21件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

恵那市議会 2020-03-23 令和 2年第1回定例会(第5号 3月23日)

明治天皇大井行在所長屋門保存整備関係工事内容はとの質疑には、主な内容行在所改修工事の2年目として、4,653万円、長屋門の一部工事に3,000万円を予定しているとの答弁がありました。  学校給食センター食物アレルギーの対策はとの質疑には、令和3年度にアレルギー調理室の建設を行う予定であるとの答弁がありました。  ほかに質疑もなく、反対討論がありましたので、報告します。  

多治見市議会 2019-09-19 09月19日-03号

恥ずかしながら私自身、西浦について、西浦庭園明治天皇が巡幸されたときお泊りになられた行在所跡であることや、西浦焼と呼ばれるきれいな焼き物があったぐらいの断片的な知識しかございませんでした。議員となったことで御縁をいただき、西浦庭園保存会西浦フォーラムなどの活動をされている方々から、多治見市の発展や美濃焼の今日に西浦焼西浦イズムが多大なる貢献を果たしてきたことを勉強させていただきました。

恵那市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2号 3月11日)

平成30年度に大井地域自治運営委員会大井地域協議会から明治天皇行在所工事予算化長屋門移築による行在所との一体的整備に係る要望書が提出されました。これを踏まえまして、審議会とも協議をいたしまして、現在、明治期大井地区のシンボルとして双方を一体的に整備することについて合意をいただいているところでございます。以上でございます。 ○議長(後藤康司君) 近藤純二君。

恵那市議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第1号 2月22日)

中山道大井宿では、宿場内に残る貴重な文化財であります明治天皇大井行在所長屋門とあわせて整備保存してまいります。  本市の西側の玄関口である武並駅周辺の土地利用具現化に向け、瑞浪恵那道路整備事業にあわせたまちづくり関係機関と連携して推進してまいります。  森林の有する多面的機能維持災害防止などのために、森林環境譲与税を活用した森林整備を進めてまいります。  

各務原市議会 2018-09-12 平成30年第 3回定例会−09月12日-02号

たしか平成7年の暑い夏、私の昼食、自宅で介護をしている母と家内と3人で食べようとして、私が何げなく「きょうは暑いから食べられんなあ」と言ったところ、横にいた母がぽつりと「暑しともいはれざりけりにえかへる水田にたてるしづを思へば」と、私は何のことかわからずもう一度母に聞くと、母は、明治天皇侍従が「お上、殊のほか本日は暑い日であります」と話をされたとき、明治天皇が詠まれた御製であると教えてくれました。

関市議会 2017-06-14 06月14日-08号

徳器成就シテ公益ヲ広メ世務開キニ国憲ヲ重シ国法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮皇運扶翼スヘシ是如キハ獨リ朕カ忠良臣民タルノミナラス以テ爾祖先ノ遺風ヲ顕彰スルニ足ラン  斯ノ道ハニ我カ皇祖皇宗遺訓ニシテ子孫臣民倶ニ遵守スヘキ所ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス朕爾臣民ト倶ニ拳拳服膺シテ咸其徳ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ  明治23年10月30日  御名 御璽--明治天皇

各務原市議会 2012-12-11 平成24年第 5回定例会−12月11日-02号

平成24年は「古事記」の編さん1300年という記念すべき年だそうでして、明治天皇のやしゃごに当たる旧皇族の竹田恒泰氏が一般財団法人竹田研究財団を立ち上げ、全国のホテルなどに、昨年、1万冊の古事記を配付する古事記普及事業を行い、平成24年には、より多くの古事記ホテルの部屋に配備してもらうように働きかけているそうであります。  

大垣市議会 2012-09-14 平成24年文教厚生委員会 本文 2012-09-14

続きまして、2の大垣宿本陣跡附明治天皇行在所跡は、現在史跡となっております明治天皇行在所跡を名称変更するものでございます。明治天皇行在所跡は、明治11年、明治天皇が東海、北陸巡幸の際に宿泊されました上段の間が遺存するとして、昭和33年に史跡指定しております。しかしながら、当時の遺構は昭和31年と昭和34年の工事により大きく改変されていることが建造物調査の結果判明いたしました。

各務原市議会 2010-09-15 平成22年第 3回定例会−09月15日-02号

この中で、第102条の4、指名競争に付し、または随意契約によろうとする場合の財務大臣への協議という中の第4項のイというところで、現に契約履行中の工事、製造または物品の買い入れに直接関連する契約を現に履行中の契約者以外の者に履行させることが不利であること、これは露骨に当時明治天皇時代憲法下で行われているわけですから、こんなことが今生きているということが非常に不可思議です。

高山市議会 2010-03-11 03月11日-05号

高山で両親を亡くし、兄弟を引き連れて、山口美女峠を越えて、江戸へ帰り、無血開城に貢献して、明治天皇侍従にまでなりました。新たな人生の出発点江戸街道です。また、宗猷寺の鐘を持ち出そうとしたおもしろい話もあります。 6、尾崎豊。ルーツの家は山口にあって、晩年も泊まったり、近くで散歩したりしていますが、幼いころは空町の祖母に預けられ、荏名神社近くの交差点で乳母車に乗った写真が残っています。

高山市議会 2007-12-12 12月12日-04号

後に明治天皇侍従を務めた山岡鉄舟も若いとき江名子から山口美女峠を越えて江戸へ帰ったのだろうなどと小説に描かれている情景が容易に想像できます。 さて、本題にだんだん近づけます。地域のことを学んで、地域に愛情や誇りを持ち、教育に役立てることは大事ではないかと理事者皆さんに申し上げたかったのです。私のような浅学な者の下手な話でも、江名子参加者聴講ぶりは熱心でした。

恵那市議会 2002-06-17 平成14年第3回定例会(第2号 6月17日)

│      │  │ │ │     │三.まきがね公園野球場について      │教委事務局長│  ├─┼─┼─────┼─────────────────────┼──────┤  │5│10│鈴木喜一郎│一.各事務所職員嘱託職員への移行について│総務部調整監│  │ │ │     │                     │      │  │ │ │     │二.元大井宿にある「明治天皇行在所

恵那市議会 2002-03-14 平成14年第1回定例会(第3号 3月14日)

例えば、所々に道筋案内も兼ねた常夜灯を設けるとか、昭和8年に文部大臣指定史跡とされた明治天皇行在所の跡、西行法師を葬送したという寺院も取り入れたコースの設定など、全体としての整備を図るべきで、これは単なる観光地としてではなく、心休まるような中山道大井宿の素朴な原資ではないでしょうか。  

岐阜市議会 1992-12-24 平成4年第6回定例会(第6日目) 本文 開催日:1992-12-24

七月二十日は、第二次大戦中の一九四一年以来、海の記念日とされてきましたが、これは一八七六年、明治九年七月二十日、明治天皇が青森から函館、横浜へと沿岸をめぐった、このことを記念して海の記念日としたものです。これは旧憲法下における天皇主権の考え方が底流となしているものであり、この日を祝日として制定することは今日の国民主権の立場からは到底相入れないものです。

岐阜市議会 1987-09-18 昭和62年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日:1987-09-18

また、弔旗の掲揚については、大正元年閣令一号に準拠したことを指示いたしておりますけれども、大正元年の閣令第一号は、大正元年の七月三十日付の明治天皇葬儀に関する決定であります。旧の明治憲法下天皇葬儀にかかわる閣令を持ち出した、それを自治体への押しつけということ自体が、まことに現在の現憲法の民主的な原則に反する時代錯誤以外の何物でもないと言わなければなりません。

岐阜市議会 1983-12-10 昭和58年第5回定例会(第3日目) 本文 開催日:1983-12-10

私に対する質問は、岐阜公園内の明治天皇の像に関する施設のことでございます。私もこの像のできることには役所におりましたから携わっておりますが、明治百年を記念をせられまして、そして多くの方々寄附金によってでき、そして建立されたものでございまして、そしてまた、これの維持管理費をつけて市に寄附されたものということでございます。

  • 1
  • 2