4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

恵那市議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会(第2号 6月20日)

私も、昨年10月、国道19号と県道66とを交差する永田ランプへの集中を回避するよう、本村伸子衆議員を通じて国交省に要請したところ、国交省の回答は、「JR東海は車両が通行する地域の地元役員皆様にご説明して、納得していただいた上で決定しております」という回答でした。  これは話が違うと、先日、中津川のリニア岐阜県事務所へ行き、「何で国に間違った報告をするのか。何事か。

可児市議会 2017-06-12 平成29年第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2017-06-12

本年5月9日の衆議院における国土交通委員会で、本村伸子日本共産党衆議院議員が、リニア中央新幹線トンネル工事について現に起きている問題についてただしました。その中身というのは、長野県大鹿村の除山非常口は、残土の搬出先が決まらないまま4月27日に掘削工事が始まった問題、特に長野県と村に対しては、前日の夕方に通知をするという事態だった。

恵那市議会 2015-03-17 平成27年第1回定例会(第3号 3月17日)

市長の市政が示されたものとして大変ありがたく感じたわけでありましたが、ことし3月2日衆議院予算委員会日本共産党本村伸子衆議院議員がリニア問題を取り上げ、特に大深度地下についてこれまでJR東海東京、神奈川、愛知は大深度地下法により地上の土地所有権が及ばないと言ってきましたが、それが間違いであること、40メートル以下というか下の大深度地下であっても民法に規定されているように土地所有権があることを

可児市議会 2015-03-04 平成27年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2015-03-04

昨年12月の衆議院選挙で新しく当選した本村伸子日本共産党衆議院議員が、この2日に衆議院予算委員会で初めての質問に立ちまして、リニア中央新幹線計画の数々の問題点を指摘して質問いたしました。その中で明らかになったことでありますが、今JR東海のホームページには、地上の権利が及ばないと説明をしている大深度部分に関する記述がございました。

  • 1