関する条例の一部を             改正する条例制定について  日程第10 議第 48号 訴え提起について  日程第11 議第 50号 訴え提起について  日程第12 議第 49号 市道路線認定について  日程第13 議第 51号 財産取得について  日程第14 請願第2号 「日本政府核兵器禁止条約

羽島市議会 2021-06-03 06月03日-01号

--------------------------------------- △日程第3 報第2号 令和2年度羽島市一般会計繰越明許費繰越計算書及び事故繰越し繰越計算書の報告について~ △日程第17 請第1号 日本政府核兵器禁止条約参加調印批准を求める意見書提出に関する請願書議長糟谷玲子君) 次に、日程第3、報第2号から日程第17、請第1号までの15件を一括議題といたします。 

瑞浪市議会 2021-06-01 令和 3年第2回定例会(第1号 6月 1日)

市道路線認定について  日程第15 議第 50号 訴え提起について  日程第16 議第 51号 財産取得について  日程第17 議第 52号 令和3年度瑞浪一般会計補正予算(第3号)  日程第18 議第 53号 令和3年度瑞浪駐車場事業特別会計補正予算(第1号)  日程第19 発議第3号 瑞浪市議会会議規則の一部を改正する規則制定について  日程第20 請願第2号 「日本政府核兵器禁止条約

土岐市議会 2021-03-26 03月26日-04号

次に、3請願第1号 日本政府核兵器禁止条約調印批准を求める意見書採択についての請願について、審議に入り、日本安全保障政策は、日米同盟の下、アメリカ核抑止力に依存している。核兵器禁止条約は、核保有国と非保有国との対立を深め、日本核兵器禁止条約批准することには慎重な対応が求められる。核なき世界は、核保有国と非保有国との協力のプロセスを経て実現される。

土岐市議会 2021-03-10 03月10日-03号

1月に発効した核兵器禁止条約に大きな役割を果たしたのが日本被爆者をはじめとする女性たちの力であったと。そして、コロナ対策にドイツやニュージーランド、台湾など、女性リーダーの施策が評価されるなど、上げられておりました。 ジェンダー平等社会実現女性の活躍が進むことは、女性だけでなく、男女が共に仕事と生活を両立できる暮らしやすい社会実現につながるものだと言われております。

岐阜市議会 2021-03-06 令和3年第1回(3月)定例会(第6日目) 議事日程

損害賠償の額を定めることについて(中学校いじめ事案) 第79 │第75号議案 市道路線変更について 第80 │第76号議案 令和2年度岐阜病院事業会計補正予算(第3号) 第81 │第77号議案 令和2年度岐阜下水道事業会計補正予算(第3号) 第82 │請願第1号 75歳以上の医療費窓口負担2割化に反対する意見書提出を求め     │     請願 第83 │請願第2号 日本政府核兵器禁止条約

岐阜市議会 2021-03-06 令和3年第1回(3月)定例会(第6日目) 本文

記 ┌───────┬────────────────────────────────┐ │請 願 番 号│請願第2号                           │ ├───────┼────────────────────────────────┤ │件     名│日本政府核兵器禁止条約署名批准を求める意見書採択について │ │       │請願                             

岐阜市議会 2021-03-05 令和3年第1回(3月)定例会(第5日目) 本文

なぜ、今義務化となったのかというと、1つは2014年に日本批准した障害者権利条約の中にあるインクルーシブ教育、障がいのある子もない子も一緒に学ぶという概念がようやく浸透し始め、重要だとされるようになったということと、もう一つは2016年の障害者差別解消法の施行です。この法律では、障がい者が社会的不利を受けるのは社会の問題だとされており、その障壁を取り除くのは社会の責務だと考えられています。

岐阜市議会 2021-03-05 令和3年第1回(3月)定例会(第5日目) 議事日程

│第75号議案 市道路線変更について 第80 │第76号議案 令和2年度岐阜病院事業会計補正予算(第3号) 第81 │第77号議案 令和2年度岐阜下水道事業会計補正予算(第3号)     │     │(第82から第85まで 委員会付託) 第82 │請願第1号 75歳以上の医療費窓口負担2割化に反対する意見書提出を求め     │     請願 第83 │請願第2号 日本政府核兵器禁止条約

関市議会 2021-03-03 03月03日-05号

最初に、核兵器禁止条約批准への積極的な取組について伺いたいというふうに思います。  核兵器保有や使用を全面的に禁止する核兵器禁止条約が1月22日から発効されました。4年前の2017年7月に国連でこの条約が採択され、署名した国は85か国に上りました。その後、発効の条件となる54か国・地域が批准し、この条約発効することとなりました。  

岐阜市議会 2021-03-03 令和3年第1回(3月)定例会(第3日目) 本文

平成25年10月10日、水銀による汚染防止を目的とした水銀に関する水俣条約が熊本県で開催された国連環境計画外交会議で採択され、平成27年6月に「水銀による環境汚染防止に関する法律」が公布されました。そのことにより、令和2年12月31日以降は、一般照明用高圧水銀ランプについて、製造、輸出入が禁止となりました。

岐阜市議会 2021-03-01 令和3年第1回(3月)定例会(第1日目) 議事日程

80 │第75号議案 市道路線変更について 第81 │第76号議案 令和2年度岐阜病院事業会計補正予算(第3号) 第82 │第77号議案 令和2年度岐阜下水道事業会計補正予算(第3号)     │     │(第83から第86まで 紹介) 第83 │請願第1号 75歳以上の医療費窓口負担2割化に反対する意見書提出を求め     │     請願 第84 │請願第2号 日本政府核兵器禁止条約

岐阜市議会 2021-03-01 令和3年第1回(3月)定例会(第1日目) 本文

多くの国々被爆者の声に耳を傾け、核兵器による安全ではなく、核兵器のない世 │ │界による安全を選択し、核兵器禁止条約を支持し、参加しつつある。そして、多くの人 │ │々が核兵器廃絶を求めている。                         │ │ しかし、唯一の戦争被爆国日本政府核兵器禁止条約に背を向けている。     

岐阜市議会 2021-03-01 令和3年第1回(3月)定例会 議決等結果一覧

─────────────────────────┼──────┼──────┼─────────┤ │請願第1号    │75歳以上の医療費窓口負担2割化に反対する意見書   │  3月3日│ 3月25日│不   採   択│ │         │提出を求める請願                  │      │      │         │ │請願第2号    │日本政府核兵器禁止条約

羽島市議会 2020-12-28 12月28日-06号

核保有国非核保有国双方参加する枠組みである核拡散防止条約包括的核実験禁止条約などでしっかりと日本が貢献することが核兵器のない世界実現につながると考え、反対である。 日本核兵器国非核保有国との真の橋渡しの役割を担い、核軍縮を進め、核廃絶に向けた国際社会取組をリードする重要な使命を有していると考える。

中津川市議会 2020-12-22 12月22日-04号

〔10番・木下律子さん登壇〕 ◆10番(木下律子さん) 「日本政府核兵器禁止条約署名批准を求める意見書採択に関する請願」の賛成討論を行います。 この請願の理由に残念ながら日本政府は核を保有するアメリカ政権に協力し、条約締結の国連会議にも出席せず、今回の菅政権もようやく条約批准に後ろ向きの姿勢を取っていますとあります。 

各務原市議会 2020-12-18 令和 2年第 6回定例会−12月18日-05号

請願第5号 日本政府核兵器禁止条約署名批准を求める意見書採択についての請願。  人類史上初めて核兵器全面禁止を明文化した核兵器禁止条約批准国が50か国に達し、90日後の2021年1月22日に条約発効します。私たち日本共産党は、核兵器禁止条約発効の確定に心から歓迎をいたします。